SMTホワイトペーパー日本語翻訳その1

in japanese •  2 years ago  (edited)

こんにちは!
taikiです^^
今回は、自分も現在興味を示しているSMTのホワイトペーパーについての部分翻訳を載せました!

今回翻訳したパラグラフはこちらです!

今回の翻訳パラグラフ.png

Maeと一緒に交互に確認して翻訳しましたが、まだ心配な個所が多いですw
前回、@sho-tさんが翻訳してくれた続きとなりますので、あわせて読んでいただくと分かりやすいです!

SMTホワイトペーパー日本語訳への協力募集!

またこの記事を読むにあたって、下記のサイトを参考にするとより内容が理解しやすくなります。

仮想通貨STEEM将来性と詳細|ブロックチェーンベースのSNS報酬プラットフォーム

Sharpay_White_Paper_JP.pdf

ICOのハードキャップとソフトキャップとは?【ICOのメリット・デメリット】

仮想通貨のオンチェーンとオフチェーンとは?

ICO(Initial Coin Offering)とは?ICOスケジュール、ICOの参加注意点、仮想通貨取引まで

原文→smt-whitepaper.pdf


New Fundraising Opportunities


Blockchain-based tokens, beginning strongly with the advent of ERC20 on Ethereum, represent a new manner of bringing capital into an organization through the process of Initial Coin Offerings (ICOs). ICOs are an opportunity for one group to sell an initial supply of tokens, privately or publicly, for-specific-purpose, for-profit or not-for-profit. Depending on how these tokens are sold, different regulatory bodies could see them as commodities, securities, derivatives, or as none of the above. Regardless, it is clear we have seen north of one billion dollars (USD) raised through ICOs in 2017, and to support this trend, it is possible to conveniently launch and sell tokens via the built in ICO contract of SMTs. The launch of SMTs can be structured for ICOs with hard, soft, and no caps, and can be tailored to receive STEEM and cryptocurrencies on other blockchains.



新しい募金の機会

EthereumでERC20が登場してから強く始まるBlockchainベースのトークンは、Initial Coin Offerings(ICO)のプロセスを通じて資本を組織にもたらす新しい方法を表している。
ICOは、特定の目的、利益・非営利目的、個人または公的のために、トークンの最初の供給を販売する機会である。
これらのトークンがどのように販売されているかに応じて、異なる規制当局はそれらを商品、有価証券、金融派生商品として見られるか、または上記のいずれにも該当していない。
それにもかかわらず、2017年にICOを通じて10億ドルの資金調達が見られたことは明らかであり、このトレンドをサポートするために、SMTのICO契約を結んで便利にトークンを販売することができる。
SMTの発売は、ハード、ソフトなど制限がなくICO向けに構成することができ、他のブロックチェーンでSTEEMや暗号化を受けるように調整することができる。



Immediate Liquidity


By leveraging a recently designed automated market maker concept , SMT-based ICOs allow a portion of STEEM tokens received to be sent into an SMT’s on-chain, off-orderbook market maker in order to provide liquidity to the SMT at a specified reserve ratio. Beyond the social and specialized distribution mechanisms of SMTs, this feature advances the concept of automated market makers by pairing it alongside SMT’s decentralized markets, which also facilitate bids and asks by human participants. The combination of these two markets enables on-chain and trustless exchange opportunities for market makers while enabling liquidity for token users.



即時流動性

最近設計された自動マーケットメーカーのコンセプトを活用することにより、SMTベースのICOは、受領したSTEEMトークンの一部をSMTのオンチェーンに送付し、特定の準備金利でSMTに流動性を提供するために、オフオーダーブックマーケットメーカーに提供する。
SMTの社会的および専門的な流通メカニズムを超えて、この機能は、SMTの分散型市場と組み合わせて自動化マーケットメーカーのコンセプトを進化させる。
それはまた、人間の参加者による入札とリクエストを容易にする。これらの2つの市場を組み合わせることで、トークンユーザーにとって流動性を可能にしながら、マーケットメーカーにとってオンチェーンで信頼できない交換機会が可能になる。



Shared Bootstrap Tools


SMTs may be created with reward pool parameters tuned for “Shared Influence” between Steem Power and other vesting SMTs, which means a SMT creator may specify that Steem Power can control a portion of the SMT’s rewards pool for an unlimited or limited amount of time, with increasing or decreasing influence. Altogether, Shared Influence may allow SMTs to be wholly or partially bootstrapped by the interest of existing and active Steem or other SMT community members. Through these tools, community managers and entrepreneurs launching a token may leverage existing user bases to accelerate the distribution of the SMT to a target market.


共有ブートストラップツール

Steem Powerと他の権利確定SMTとの間の「共有による影響力」に調整された報奨プールパラメータを使用してSMTを作成することができる。
つまり、SMT作成者がSteam PowerがSMTの報酬プールの一部を無制限または時間が制限され、 影響を増減することが管理できる。
全体的に、共有による影響力は、既存のアクティブなSteemまたは他のSMTコミュニティメンバーの利益のために、SMTの全体または部分的なブートストラップを可能にする可能性がある。
これらのツールを使用して、トークンを発行するコミュニティマネージャーと起業家は、既存のユーザーベースを活用して、ターゲット市場へのSMTの配布を促進することができる。



Monetizing with Shared Token Rewards


All Steem based interfaces have the option of splitting token rewards among a set of arbitrary recipients, which could include an interface, community manager, referrer, a paid position donation pool, and more. An interface can also provide this optionality 6 of how to split the tokens to the authors. The number of potential Reward Sharing beneficiaries is initially soft capped by block producers at eight while the feature proves its use, however the blockchain is capable of handling up to 256 beneficiaries per post.



共有トークンリワードによる収益化

すべてのSteemベースのインターフェースには、インターフェイス、コミュニティマネージャー、リファラ(参照元)、有料の寄付プールなどを含む任意の受信者のセットの間でトークン報酬を分割するオプションがある。
このインタフェースは、トークンの作成者に分割する方法のオプションを提供することもできる。
報酬を受け取る可能性がある受益者の数は、ブロックプロデューサーの8人にソフトキャップで保護されており、ブロックチェーンは1ポスト当たり、最大256人の受益者を処理することができる。



Can My Entity Participate in SMTs?

An SMT can be launched by a person or entity; they only need 1 USD to cover the network fee (this fee prevents spam and unused tokens while accruing value to the network), and a namespace on Steem - which can be obtained by registering at anon.steem.network, steemit.com, steemconnect.com, or any other Steem sign-up service. Once an account name to register the token with is secured, the account issues the token by using a Steem-based command line tool or any tool created in the future to support token launches. The token can be structured to support an initial sale or distribution of the token. Certain properties of an SMT, such as its inflation rate, must also be defined by the person or entity creating the token. These properties dictate how the token is used inside applications and respective communities. From launch, the token becomes immutable on the blockchain, and leveraged correctly, the token can have dramatic effects on the growth of businesses that choose to integrate these tokens.


My EntityはSMTに参加できるか?

SMTは、個人または団体が立ち上げることができる。彼らは、ネットワーク料金(この料金はネットワークに価値を生み出している間にスパムと未使用のトークンを防ぐ)とSteemのネームスペースをカバーするために1ドル必要である。
これは、anon.steem.network、steemit.com、steemconnect.com、または他のSteem登録サービスに登録することで入手できる。
トークンを登録するアカウント名が保護されると、Steemベースのコマンドラインツールまたは将来作成されるツールを使用してトークンを発行し、トークンの起動をサポートしている。
トークンは、トークンの初期販売または配布をサポートするように構成することができる。
インフレ率などのSMT特有の特性は、トークンを作成する個人またはエンティティによっても定義されなければならない。
これらのプロパティーは、アプリケーションおよびそれぞれのコミュニティー内でのトークンの使用方法を決定する。開始から、トークンはブロックチェーン上で不変になり、正しく活用されれば、トークンはこれらの「トークンを統合することを選択したビジネス」の成長に劇的な影響を与える可能性がある。


まだまだ自分も勉強が必要ですw!
これからもSMTの技術を深堀していきます!

Authors get paid when people like you upvote their post.
If you enjoyed what you read here, create your account today and start earning FREE STEEM!
Sort Order:  

おおーーー、これは素晴らしいです!!

ありがとうございます!
まだまだこれからですが、少しづつ頑張ってまいります!

@taiki9121さんありがとうございます。お疲れさまです^^

自分もまだまだ分かってない部分があるので、翻訳を通じてSMTの技術に触れていきたいなと思いました^^
ありがとうございます!これからも頑張ります!

素晴らしいです!
本当にありがとうございます😊

ありがとうございます!
これからSMT翻訳はこれから週ペースで投稿していく予定ですw!

ありがとうございます(^^)
凄く参考になります‼︎

参考になってくれたらうれしいです^^
これからも投稿していきます!

ありがとうございます!!
着々と進んで来ていますね^^
SMT解明して行きましょう!

これからも頑張ってまいります!
翻訳することでより理解が深まりますね!
一緒に頑張っていきましょう^^

ワードプレスのウィジェットでも機能提供出来るような記述があった。既存のメディアがsteemitのように機能追加出来るなら適当範囲が一気に拡がりますね。

Steemitは現在様々な機能やbotなどが次々に更新、追加、拡張され無償提供されているのが多い印象です。
これからのメディアでの活用のされかたも注目を浴びますね!