配達サービス

in #japanese2 months ago (edited)

こんにちは、@yasuです。

東京のある駅前の公園で、何人かがたむろしていました。どこでも見かける風景ですが、

同じような人たちを通りすぎる度に見かけました。

待ち合わせでしょうか。

ホームレスのようにも見えましたが、、、

近くにバイクや自転車もあり、ツーリング途中かも。

さらに、みんな同じバッグを持っていました。

20201123_101553.jpg

そのとき、気付きました。

SmartSelect_20201123-101352_YouTube.jpg

これですね。

配達の依頼を待っている人たちだったと思います。

けっこう競争率が高そうです。

みなさん苦労しています。

求職の身なので、気になりました。

それから、、、

韓国で飲食店していたときは、配達サービスに配達を依頼していました。
韓国では配達サービス会社がいくつもあります。
1回の配達に400円以上かかります。

そのときのお金の流れは、
距離にもよりますが、集配から配達までの距離が3キロ以内なら、
飲食店が400円を負担
配達員に300円
サービス管理者に100円

日本も同じくらいでしょうかね?
注文者からも100円を配達手数料をとってるところもあるみたいです。
予想ですが、こんな感じかも
飲食店が300円を負担
注文者が100円を負担
配達員に300円
サービス管理者に100円

韓国はこれまで飲食店が配達料をすべて負担していましたが、景気が悪くなり最近は、注文者に一部を負担してもらうところもあります。また、テイクアウト専門店は比較的料金が安いですが、その代わりに配達手数料を高めに設定しています。

Sort:  

Uber Eatsは、結構人気あります。
Youtuberがそれをネタに稼いだりも

そうなんですね。外食が難しいけど、気軽に頼める配達業者に感謝します。

Coin Marketplace

STEEM 0.18
TRX 0.03
JST 0.027
TRX 0.03
STEEM 0.18
JST 0.027
SBD 3.02