DJ Wednesdays #22: Djing At Womb, Meeting Klute In California WOMBでのDjing。 カリフォルニアでクルートに会いました

in japan •  7 months ago

Tokyo Splendor 東京スプレンダー


10 years in the making, my journey to Japan as a Drum and Bass DJ, "Tokyo Splendor".10年ぶりに、ドラム&ベースDJとしての日本への旅、「東京スプレンダーです」


Klute is a UK based Drum and Bass & Techno DJ, Producer and owner of Commercial Suicide record label. He had a huge influence on me because he was the first big DJ I met that was humble and normal. No superstar bullshit attitude. He also was and continues to be one of the best producers. Part of that stems from being the drummer for a punk rock band called "The Stupids" from the UK. He was a musician before he was a DJ and it showed in his production. This series was named "Tokyo Splendor" after one of Klute's song "Splendor". Now on with the show.

KluteはイギリスのDrum and Bass&Techno DJ、Commercial Suicideのレコードレーベルのプロデューサー、オーナーです。 彼は私が謙虚かつ正常だった最初の大きなDJだったので、私に大きな影響を与えました。 スーパースターの虚偽の態度はありません。 彼はまた、最高のプロデューサーの一人であり続けています。 その一部は、英国の "The Stupids"と呼ばれるパンクバンドのドラマーである。 彼はDJの前にミュージシャンを務め、彼の制作に出演しました。 このシリーズは、Kluteの曲「Splendor」の後に「Tokyo Splendor」と命名されました。 今ショーで。

So, I was going to be playing at 06s at Womb! This was a big deal! I had to really throw down to solidify my name in Japan. While we were already starting to create a name for ourselves with our club night Structure, this was the last level of legitimacy in the scene. Not only that, it was a super club which packed about 500 - 1000 people.

だから、私はWOMBで06Sでプレーするつもりだった!! これは大きな問題でした。 私は本当に日本に私の名前を凝固させるために投げなければなりませんでした。 私たちはクラブナイトストラクチャーで自分たちの名前を作り始めていましたが、これはシーンの正当性の最後のレベルでした。 それだけでなく、それは約500〜1000人を詰め込んだスーパークラブでした。

Fast forward to that night. I came on at 3 or 4 am and I had a surprise, a promotional remix from Kemal & Rob Data, Faith in Chaos' "Possession". The club was rammed, I stepped up and put the need on the record. The song starts out with a distorted half beat, like a hip hop break and this crazy female, dominatrix vocal and then the drop, BOOM! Literally, the sub-bass hits hard, then Kemal & Rob's metallic, techno drums and the phasing, LFO baseline. The dance floor went crazy and then fucking Rewind!!!!(A rewind is when a DJ spins the record backward and re-starts it) This is that song and below is what is looked like.

その夜に早送りする。 私は午前3時または午前4時に来て、私は驚き、ケマル& Rob Data、カオスの「所有」の信仰 クラブが殴られたとき、私は踏み込んでその必要性を記録に残した。 この曲はヒップホップ・ブレイクと、この狂気の女性、ドミナトリックス・ボーカル、ドロップ、ブームのような歪んだハーフ・ビートから始まります。 文字通り、サブベースは激しくヒットし、Kemal& Robのメタリック、テクノドラム、位相調整のLFOベースライン。 ダンスフロアが狂ってしまい、巻き戻し!!!!(リワインドとは、DJがレコードを後ろに回して再スタートさせることです。)これはその曲です。以下はそのようなものです。

I remember DJ Aki, the head of 06s coming up to me and asking what the fuck that song was. It was such a fantastic memory.

私はDJ Akiを覚えています。06sの頭は私のところに来て、その曲が何であったのか聞いてきました。 そんなに素晴らしい記憶でした。

I actually asked my DJ partner Yu, to throw down some tunes too so we switched off after I did my intro and rocked the crowd until the lights came on. The vibe from the crowd was palpable. It was euphoric and absolutely one of the best times I have ever had.

私は実際に私のDJパートナーYuに、いくつかの曲を捨ててもらうように頼んだので、私がイントロをしてライトが点灯するまで群衆を揺らしてからスイッチを切った。 群衆の雰囲気が触知できた。 私が今までに持っていた最高の時代のうちのひとつで、華やかで絶対的なものでした。

When we finished up we did the time honored tradition of eating ramen at around 5am with a bunch of people. I believe the ramen shop is still there at the bottom of the street Club Asia is on. After that I raced home to sleep.

私たちが終わったとき、私たちは多くの人々と午前5時ごろにラーメンを食べる伝統を守りました。 私は、ラーメンショップはまだアジアのクラブアジアの通りの底にあると思う。 その後、私は家に帰って寝ました。

As things were in full swing now I needed to get more serious about being a DJ. Two things this entailed, money and producing tunes. The former you needed to survive and the latter you needed to really take everything to the next level. So I began making mix CDs to sell and using a music making software called Reason. Before I could really dive into either though I had to fly back to California to make some money to pay the bills and to meet Klute.

物事が本格的になった今、私はDJであることについてもっと真剣に考えなければなりませんでした。 この2つのことは、お金と曲を生み出すことになりました。 前者は生き残る必要があり、後者は本当にすべてを次のレベルにする必要がありました。 そこで私はミックスCDを作ってReasonと呼ばれる音楽制作ソフトウェアを販売し始めました。 私は本当にどちらかに潜入する前に、私はカリフォルニアに帰って法案を支払い、Kluteを満たすためにお金を稼ぐ必要がありました。

I met Klute at a LA event called Koncrete Jungle he was playing at. As I mentioned above he was super normal. Or maybe I am weird and he is like me? Anyway I told him what we were doing in Tokyo and we wanted to bring him over to DJ. He was totally down with it and said to let him know when so he could check his availability. And like that we had tentatively booked Klute. It would turn out to be one of the funniest and strangest Japan tours ever.

私は彼が演奏していたKoncrete JungleというLAのイベントでKluteに会った。 私が上で述べたように、彼はスーパーノーマルだった。 または私は変わって、彼は私のようなのだろうか? とにかく東京でやっていたことを彼に話し、DJに連れて行きたいと思っていました。 彼は完全にそれと一緒にダウンしていたときに彼は彼の可用性をチェックできるように彼に知らせるように言った。 そしてそのように私たちは仮にKluteを予約しました。 それは今までにない面白い、そして、一番奇妙な日本ツアーの一つになるだろう。

I worked for a few weeks, picked up as many new records as I could, then flew back to Japan at the end of November. When I talked to everyone about Klute they were super excited and couldn't believe we were getting such a big DJ to play at out new party. Somehow word had gotten to 06s that we were planning on bringing him over though and they insisted he play at Womb instead. In exchange they would also let us play with Klute, have DJ Aki play at Structure and send us on tour with Klute to Osaka & Kyoto! It was too good a deal to pass up and so we agreed. Then it was time for Structure, gigs every weekend, and our NYE Super party at Club Asia & Vuenos.

私は数週間働いてできる限り多くの新記録を拾い、その後11月末に日本に帰りました。 私がKluteについて皆に話をしたとき、彼らはとても興奮していました。そして、私たちがそのような大きなDJを新しいパーティーで遊ぼうとは信じられませんでした。 どういうわけか、私たちが彼を連れて行くことを計画していた06年に何か言葉が得られ、代わりに子宮で遊ぶことを主張しました。 それと引き換えに、彼らはKluteと一緒に遊んで、DJ AkiをStructureで演奏させ、Kluteと一緒に大阪と京都へツアーでお送りしましょう! それはあまりにもうまくいっていたので、合意しました。 それから、構造のための時間、毎週のギグ、Club Asia&VuenosのNYEスーパーパーティーでした。

Next Dj Wednesdays #23: Structure, Yamaha & NYE 2001! - 次のDj水曜日#23:Yamaha&NYE 2001の構造!

Crypto Night Shibuya Is Coming!


I am part of Steemit Blogger Center.

Steemit Blogger Central is building communities and empowering Leaders.

Socalsteemitbanner2.jpg

Thanks for reading!

Our Steemit Blogger Central Discord community is here:

Discord:
https://discord.gg/e5XFZKa

Authors get paid when people like you upvote their post.
If you enjoyed what you read here, create your account today and start earning FREE STEEM!
Sort Order:  

The crowd is the energy of the DJ, the louder they are, the more energetic the DJ is.

·

Are you a DJ? Or have you DJed?

Yes, absolutely this is true, I've felt it. The feeling is indescribable. You could almost say it would be similar to a religious, euphoric experience.

The reverse is also true. A DJ is a performer. If the performer is having a blast usually the crowd will pick up on it too.

You may have heard of musicians that crash after losing their popularity. Performing is like a drug and without it you crash. When I stopped DJing I was depressed for a long time.

Thanks for you comment @addempsea.

私は06年に子宮で遊ぶつもりだった!

これは驚きました!

音楽の話、好きです。Resteemさせていただきました。いつの日か、お会いするときに、この投稿の話をしたいです。

·

😅😂🤣 ”私は06年に子宮で遊ぶつもりだった!”ー"I intended to play in the uterus in 2006"....
すみません。Googleを非難することはできますか?
直した。

·
·

いえいえ。いつか今回のことを笑い話として話せたら、と思います。

·
·
·

もちろん。

Cool storry 😀 and great experience 😀