ICO の成功へ至る道

in #icolast year

51368786_2263372357026753_551395645286514688_n.jpg

こんにちは! 私の名前はNikolay Krasheninnikovです。暗号通貨市場の大手な企業であるPlatinumのバックエンド開発者を務めています。 弊社はセキュリティトークンオッファリングを実施するすべての詳細を知っています。そしてそれはSTOが今日新しい標準になりつつあるのでそれは2019年に非常に重要です。 弊社が提供するすべてのサービスをご覧ください。 Platinum.fund 暗号経済に関するこれまでで最もクールなオンラインコースも開発しました。セキュリティトークンはどのように機能しますか?独自のSTO・ICOを立ち上げる方法は何ですか?私たちはそのすべての答えを知っています! ICO企業はどのように受け入れ、伝統的な企業との共存できるのでしょうか。 Platinumの記事をお読みになって、答えを入手してみましょう。

成功へ至る道としてのICO

ブロックチェーン技術が最初に世に現れて依頼、人々はフィアット(法定通貨)の優位性について常に議論し続けてきました。 プロの仮想通貨アナリスト達は、フィアットは未来の通貨である仮想通貨に置き換えられる可能性がある、と議論しています。 仮想通貨は、フィアットが対応できないような様々な状況に応じて、素早く変化または革新し、国境も越えることができるという事実があるからです。

ブロックチェーン技術の最も価値あるイノベーションのひとつは、仲介業者を不必要で時代遅れの存在に変えてしまうことです。不特定多数間の取引において、信頼できる第三者として機能する仲介業者は、近い将来に不可欠な存在では無くなります。 銀行は、現在までは常に、安全な保管庫であり、お金を送金するための信頼できる経路でした。 しかし、ブロックチェーンは、安全で、非中央集権的で、改竄不可能な台帳として、伝統的な銀行の送金機能を直接的に補完してしまいます。 しかも、ブロックチェーンの送金は、銀行より早く、より安価な競争力ある費用で実行されるのです。

MoneyGram(マネーグラム)は、グローバル送金サービスの大手企業です。 ブロックチェーンスタートアップは、早く安く汎用性の高い国際送金サービスを提供する競合プラットフォームになるでしょう。 ビットコインの優れた成果を人々が目撃した結果、同様にブロックチェーン技術の基礎的原理を用いた膨大な数の新しい通貨が生み出されました。 ブロックチェーン技術と仮想通貨を用いたアプリケーションの潜在力は、金融分野で最も顕著に実演されていますが、その他の業種に大きな影響が及んでいます。 例えば、不動産業界は、Rentberry※の導入によって混乱をもたらされ、マーケティングと広告関連業界はGnosisによって混乱させられ、また他の業界にも同様の事例があります。

“ICOの資金調達が2017年に爆発的に用いられたことは既に学びました。 新型インターネットブラウザ 「ブレイブ」の為に5月に行われたICOは、3500万ドル(約38億円)を30秒以下で調達しました。
以前に機関投資家向けにKin と呼ばれたトークンを5千万ドル分発行した、メッセージアプリケーション開発企業のKik’sはさらに1億2500万ドルの追加調達を計画し、最終的には1億ドル(約110億円)近くを集めました。

2017年の年末までに、ICOは前年の14倍弱もの資金調達を成し遂げました。 しかし、この額は伝統的なIPOによる資金調達にくらべて2%以下にしかなりません。 これは公平とは言えない比較です、何故ならばIPOを行うほとんどの企業は、十分に組織され、既に確実な利益を出している事業を運営しているからです。 しかし、この数値を見ることで、私達はこの世界の資本市場のすさまじい大きさと、そして如何にICOが資金調達手法として成熟とはほど遠いかと言うことを、如実に知ることができるのではないでしょうか。

コインテレグラフの発表によると、2017年にICOを通じて約60億ドルが調達されましたが、たった20のICOがその総額の37%を占めました。 2018年2月までに、2017年に実施されたICOの47%が失敗と評価されました。 クラウドファンディングを専門とする法律家のAmy Wanは、ICOのコインは「企業が作り出した利益の所有権の象徴であり、電子株式と見做される」と発言し、米国では証券取引法に従うべきだと主張しています。

“最も成功したICO企業
初期のICOの事例

Mastercoinは、ICOのモデルを利用した最初のプロジェクトです。 彼等は、ICO中に5百万ドル(約5億5千万円)相当のビットコインを確保し、当時は大きな成功であると見做されました。 その後、ICOモデルが、資金調達のための法律の厳しい規制を回避できる簡単な方法であると、多くの企業は気付きました。 ヴィタリック・ブテリンのイーサリアムもまた、ICOによる資金調達方を活用したプロジェクトのひとつでした。 そして、イーサリアムはWavesに続いてICOを行い、双方のプロジェクトはそれぞれ1千万ドル以上を集めることができました。

ICOの成功を考えるときに重要な要素は、次の通りです

・その技術は新しいか、創意工夫があるか?
・ICO DropsなどのようなICO格付サイトの評価は高いか?
・そのプロジェクトは何らかの問題を明確に解決するか?
・プロジェクトの背後には、優秀なチームがいるか?
・他の似たようなプロジェクトと比較して、そのプロジェクトは技術的優位性があるか?
・コミュニティーの雰囲気と、市場の状況はどうか?

最も成功したICO企業
最近のICOの事例

最近のいくつかのプロジェクトで、大きな成功を収めものは、BAT(Basic Attention Token)、Rentberry、EOSなどです。このうち、BATとRentberryを例にとって分析してみましょう。


“最近のICOの事例

BAT (Basic Attention Token) – 広告業

Basic Attention token は、デジタル広告の効率を改善させることによって、広告業界に革命をもたらします。利用者の閲覧履歴を自動で分析して、利用者が関心のある広告だけを見せることができる特別な設定を持つインターネットブラウザを、このチームは開発しました。 人々は、インターネットを利用しているとき、毎日すさまじい量の広告の爆撃を受けていますが、利用者が見たい広告、見たくない広告のどちらも区別されることなくページに勝手に現れます。 これらは、ほとんどGoogle Adsense と Adwordの機能によるものです。

BATのチームは、利用者がどんな広告を選んで見たいかを完全にコントロールできるブラウザを開発しました。 そのブラウザは、利用者を煩わせないように常に他の広告を完全に遮断します。 このプロジェクトのためのICOは、非常に成功し、これによって如何に人々がBATに興味を持っているかを示しました。 アナリストの一部は、このICOの成功は、このプロジェクトを主導したBrendan Eich(ブレンダン・アイク)の影響によるところが大きいと強調しています。

重要人物: ブレンダン・アイク

アイク氏は、Javascript言語の開発者であり、またMozilla Firefox(モジラー・ファイアーフォックス)プロジェクトの共同設立者としても有名です。 投資家は、このような個人的な能力をもった人によって提案された実行可能なプロジェクトに参加することを好みます。 BATは、30秒以下で、3600万ドル(約40億円)に相当する、10億枚のユーティリティートークンを売りました。 プロジェクトが持つ技術力は、2017年の年末時点で100万人のアクティブユーザーを獲得しました。 BATの成功は明確であり、Braveブラウザチームは2018年になっても失速してはいません。

“最近のICOの事例

Rentberry – 不動産業界

表面的には、この業界はブロックチェーンによる混乱とは縁遠いように思えるかもしれません、しかしRentberryは、プロジェクトの発足以降、信じられないほどの成功を記録しています。 このプラットフォームは、非中央集権的な賃貸サービスを提供し、その結果として不動産業者と誰もが忌み嫌う法外な仲介手数料を排除します。 Uberやその他の不動産業界を例に取り、何故それらの技術が最も成功した最近のICOプロジェクトのひとつだと評価されているのか、深く掘り下げてみましょう。

彼等のウェブサイトによると 「Rentberryは、透明性の高い賃貸サービスであり、借り手と貸し手が直接価格交渉できるプラットフォームです。 個人情報の提出、支払明細発行、電子契約書等の一般的な賃貸借に関連する手続きを、電子的手法で自動化するサービスです」 と記されています。 解りやすく言うと、彼等のサービスは、借り手と貸し手を一対一で結びつけるプラットフォームを用いることによって、不動産に関連する多くの仲介業者、例えばブローカー、法律家、保険会社、保証会社などを排除することです。

Rentberryは、最終的に、不動産関連業界では過去最高の3000万ドル(33億円)のICOを売り切りました。 そして、Rentberryは最近、ブロックチェーンがもたらした変化によって観光業界を苦戦させているRoomdaoと戦略的パートナーシップを締結すると発表しました。

“失敗した有名企業の例

この章では、エニグマとコインダッシュの2つの失敗したICOを深く掘り下げます。 これらは何故成功しなかったのでしょうか? これらのICOは、投資家にとって最適でない成果を残し、基本的に彼等は標準以下のセキュリティーしか導入していませんでした。

ENIGMA – セキュリティー産業

Enigma(エニグマ)プロジェクトの目的は、「スマートコントラクト(賢い契約)」を「シークレットコントラクト(秘密契約)」へと変換することでした。 それはどのようにして行われるのでしょう? ネットワーク内のノード(端末)から入力されたデータを削除することで秘密を保全します。 これは、中央機関の権力からスマートコントラクトの非中央集権的な特性を守るために、全てのブロックチェーンの仕組みの上に新しい機能を付加することを目的としています。

ICOの実行前に50万ドル相当のイーサリアムが完全にハッキングされて盗まれたときに、そのICO提唱者らが受ける困惑の度合いを想像してみてください。 エニグマのメーリングリスト、スラック※のチャンネル、そしてウェブサイトは不完全でした。 ハッカー達は、スラックを通じて潜在投資家にコンタクトを取ることができ、ハッカーはICOの初期投資について偽の情報を流しました。 ハッカーは、エニグマに投資したハッカーのトークンの1492イーサリウムと共に姿を消し、残されたエニグマプロジェクトの資金は手が付けられていませんでしたが、彼等の評価はクラウドセールスを行う前に既に地に落ちてしまいました。

実際に、エニグマプロジェクトが利用していたスラックのアカウントのパスワードは、エニグマ創設者のGuy Zyskindの個人アドレス宛てにハッカーが送った電子メールを通じてPhising詐欺の手法によって盗まれていたのです!

“未来のICO
ブロックチェーンによる革命を受ける企業

もちろん、ブロックチェーンの潜在力がもたらす全てのものが世界中で直ちに採用され、適応されるなどということはあり得ません。 しかし、ブロックチェーンは既に、各産業のリーダー達が見据える未来に革命を起こしています。 特定の産業と企業の運営を再定義すると考えられているブロックチェーンのいくつかの特徴について、ここからは学んでみましょう。

会計

ブロックチェーンによって再定義される可能性が最も高い職種のひとつです。 透明性は、公開台帳システムを用いるブロックチェーンの主要な特徴のひとつであり、記録をブロックチェーン上に保管する事は、人間のミスをなくしデータの安全性を高めます。 ブロックチェーンの実装は、この分野を大幅に前進させることは疑いなく、会計の未来を劇的に変えるでしょう。

ビジネスは、時間の短縮と操作の簡便化によって、紙の記録に比べてより効率的で生産的になります。 会計関連産業にとってこの特性は、膨大な量の基本的な管理業務に時間を潰されるのではなく、新たなパートナーを獲得したり、新たな事業を開始したりするような、新しい価値の創造へとより注力する機会を与えます、


“ブロックチェーンによる革命を受ける企業

航空産業

この産業は、世界経済にとって重要な役割を持っています。 ブロックチェーンはこの業界にどのように影響を与えるのでしょうか? Accentureは、航空システムにブロックチェーン技術を実装しようとしているブロックチェーン関連企業です。 とりわけ、アクセンチュアは、リコンサイル手順を簡素化しようとしています。 公式サイトでは次のように説明されています 「活溌な仮想通貨技術と、分散メッセージプロトコルを用いることで、非中央集権的なリコンサイルプロセスを持つ分散台帳を作成でます。」
スマートコントラクトの利用は、契約に要する時間を削減し、法的に有効な合意形成を自動的に実行できます。 これによって、契約に関連する時代遅れの仲介者と仲介手続きを激減させることができます。 例えばチケット発行、顧客獲得報奨金、セキュリティー、本人確認、そしてメンテナンスまでの全てが自動で行われるのです。

フィンテック

フィンテック業界は、ブロックチェーンによる直接的で強力な影響に直面しています。 ブロックチェーンが誕生した直後から、銀行や金融業界は、非常に多くの伝統的な金融取引に要する仲介業者を抹殺し、コストと時間を減らすことが可能な、ブロックチェーンの基本的機能によって重大な危機に立たされています。
ブロックチェーン フィンテック産業は、仮想通貨エコシステムと共に、指数関数的な成長を遂げています。 ブロックチェーン出現前に始まった多くのプロジェクトは、ブロックチェーン技術を当てはめるために抜本的に再考することを余儀なくされています。 PecunioやEotradeのようなプロジェクトは、現実世界と仮想世界を融合させています。

“ブロックチェーンによる革命を受ける企業

サプライチェーンマネジメント

ブロックチェーン技術は、サプライチェーンをこれまでに比べて非常に効率的で素早い対応を可能にすることができる、特別な性質を備えています。 コスト競争力を高め、同時に商品が配送される際に通過する各拠点ごとに透明性の高い追跡性を提供します。より優れた技術によって白黒テレビが消え去ったのと同じ理屈により、サプライチェーンにまつわる所有権の移転や、商品と支払いに関連した問題も消え去ることになるでしょう。

他の分野、例えば政府の機関やシステム(電力供給など)、選挙制度(電子投票)、B2B(ビジネス to ビジネス:企業間取引)、B2C(ビジネス to コンシューマー :企業と消費者間の事業)、その他の様々な分野で、ブロックチェーン技術がもたらす革命を経験することになるでしょう。

しかし実際には、ブロックチェーンの何が、政府や産業や社会などの大きな構造に対して、そのような強い混乱をもたらすのでしょうか?

ブロックチェーンは、スマートコントラクトと、透明性が高く変更不能な台帳システムの利用によって、かつて誰もが、何もが、持ち得なかった特別な性質と可能性を獲得しています。

“ICOの未来

ICOは、新しい仮想通貨を単純に創造するだけの斬新な手法です。
金融業界は、選択の余地はなく、その技術を認めなければならず、その技術が提案するものを採用し適応しなければならなりません。 他の洗練されたシステムと同様に、偉大な未来に向かって進むためのシステムをサポートする大きな力があります。 ベンチャーキャピタルが起業直後の伝統的な企業を支援するのと同じ方法を用いて、ICOを支援する専門チームや専門企業があります。

ブロックチェーン業界で活躍するリーダーや有名人を見ていきましょう。 彼等の仕事や、彼等がどのようにICOの成長を牽引していたかを学びましょう。

クリプトタスクの共同設立者 Vedran Kajicは、伝統的なIPOよりも優れた資金調達の手法であるとの見解を持っています。最初の例は、クリプトタスク クラウドファンディングの仕組みです。 彼等が提唱する 「スマートなクラウドファンディングのためのスマートコントラクト」はクラウドファンディングと仮想通貨を組み合わせた資金調達手法です。 そのプログラムは、ビットコインとブロックチェーンのベテランプレーヤであり、Bitcoin Foundation とPantera Capital の両方の共同設立者である、Peter Vessenes によってチェックされています。

株主、あるいはトークンホルダーは、クラウドファンディングが終わった後に、プロジェクトの進行に対して投票することができます。 もし万が一、彼等が満足しなければ、そのプログラムは彼等に資金の返却を行います。 調達された資金は、創業者が実際に商品を生み出した段階でのみ開放されて、利用できるようになります。

“ICOを支援する伝統的な専門企業

この時点では、ブロックチェーン技術の成長は止めことができないのはもはや疑いがありません。 もし、人々が、その技術が何であり、それがどのように作用するのか、そしてそれで何ができるのか、十分に理解していないならば、その技術に未来はなく、忘れ去られるでしょう。

専門家やプロのアドバイザーや、その他人々の役割は、過大評価することはできません。 チームメンバーは、マーケティングのプロ、コピーライター、コミュニティーマネージャー、法律顧問、ビジネスアドバイザーの役員、その他を必ず含まなければなりません。 重要なことは、チームメンバーがチームの目標の達成に向かって共に働くことです。

ICOの主要な機能は、ブロックチェーン関連事業のために資金を調達することです。 投資家は、彼等が将来得られるはずの途方もない利益のために、資金を投入します。 アドバイザーは、特にベンチャーキャピタルや他の資金支援者とのネットワーク構築を手助けします。

ICOは、従来型のビジネスに比べてある種の柔軟性に欠けており、プロジェクトの初期にビジネス構造が決定されたならば、後にそれを変化させる余地が少ないのです。 しかし伝統的な資金調達技術を超越するICOの主要な利点は、誰でも投資できる事です。 このモデルは、これまでICO企業の大きな成功を導いてきました。 これらの企業は、チームのプロ意識と才能によって大きな成功を収めたのです。 ベンチャーキャピタルは、的確なビジネスの観察眼と、所有権と構造転換戦略によって世界的に知られています。 一方で、伝統的な企業は、その会社の構造を変革したり改善したりすることを促すことでICO企業を支える必要は無く、事業戦略と意思決定への助言によって事業価値を高めることが役割なのです。

“ICOを支援する伝統的な専門企業

FundicoやAnfierのようなICO企業は、プロジェクトが集めた費用やトークンを交換する、ICOの為の一連の企業向けサービスを提供します。 この両社は、スタートアップを支援する伝統的な企業との解りやすい対比と、ブロックチェーン企業の成熟と発展の良い事例を我々に示してくれます。

実際に、この業界は今、この種のICOスタートアップ企業のための事業の継続的な成功と、サービスに対する実際の需要とを提示して、創業者を満足させる洗練された戦略を提供するアドバイザリー事業を持っています。

資金調達の仕組みとしてのICOは、ベンチャーキャピタルの役割を完全に置き換えることはないでしょう。 彼等は、特殊なルールが制定されている世界で共存していくと思われます。 一方で、ベンチャーキャピタルが、初期段階のスタートアップに対する包括的なアドバイスサービスを提供したり、ネットワーク構築を支援したりする必要はもはやなくなるでしょう。 創業間もない会社は、プレICOやICOを支援した経験があるアドバイザー企業を探し、しかし同時に事業戦略やトークンエコノミクスを考えるためにベンチャーキャピタルを頼るようになるかもしれません。

究極的には、決断はICOプロジェクトの創設者によってなされるものですが、彼等はICOプロジェクトのどの段階であっても、利用可能な一連のサービスを使うことを選択することができ、あるいはまた彼等の必要性にとって最も価値があり利益が多いと感じるアドバイザーや他のサービスを入念に選ぶこともできます。 創業者とチームは、大きな支援を得ることを望んでいるかもしれませんし、あるいは ごく短期間で企業を成長させた経験があるベンチャーキャピタルに依頼することで安心を得ようとするかもしれません。

“将来必要なICOプロセスの改革

ICOとIPOの主な違いは、後者は政府によって強く規制されていることに対して、前者はそうでない新しい概念であるということです。 仮想通貨とブロックチェーン産業は、この点で言えば明確な法の設定がないことにより未だに苦しんでいます。

2017年の後半、いくつかのICOは投資家にトークンを買うことを許可する前に、KYC(本人確認)を実行するように投資家に求めました。 KYCは、政府によってKYC手続きが承認されている何らかの証明書(例えば運転免許証やパスポート)と共に投資家の個人情報を共有することを含みます。 これは、そのセールスにおいて何のトークンを誰が買ったかを識別するために、ICO企業によって実行される手続きです。 この特別な手続きは、ICO手続きを合法化する重要なステップです。 これによって、合法化された資金調達手法としてのICOの受入れがさらに発展するために、より明確な制度がもたらされることが望まれます。

ICOの発展のために必要な2つの重要な要素は、伝統的な法規制とブロックチェーン産業の間で相互的に認められ受け入れられることと、ICOの法的位置付けに関した規制の明確性と透明性です。

ブロックチェーン産業は、明確な法的位置づけを持っている状態からはまだ程遠く、法整備が求められています。

大学や専門家集団もまた、この話題について調査を行ったり、論文を発行したりして支援しています。 大学は、ブロックチェーン関連産業についてのチャンスやプロセスに関して個別に教育を行い、ブロックチェーンのさらなる社会への受け入れを牽引して、主要産業へと成長させ学会の関心を引きつけようとしています。


“ICOプロセスの成熟

ICOプロセスは、その成熟度について、大きな変化を続けています。 最初の頃は、ICOに投資する際に、利用者は自信の本人確認証明書を提示する必要はありませんでした。 最近は、ほぼ全てのICOにKYCが適用され、投資家はシステムの非中央集権的な本質が不正に侵害されたり、忘れられたりする事を心配しています。

多くの人々は、ICOプロセスの本質的な進化だと考えています。 他の人々は疑問を持ち、またICOに参加することへの躊躇も大きくなっています。

黎明期からの主な発展

過去数年で、ICOプロセスは前向きな変化と、後ろ向きな変化の両方を経験しました。 初期には、ICOはトークンマトリックスについてのどのような知見も定義されていませんでした。 人々はハードキャップを気にすることもなく、しばしばセールスはより公平で、プライベートセールスのための大きなボーナスも設定されていませんでした。 資金は、ほぼ全て一般公募によって調達されていました。

時が過ぎて、そのプロセスは成熟し、そしてより多くのプロジェクトが私的に資金調達するために開始され、シード企業が※、プライベートセールスや、プレセールスを行うようになりました。 小規模な一般向けセールスは、取引所での価格動向の支援や流動性確保のための需要を作る目的で行われます。

人々が、KYCをより深刻に考えるようになったことで、調達資金額の大きな成長がありました。 しかし、KYCの導入によって、ICOプロセスはいくつかの重要な価値を失いました。 この成熟による欠点はつぎのようなものです。

 当局からの安全性
 匿名性の喪失
 曖昧な資金調達価格と深刻さ

ICOはますます人気の手段になり、今日のブロックチェーンの経済で幅広く用いられ、投資家はICOシステムにまだ信頼を持っていることを実際に示しています。
なぜICOがビジネスと金融の将来にとって重要なのでしょうか。自分のICOを始めて成功するにはどうすればいいですか?
今すぐ全レッスンをご覧ください。
UBAI.co

UBAIコースでは、最高のブロックチェーンプラットフォームやその他の技術を学びましょう。詳細については、Instagram、Facebook、およびLinkedInでお問い合わせください。
Instagram
Facebook
LinkedIn

Sort:  

Congratulations @ubai! You have completed the following achievement on the Steem blockchain and have been rewarded with new badge(s) :

You published more than 100 posts. Your next target is to reach 150 posts.

You can view your badges on your Steem Board and compare to others on the Steem Ranking
If you no longer want to receive notifications, reply to this comment with the word STOP

To support your work, I also upvoted your post!

Do not miss the last post from @steemitboard:

Are you a DrugWars early adopter? Benvenuto in famiglia!
Vote for @Steemitboard as a witness to get one more award and increased upvotes!

Congratulations @ubai! You received a personal award!

Happy Birthday! - You are on the Steem blockchain for 1 year!

You can view your badges on your Steem Board and compare to others on the Steem Ranking

Vote for @Steemitboard as a witness to get one more award and increased upvotes!