「クリプト冬」にもかかわらずまだ熱いコイン

in japanese •  last month

Coins-that-are-still-hot-despite-the-“crypto-winter”_jp.png

暗号通貨の不安定な市場では、6ヶ月という期間があると、有利な結果にも不利な結果にもなる可能性があります。 暗号通貨市場では高値と安値は急速に変化しており、一年前に市場は急増しましたが、今日、一部のデジタルコインの価値は低下しています。

しかし、リスクが高い市場でその価値を高めてきたコインもあります。その代表コインにDogecoin, Basic Attention Token, Qash, Electroneum, Factom, Holo, Wax, Chainlink, Decentraland, Crypto.com, Nexo, Revain, Groestlcoin, BOSCoin, Sirin LABS Token, Thekey, Genesis Vision, Dynamic Trading Rightsなどが含まれています。そのコインの現在のパフォーマンスをよりよく理解するために、現在の成果と共に、トップ3のコインを簡単に見ていきましょう。

ファクトム/Factom (FCT)

ファクトムは一番上昇し、6月に時価総額ランキングで102位だったのですが、順位を47個上げ、今は55位になっています。時価総額は現在8,000万米ドルに近づいています。

エレクトロニウム/Electroneum (ETN)

エレクトロニウムは6月に98位だったのですが、今のところは61位まで上昇しました。 ETNの現在の時価総額は6,600万ドルに近く、上昇を続けている一方です。

ドージコイン/Dogecoin (DOGE)

この6月に相対的な時価総額による最も高いパフォーマンスの暗号通貨であるドージコインは、かろうじてトップ50のコインリストに入りました。 現在、DOGEはランキングで順位を24個上げて23位になり、時価総額は2億8,700万米ドルになっています。

前述したように、他にもいわゆる「ベアマーケット」(弱気相場)、または「 クリプト冬」を乗り切ることができた暗号通貨もありますが、この短いリストには載っていません。ここで紹介した3つのコインは、過去6ヶ月以内に時価総額ランキングで順位を30以上上げ、特に注目するべきです。

Authors get paid when people like you upvote their post.
If you enjoyed what you read here, create your account today and start earning FREE STEEM!