宗教も思想もいらない。俺は何も持たない

in #jp-newbie2 years ago (edited)

「人間には必ず、宗教が必要なんだよ」

2年近く会っていなかった先輩との久しぶりの飲み会は、そんなテーマから始まった。大人な彼は、理屈っぽくて議論好きな僕に合わせてくれたのだろう。
彼は冒頭の一言を言い放った後、一呼吸おいて、こう続けた。

「日本人は無宗教だけど、それゆえに”会社”を宗教にしてしまう」

説得力のある言葉だ。彼は新卒で入った某大手メーカーを昨年退職し、外資系企業に移った。外資に移って一年ほどが経ち、彼なりに見えてきたことがたくさんあるのだろう。

彼の主張に対して僕はどう答えたか。概ね同意した。

”概ね同意です。人間には多分、依って立つものが必要なのでしょう。付け加えるとするなら、人間にはそれぞれの【強さ】があるということです。強ければ強いほど、依って立つものは少なくて小さくていい。弱い人は、大きいものやたくさんのものに依って立つしかない”

大体、そんなことを答えたと思う。この議論はしばらく続いたが、僕は議論の間、忌野清志郎の「ROCK ME BABY」の歌詞を思い出していた。

”宗教も思想もいらない 俺は何も持たない
ロックンロールの神様 俺にはついてる”

この後も、ロックンロールさえあればそれで構わない、という趣旨の歌詞が続く。

忌野清志郎は、強い。

キヨシローのカッコよさ、キヨシローのカリスマ性、キヨシローの魅力は、この強さにあるのだと思う。
忌野清志郎は強いから、宗教に依って立つ必要がなかった。思想に依って立つ必要もなかった。所持品や金、人間関係にすら依って立つ必要がなかった。
ただ、ロックンロールに依って立てればそれだけでよかった。

なんて強く、なんて純粋なんだろう。

「忌野清志郎」という名前を初めて聞いたのは、彼の訃報のニュースだった。僕が高校2年生の時だと思う。
当時17歳、ロックバンドといえばRADWIMPS、そんな世代だ。忌野清志郎も知らなければ、彼のやっていたバンドも知らなかった。
「なんか昔すごかったミュージシャンが死んだらしい」
そのくらいに思っていた。その少し後にはマイケル・ジャクソンの訃報が流れ、世間も、そして僕もあっという間に忌野清志郎の訃報を忘れた。

キヨシローの魅力に気づいたのは、大学2年生の頃だ。20歳の僕は、カート・コバーンの遺書にハマり、それをきっかけに、ロックンローラー達の遺書や死に関する文書を収集するのにハマった。
そんな中で僕の心を打ったのは、元ブルーハーツ・現クロマニヨンズのボーカル、甲本ヒロトが忌野清志郎に対して読んだ弔辞だ。
今でもこちらの動画で全文聞くことができる。全人類が聞いて欲しいと思う。忌野清志郎と甲本ヒロトという、二人の素晴らしいロックンローラーの人生と魂の交流が、たった5分半に収まっている。

この弔辞の中で、印象的なフレーズがある。
「ステージの上の人だったんだな」というフレーズだ。キヨシローは、ステージの上の人だった。
キヨシローは、ロックンロールに依って立っていた。ステージの上でロックンロールの神様と交流することで、生きることができていた。

キヨシローは、強い人間だった。強かったから、ただ自分の信じるロックンロールに依って立てればそれでよかった。
僕たちは、弱い。もっとたくさんの、それでいて安定した何かに依って立たなければいけない。
それは、宗教であり、思想であり、会社であり、家族であり、持ち物であり、社会常識であり、歴史である。
あなたは何に依って立っているだろうか。
「宗教も思想もいらない。俺は何も持たない」といえるだろうか。僕は胸をはっていい切れる自信はない。あなたにもないだろう。

しかし、弱いことは悪いことではない。
あなたなりの良い宗教を見つけて、人生に安息が訪れるならそれは素晴らしいことだ。

ただ、僕はどうも、世間でよく使われる宗教のどれにも適合しないらしい。会社も、家族も、持ち物も、社会常識も、歴史も、どれも僕の依り代にはなってくれなかった。
だから、僕は強くなろうと思っている。キヨシローの強さが欲しい。僕はキヨシローの強さに憧れ、キヨシローに心を掴まれ離れないファンである。強くなろうと思っている。自分の作り出すものの面白さだけに、依って立って生きていこうと思っている。

”宗教も思想もいらない。俺は何も持たない”

そう断言できるようになった時、僕の人生は始まるのかもしれない。

Sort:  

I can see you put a lot of time into this post. It payed off.

Great post! I've learned that people will forget what you said, people will forget what you did, but people will never forget how you made them feel.

清志郎さんカッコいいですよね。

強さが故に、
”宗教も思想もいらない。俺は何も持たない”そう言っていても
ある種の神になってしまった気がしますw

キヨシロー自身が、ファンにとっての宗教だったのは間違いないですね。笑
宗教を持たなくていい強さを持つ人は、最終的に自ら宗教になってしまうのかもしれない。