Blockchain Situation in China 〜 ONTology Event Report 〜

in blockchain •  3 months ago

0.jpg

Hello!
Last Saturday, I participated in the ONTology event! !

ONTology is a new high-performance public multi-chain project from China!
At the event, there was also a story about the latest blockchain situation in China! !

I summarized the report below!

1.ONTology Mr. Jun Li Speech

1.jpg

· Blockchain can be a new infrastructure
· It is important to be able to actually use the application
· There is no current status supported in everyday life
· Do blockchains become infrastructure like the Internet?
· New collaboration required
· What are the merits in reality?

2.jpg

· Bridge between reality and digital is necessary
· If you decentralize, performance will degrade
· Chain network is necessary for platform collaboration
· For collaboration, the protocol is not one
· Using other nodes, you can take advantage of the consensus process
· The ONT token has a fixed currency amount
· Currently more than 20 projects in progress

2.Speech by the Cryptographic Currency Project Team in China, Relay Speech by Partner Company

① DAD
3.jpg
· Fusion of advertisement and blockchain
· The digital advertising market is still growing
· 8% of the total is unauthorized advertisement
· About 60% of advertisements are Google and Facebook
· Aim for the next-generation advertisement by clearing the task

② COT
4.jpg
· Collaboration between Iot and blockchain
· Personal information leaks somewhere is risk
· There is a problem of whether information can be trusted
· We aim to solve these problems by using block chains

③ PTS
5.jpg
· Aim for collaboration of data
· Create protocols with high efficiency and expandability
· Utilize artificial intelligence to solve expandability and security issues
· We plan to apply it to medical and research

④ BDN
6.jpg
· Networking business data
· There is no boundary between online and offline
· 90% of consumption behavior occurs in an offline environment
· Enable access to information by anyone with distributed data storage
· Of course, considering privacy and security

⑤ Contentos
7.jpg
· Content + OS
· The audience is being controlled
· Aim for production of global content creators
· Popular dance dance revolution
· I would like to advance into the education field

⑥CarBlock
8.jpg
· Transport solution with blockchain
· The automotive data market will reach $ 75 billion by 2030
· Whether the data is anonymized is the current problem
· Prospects for further treatment of personal information in the US and Europe
· CarBlock aims for a decentralized market in the automotive industry

3.Panel Discussion

9.jpg

Regulation by Chinese authorities
→ China tends to have a strong viewpoint on how to protect individual investors (Mr. Li)

· In Japan, why is not mining restricted?
→ Cloud mining is gray, and it is not understood at present what customers are affiliated (Mr. Hirano)

· On the movement of funds in China
→ If it is the Internet, there are a lot of enterprises in China, so that is an advantage. The balance between private and government becomes important (Mr. Li)

· What is interesting project in China?
→ We are focusing on our own public blockchain such as EOS, ONTology, NEO. Also, I am interested in the feature that there are few nodes.

· In China, the number of words in the block chain is increasing in entrepreneurship
Indeed, the blockchain is in China, hot topics. However, it is still early stage (Mr. Li)

· What kind of perspectives do Chinese investors have?
→ I have an impression that I am buying alto coin and I do not like trade quite a lot (Hirano)
→ Individual investors are always looking for new investment destination (Mr. Li)

· What is the image of the Japanese blockchain community?
→ Japanese investors are judging calmly, but there are also high risk investors. I am also surprised by the small number of Japanese blockchain projects (Mr. Li)

· Toward collaboration between China and Japan
→ If there is infrastructure, there is a possibility to cooperate in both countries (Mr. Li)
→ As you can see from Binance and NEO, China thinks that it is very aggressive impression and there are places where Japan can learn (Mr. Hirano)

· What kind of block chain industry will China have in the future?
→ Next will be the era of competition, probably it will become the US-China confrontation (Li)
→ Applications will increase more in the near future (Mr. WU)

· What happens when major players such as Facebook have entered?
→ "How do visions and values ​​go?" Becomes important. Because it should not be possible unless you change the business model, profit is hard to get out (Mr. Li)

· A word for Japanese
→ ONTology will do its best to become a next generation public tool (Mr. Li)
→ I hope that more Japanese partners will be added (Mr. WU)


In this post, we are doing upvote by Bot.
It will be an experiment of posting steemit for a limited time only.
Thank you so much for your understanding.


こんにちは!
先週の土曜日に、ONTologyイベントに参加してきました!!

ONTologyは、中国発の、新しい高性能のパブリックマルチチェーンプロジェクトです!
イベントでは、中国の最新ブロックチェーン事情の話もありました!!

以下にレポートをまとめてみました!

1.ONTology Jun Li氏 基調講演

・ブロックチェーンが、新しいインフラになり得る
・実際にアプリケーションを使えるかが大事
・日常生活でサポートしてるものは現状なし
・ブロックチェーンは、インターネットのようなインフラになるのか?
・新しいコラボレーションが必要
・現実に、どういったメリットがあるのか?
・現実とデジタルの橋渡しが必要
・分散化してしまうと、パフォーマンスが劣化してしまう
・プラットホームのコラボのために、チェーンネットワークが必要
・コラボレーションのために、プロトコールは、一つではない
・他のノードを使って、コンセンサスプロセスを活用できる
・ONTトークンは、通貨の量が固定されている
・現在、20以上のプロジェクトが進行中

2.中国圏における暗号通貨プロジェクトチームによるスピーチ、パートナー企業によるリレースピーチ

①DAD
・広告とブロックチェーンの融合
・デジタル広告市場は、まだまだ伸びる
・全体内の8%は不正広告
・広告の6割が、グーグルとフェイスブック
・課題をクリアして、次世代の広告を目指す

②COT
・Iotとブロックチェーンのコラボレーション
・どこかで個人情報が漏れるのはリスク
・情報が信頼できるのかという問題もある
・ブロックチェーンを使って、これらの問題を解決することを目指す

③PTS
・データのコラボレーションを目指している
・効率性、拡張性の高いプロトコールを作成
・拡張性、セキュリティの課題解決の為、人工知能を活用
・医療やリサーチに応用していく予定

④BDN
・ビジネスデータのネットワーク化
・オンラインとオフラインの境界がなくなっている
・消費行動の9割は、オフラインの環境で発生
・分散型データ保存で、誰でも情報にアクセスできるようにする
・もちろん、プライバシー、セキュリティに配慮した上で

⑤contentos
・Content+OS
・オーディエンスはコントロースされている現状
・グローバルコンテンツクリエイターの輩出を目指す
・ダンスダンスレボリューションっぽいのが人気
・教育分野にも進出していきたい考え

⑥CarBlock
・ブロックチェーンによる輸送ソリューション
・自動車データ市場は、2030年までに、750億ドル規模に
・データが匿名化されているかが現状の問題
・アメリカ、ヨーロッパの個人情報の扱いが更に厳しくなる見込み
・CarBlockは、自動車業界の分散市場を目指す

3.パネルディスカッション

・中国の当局による規制について
→中国は、個人投資家をいかに守るかという観点が強い傾向がある(Li氏)

・日本では、マイニングが、なぜ規制されてないのか?
→クラウドマイニングはグレーであり、顧客がつくものについてはよく分からないのが現状(平野氏)

・中国のファンドの動きについて
→インターネットであれば、中国は企業が多いので、そこがアドバンテージ。民間と政府のバランスが大事になってくる(Li氏)

・中国の興味あるプロジェクトは?
→EOS、ONTology、NEOなど、独自のパブリックブロックチェーンに注目している。また、ノードが少ないという特徴には興味がある。

・中国では、起業の際に、ブロックチェーンのワードが増えている
→確かに、ブロックチェーンは中国で、ホットトピック。しかし、まだ早期段階(Li氏)

・中国の投資家は、どういった視点を持っているのか?
→アルトコインを買ってる印象を持っており、相当なトレード好きではないだろうか(平野氏)
→個人投資家は、新しい投資先を常に探している(Li氏)

・日本のブロックチェーンコミュニティのイメージは?
→日本の投資家は落ち着いて判断しているが、ハイリスクな投資家もいるイメージ。また、日本のブロックチェーンプロジェクトの少なさに驚いている(Li氏)

・中国と日本のコラボに向けて
→インフラができれば、両国で協力できる可能性がある(Li氏)
→中国は、BinanceやNEOとかを見ても分かる通り、とてもアグレッシブな印象で、日本も学ぶところがあると思う(平野氏)

・今後、中国は、どんなブロックチェーン業界になるか?
→次は競争の時代になり、おそらく米中対決になっていくと予想(Li氏)
→近い将来、アプリケーションが、もっと増えていくだろう(WU氏)

・フェイスブックなどの大手が参入してきた際は、どうなるか?
→「ビジョンや価値がどうなのか?」が大事になってくる。ビジネスモデルを変えないとできないはずなので、利益は出づらいのではないか(Li氏)

・日本人に向けて一言
→ONTologyが、次世代のパブリックツールになるよう頑張っていく(Li氏)
→日本のパートナーが増えることを願っている(WU氏)


この投稿では、Botによる、upvoteを行っています。
期間限定での、steemitの投稿の実験になります。
ご承知のほど、よろしくお願いいたします。


自己紹介1.jpeg
自己紹介2.jpeg

Authors get paid when people like you upvote their post.
If you enjoyed what you read here, create your account today and start earning FREE STEEM!
Sort Order:  

Quite a good compilation of informatio related to ontology. Good work keep it up

詳細なレポートありがとうございます。DADやCOTなど、聞き慣れない内容でした。課題もありますが実現すれば、ブロックチェーンがより身近に感じられるように感じました。何度も読み返して理解したいと思います。

Posted using Partiko iOS

·

私も、勉強のためにイベントに参加しました!
インプットとアウトプットの両方を回すのが、効率の良い勉強法だと、最近思いますね!!

Hi @ytrphoto I'm a bot, and wanted you to know that I've upvoted and re-steemed your post to help you with your promotion efforts! -exp

Nicely explained.
Also after a long time I am hearing any news about bitcoin

seems not a good situtation for crypto enthusiasts. I feel sad at this news.

You have recieved a free upvote from minnowpond, Send 0.1 -> 10 SBD with your post url as the memo to recieve an upvote from up to 100 accounts!