Ethereum 2.0 will come down in 2018 !!

in #japanese2 years ago (edited)

今年の暗号通貨市場はバブルでした....いや、実は全然バブルではありませんw

いわゆるクソ通貨がパンプしただけです。インターネットバブルがそうだったように今は実需の伴わない通貨が乱立しています。時価総額上位の通貨でさえいずれはほとんど消えることでしょう。

2017年はICOによって暴騰相場が発生しました。ERC20トークンスタンダードによって暗号通貨市場に資本が大量流入しました。この規格はイーサリアムのトークン規格です。ERC20とイーサリアムがなければここまでの展開はなかったでしょう。ICOがルーティンワークで出来るようになったからです。暗号通貨バブルはイーサリアム無しでは起こらなかったことです。

2018年から実需が立ち上がってきます。スマートコントラクトが鍵となるでしょう。理由は簡単です。資本だけではなくサービスが立ち上がる事で新たな市場と資本の流入が起こるからです。そして、準備は完了しています。μRaidenとMetropolisとERC721などの実装です。(難しい解説は他のブログで確認くださいww)

ブロックチェーンは第三者による保証を必要としない仕組みであることから、Amazonのような絶大な信用を必要とせずにサービスインできます。信用の部分はブロックチェーンとブロックチェーン上に記録されるスマートコントラクト(プログラムコード)によって実装されているからです。

現在、ブロックチェーンは送金と残高を記録するだけの単純な勘定台帳アプリケーションにとどまっています。

イーサリアムが代表するスマートコントラクトプラットフォームは送金額を記録している部分にプログラムコードを乗せることができるようになっています。しかし、The DAO事件でわかるようにとても難しいことなんです。それを実装できるプラットフォームはほとんどないでしょう。

また、スマートコントラクトが実現することで大企業が優位ではなくなります。アイデアさえあれば信用の基盤はイーサリアムが用意してくれることになるからです。企業の大小ではなく必要とされるサービスならば立ち上がることを意味します。

よって、大企業が優位の時代の終わりの始まりになるかも知れません。

私はこの性質のことを新しい公共と言ってきましたが、正に来年がそれを意識できる年となってくることでしょう。現在、Gnosisがリリースしている予測市場のサービスはとても透明に運営されています。すべのルールがネット上に公開されているからです。こういったサービスが来年どんどん立ち上がってくることでしょう。(いい意味でも悪い意味でも透明ですw)

今年はEthereum2.0が起動します。PoSに移行する一大事業が待っています。

スマートコントラクの破壊力を目の当たりにする年になることでしょう。

ではスマコン元年を待ち侘びて

イーサ!ホイッサ!
イーサ!ホイッサ!

Ethereum2.0.png

Sort:  

Thanks Great information! I will buy ETH

Thank you very much, @fusan comfortable pleasure!

Thanks for reply! Please buy ETH, a dream will come true.:)

「インターネットバブルがそうだったように今は実需の伴わない通貨が乱立しています。」で思い出したのが、昔よく引き合いに出されたドッグフードをネットで売るスタートアップ(でしたっけ)にも資金がじゃんじゃん降っていたという話でした ;)
ああもうひとつ前のバブルを知っている世代になってしまったな、あははと思いながら仮想通貨眺めています。
イーサーがんばれーと思いつつ、あとはこの世界に Vitalik Buterin みたいな人がいるのもいいなあと。
いろいろなことを考えるドイツの年末、年越しうどんの生地寝かせ中のコメントでした :)
イーサ!ホイッサ!

ビタリックは宇宙人なのかと思いますね。今年はイーサが楽しみでなりません。
しかし、凄いですね。蕎麦生地寝かしてるなんてw
ドイツだからですかね。でも、素晴らしい!

この投稿、超かっちょいいですね!凄くいい。 @zahnspangeさんからのコメントもgreat.

かっこいいでしょ!なんか、分析堅めの話は多いけど妄想中心の記事はなかなかないですからね( ͡° ͜ʖ ͡°)

イーサ!ホイッサ!
イーサ!ホイッサ!
( ・∀・)
fusanさんめっちゃ前向いてますね!

はい!どんどん未来を見ていきますよ。前のめりですw 私はそんな人間です。てへ