NHKスペシャル 『ミッシングワーカー 〜働くことをあきらめて〜』

in japanese •  13 days ago

という番組を観ました。

4ADFE235-D676-4694-8768-EAF50FB71E91.jpeg
https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20180602

内容は恐るべきものでして、

ふつうに働いていた人たちが親の介護をきっかけに仕事を退職し
介護をしながらだと仕事ができず、親の年金で生活を続けているうちに
社会から孤立してしまい働くことができなくなってしまい
親が亡くなった後は年金も絶たれ、生活に困窮する

という内容でした。

こういった方々は求職活動をしていないため、統計上の失業者にもカウントされておらず
ミッシングワーカーとして、失われた労働力となっているというのです。

しかも、これは1人2人の問題ではなく、40・50代で103万人にものぼるミッシングワーカーが存在するというのです。

私は、普段は会社で仕事をしながら「介護離職しない地方での持続的な働き方」をテーマに活動しているのですが、介護離職の先にある、このミッシングワーカーという状態は非常に深刻な問題だと認識しました。

改めて、介護離職というものの恐ろしさと社会的な損失を考えるべきではないでしょうか。

番組名でググったら番組を視聴できる動画も出てきたので、これを機に「ミッシングワーカー」を検索してご覧になって頂けると幸いです。

自分自身も活動を続けてはいるものの、個人で解決できる問題としては大きな問題過ぎるような気もしているので、この番組を機に、国政レベルで検討していただきたいものです。

Authors get paid when people like you upvote their post.
If you enjoyed what you read here, create your account today and start earning FREE STEEM!
Sort Order:  

実に驚くべき数字ですね。労働者不足の背景にはこうした事情もあるのですね。まだまだ働ける年代ですから、労働力として戻ってくる体制を社会の中につくる必要があると思います。

sumi さんも書かれていますが、労働力として戻れる体制大事だと思います。あとは介護をしつつも社会と切り離されない仕組みも。自分だったらどうするかなと考えてしまいます。。。

はじめまして、
フォローさせていただきました
これほんとに怖い話ですね。
103万人という数字にもビックリしました!
こういった問題を国会で真剣に議論してくれればいいのに、、、
もりかけ?とかいつまでやってるんですかねぇ、、、