今年読んだ本の中でダントツの良書『孤独の科学』

in japanese •  15 days ago

kodokuno.jpg

私が今年読んだ本の中で最も印象に残っているのが『孤独の科学』(ジョン・T・カシオポ/ウィリアム・パトリック:著、柴田裕之:訳、河出文庫)である。印象に残った点を3つ挙げよう。

1. 人は孤独だと攻撃的、批判的になる


本書で繰り返し強調されているのが「人は孤独だと攻撃的、批判的になる」ということである。今年に入って大きく報道された幾つかの衝撃的な事件においても、動機として「孤独」が挙げられていたことが思い出される。

私たちが第二、第三の彼らにならないと言い切れるだろうか。私にもついついムキになって他人を必要以上に攻撃・批判してしまったことがある。振り返ってみると孤独や寂しさが原因となっていたように思う。

人は孤独だと攻撃的、批判的になる。自分がいつも以上に攻撃的・批判的になっていることに気づいたら「自分は今とても孤独を感じているのかもしれない」と客観視することで、それ以上常軌を逸することへの抑止力となるかもしれないし、対策を講じることもできるかもしれない。

同時に、他人の攻撃性にも寛容になれるかもしれない。

2. うつ状態は「私は脅威ではない」ことを示す


人の脳は狩猟採集時代から進化していないと言われる。その時代、人は社会性を持って集団で過ごすことが自分の身を守る唯一の手段だった。一人では強靭な野生動物に太刀打ちできない。

集団の仲間に入れて欲しいと思う動機となるのが「孤独感」である。だけど「仲間に入れてよ」「うん、いいよ、よろしく」なんて風にうまくいくわけがない。そのまま孤独感に突き動かされてゴリ押ししても望みはない。

そこで「一歩退いて、冷静に考える」のが抑うつ感の役割である。一歩退くことによってエネルギーを温存すると共に「私は脅威ではない」ことを相手に示すことができる。冷静に考えることによって「贈り物をすれば仲間に入れてもらえるかもしれない」と思い付くかもしれない。

そして、深刻な抑うつ状態は「助けてください」というシグナルにもなり得る。本書でよくわかることは、抑うつ状態はエラーなどではなく、社会関係におけるリスクを最小限に抑えるための合理的な機能のうちのひとつであるということ。

この考えに基づけば、うつ病の人は「私はあなたたちにとって脅威ではないから助けてくれ」ということを暗に訴えているわけだから、彼らを決して攻撃してはいけないのだと思う。

3. 人は「つながりたい」


人の幸福は結局は良い人間関係に左右される、と言われる。私の好きな伊坂幸太郎さんの『砂漠』という小説の中に「人間にとって最大の贅沢とは、人間関係における贅沢のことである」という台詞もある。

sabaku.jpg

近代国家とインターネットによって人は人と必要以上に繋がらなくても必要最低限の生活を維持して生きていけるようになったように思う。だけど、人は結局はなんやかんや言っても「つながりたい」のだ。

本書はその「つながりたい」と「孤独」の狭間を科学という冷徹な目で分析しながらも、それらを優しく捉え直して孤独への処方箋を批判なく提示する稀有な本であると思う。

「人は一人では生きていけない」という言葉を私はお金や何らかの援助のことを言っているのだと思っていた。だけど、今ならわかる。「人は一人では生きていけない」にひねりはない。つながるのが人間の本質だという単純にして重要な事実のことを言っていたのだと気づいたのだった。

Authors get paid when people like you upvote their post.
If you enjoyed what you read here, create your account today and start earning FREE STEEM!
Sort Order:  

秋の夜長に読んでみたくなりました。

·

読書の秋ですね。ぜひとも。

はじめまして、ジンと言います。
突然で申し訳ありません。
jp-friendship #3 "愛用している物"のバトンを渡しました。
よろしくお願いします。

はじめまして。 @yasu24といいます。 @torachibiさんが好きそうな本だと思いました。

Posted using Partiko iOS

·

はじめまして。@torachibiさん読んでくれるかな(ドキドキ

度々すみません。
OCD日本語Curatorの @djynn (ジン)といいます。
この度は@ocdよりアップボートさせていただきました。
@ocdは新しいユーザーさんの良質でありながら報酬の少ない投稿をサポートしています。

OCDにはSteem Witnessもあります。投票は @ocd-witness
SteemConnect
または Steemit Witnesses から出来ます。

"Steem Witness" とは何?

Steemit公式FAQを日本語に翻訳したページがあるので、そちらをチェック
してください。

·

はじめまして。バトンたしかに受け取りました。少し遅れてしまうのですが(来週頭あたり)必ず投稿させていただきます。
@ocdさんからのアップボートありがとうございます!とても嬉しく励みになります。