仮想通貨の投資家

in #icolast year

51251618_2267750686588920_7796113640859369472_n.jpg

こんにちは! PlatinumのフロントエンドエンジニアのMihail Kudryashevです。弊社は、国際的なSTO / IEO / ICO / POST ICOコンサルティング、プロモーションおよび資金調達を行っています。STOおよびICOマーケティングにおける豊富な経験を活かし、世界で最高のSTOブロックチェーンプラットフォームを開発しました。 詳しくはこちら: [Platinum.fund] (https://platinum.fund/sto/) 弊社は暗号経済に関する実用的な知識を勉強できる世界一のオンライン大学を立ち上げた後に人気を得ました。そして現在、そのUBAI大学で、独自のICOやSTOの実施方法、キャンペーンのマーケティング戦略や、成功させる道などが学ぶことができます。 暗号通貨投資家って、どんな人ですか?暗号通貨への投資する動機は何なんですか?以下のUBAIコース授業の抜粋をご覧になったら、すべての答えを見つかります。

投資家になるために
§2

2017年、全仮想通貨の市場時価総額は8,500億ドル(約93兆円)に到達しました、しかし誰もがこのような疑問を持つのではないでしょうか?

何故、投資家は仮想通貨へと向かったのか?

ブロックチェーンキャピタル社が実施した調査によると、ミレニアル世代の30%が、伝統的な株式市場よりもビットコインに投資する方を好むことが判明しました。仮想通貨投資家、特に伝統的な資産に投資する人々は、リスクと釣り合ったリターンを望みます。規制が不十分であり、ボラティリティは極めて高く、非常にリスキーであるがために、多くの仮想通貨投資家はリスクに見合った非常に大きなリターンを仮想通貨に求めます。彼等が求めるリターンの幅は200%から1000%です。
先ずは、仮想通貨に投資する人がどのような人物なのかを調べてみましょう、そして彼等が何故このような新しいマーケットに投資するのかその理由を見てみましょう。

投資家のタイプ

仮想通貨投資の「新米」
この投資家は、投資を始めたばかりです。彼等は、どのような金融商品であれ、投資の経験はおそらく少なく、ビットコインが最初の投資かもしれません。彼等は、他の人々が仮想通貨投資で莫大な利益を得たと聞き、あるいはブロックチェーンと仮想通貨がもたらす革命に魅力を感じ、自分も投資してみようと決断したのかもしれません。

不幸なことに、ほとんどの新米投資家は、主にたったひとつの勘違いによってお金を失う結果になるでしょう。つまり「仮想通貨への投資は、巨大な利益が簡単に得られる」という勘違いです。

“投資家のタイプ
§2

「ギャンブラー」あるいは「一攫千金」投資家

これは2番目の階級の仮想通貨投資家です。彼らは、耳に入る甘い言葉には何であれ誘惑されます。彼らは、すぐに2倍、3倍になるような投資話が大好きです。新米投資家のように、仮想通貨の仕組みを理解していませんし、またそれを気にもしません。これらの投資家と、成功する投資家やプロ投資家との違いは、ギャンブラーはリスクマネジメントやトレードのタイミングに気を配らないことです。

彼らは、テーブルにお金を置き、それが大きなリターンを生むことを望みます。理論やよく考えられた戦略に投資するよりもギャンブルを好み、投資商品に対して友好的でポジティブな態度を持っていますが、残念ながらそれは成功する投資家が持っている知識や努力に裏付けされたものではありません。

このスタイルの考え方の良い例は、仮想通貨に限らず、High Yield Investment Plans (HYIPs) とか高利回り商品などと呼ばれる、投資家の資本を数倍に増やすことを約束する手法です。全てのHYIP(ハイプ)が詐欺というわけではありませが、多くはそうです。このような商品に群がる性質を持つ投資家は、ギャンブラー以外にも「一攫千金」タイプの投資家がおり、彼らも自分が投資する分野の勉強に時間を割きません。ただ、一晩でお金を稼ぐことだけを考えています。

“投資家のタイプ
§3

短期トレード(デイトレード、スイングトレード)
短期トレーダーは、疑いなく、彼らの専門領域に限って言えば最も聡明な投資家です。彼らは、他者よりももっと徹底的に、トレードの技術とスキルを学びます、あるいは学ばねばなりません。このタイプの投資家は、彼らが投資しようとする仮想通貨とのその市場について、しっかりと学ぶ投資家です。短期投資家は、熟考してスケジュール化された戦略を組み立て、マーケットの素早い変動から利益を得ようと試みます。おそらく、多くの短期トレーダーは、新米トレーダーから投資キャリアを始めたのでしょう、しかし彼らは市場について学ぶ努力に時間を費やした個人投資家です。彼らは、自分が何をしているかを知ることを望みます。自分がなりたいタイプの投資家になることを目指し、生き残り、成功した人々です。

興味深いことに、デイトレーダーは、どのようなコインにも感情移入しません。彼らは、どのようなときであれ、彼らが買おうとしているコインのプロジェクトの、持続性、ホワイトペーパー、ビジョン、ロードマップ、その他を信じる必要がありません。彼らは、コインの潜在的な価格変動の方向とタイミングについての確信のみを必要としているのです。

“投資家のタイプ
§4

長期投資家 (Hodler)

仮想通貨投資で成功している投資家に最も多いタイプは、長期投資家、あるいはHODLerに分類される投資家でしょう。HODLer(ホドラー)とは仮想通貨用語で、Hold on for Dear Life(命がけで持ち続ける人)を意味します。彼らは、仮想通貨とブロックチェーン技術を深く理解し、自分が投資しているコインの持続性を信じている人々です。

ビットコインの黎明期に、それがまだ多くの人々にとって全く知られていない時代に、ビットコインを買った最初の少数の投資家について考えてみましょう。 ブロックチェーンと仮想通貨の革命を信じていた人々です。 彼らは、短期の利益のためにビットコインを売ったりはしませんでした、それを売るチャンスが何度もあったにも関わらず。 彼らは、長期間保有し続けることで、自分が何をしているかよく知っていました。 これらの初期の投資家と、HODLerは、2016年から17年の上昇し続ける相場で、天文学的な資産の増加を楽しむことができました。しかし、長期保有になる者は、この全く新しい資産を取り巻く悪いニュースやネガティブな要因に悩まされながらも、ビットコインとブロックチェーンが世界を変えることを心から信じていました。ブロックチェーン企業や、彼らが投資する特定の通貨とトークンに関する勉強と研究のみによって、この信念は確立されたのです。

続きはwww.ubai.coでご覧ください!

“投資家のタイプ
§5

ベテラン投資家、プロ投資家

彼らは、仮想通貨投資のエキスパートです。彼らのほとんどは、株式、債券、あるいはオプション取引などの他の金融商品の取引経験を持っています。彼らは、自身の経験に基づき、他の人々のお金を投資したり運用したりしてお金を得ている場合もあります。

Iconomi のファンドマネージャーは良いサンプルです。それぞれのファンドマネージャーは、多数のデジタル資産を取り扱います。個人投資家は、特定のベテランファンドマネージャーに自分の資金を割り当てることができ、また投資家が望めば自分の資産を運用してくれるファンドマネージャーを簡単に交換できる機能を備えた投資家向けのプラットフォームを提供しているという理由で、投資家はIconomicを選ぶことがあります。

それぞれのファンドマネージャーは、短期から長期までの一定期間内で、彼らが取引したい、または投資したい多数のコインを選びます。 これは、多額の資金でトレードするプロの知識と経験を投資家に与え、上手くすれば、一般投資家が自身で投資して得られるよりも大きな利益を生み出すことを可能にします。

それらのファンドマネージャーは、彼らが稼ぐ手数料と委託費がモチベーションになり、また成績に連動するボーナスも同様かもしれません。 このようなサービスを利用すれば、他の人々のお金を扱うファンドになる必要なく、しかしベテラン投資家と同じような取引結果を個人で得ることができます。 しかし、本物のプロのファンドマネージャーは、巨額の資本をトレードする能力があり、複雑なリスクを管理し、様々な利益を生み出す多角的な投資戦略を持っているのです。

“国ごとの特徴

特定の国で仮想通貨投資に参加するには、ブロックチェーンや仮想通貨投資に関連した法律や規制に従う必要があります。 中国が仮想通貨の使用を禁止したとき、ほとんどの中国人は彼らの投資を引き上げました。多くの他の国でも、仮想通貨の利用や売買を禁止しています。日本のように仮想通貨の利用を許可している国は、結果として莫大な仮想通貨投資の増加を目の当たりにしました。日本と韓国は、これらの施策によって仮想通貨投資家の人口が多い国となり、取引量の大きな仮想通貨取引所が複数あります。

仮想通貨投資家の統計を知る他の方法は、それぞれの国のビットコインATMのデータを見ることです。これを見ると、アメリカ合衆国はビットコイン取引の世界最大国家で、次にカナダが3番目であり、その次にイギリスが続きます。

グーグルトレンドのレポートによると、ビットコインに興味を持っているトップ5の国は、南アフリカ、スロベニア、ナイジェリア、コロンビア、ボリビアです。

この調査から推測される結果の要点は、仮想通貨投資家の多様性です。平均的な仮想通貨投資家は、白人かアジア人の男性で、26から30歳で、学士以上の学位を持っていますが、一方で仮想通貨市場全体を見回すと非常に様々な人たちがいます。大口の投資家は、かなり高齢で、伝統的な市場の投資家と同様に広いコネクションを持っています。

“仮想通貨の著名な投資家

多くの人が仮想通貨投資で幸運を得ていた一方で、それら幸運な投資家のさらに一部は極めて大きな財産を得ました。ここでは、巨額の資産を運用する何人かの投資家の成功談と、彼らがどのようにそれを成し遂げたのかについて、その投資戦略を学びます。

双子のウィンクルボス兄弟

フェイスブックとの裁判で賠償金を得た後、双子のウィンクルボス兄弟は、その資金の一部(6千5百万ドルのうち千百万ドル)をビットコインに投資することを決意しました。当時の1ビットコインの価格は120ドルでした。

このハイリスクな投資はとても上手くいき、彼等は最初のビットコイン長者として知られるようになりました。おそらく彼等は、流通しているビットコインの1%以上を保有していると思われます。2016年のFinancial Timeのインタビューで、この双子は「インターネットを通じて価値を届けることができる様にデザインされているので、ビットコインは最も優れたソーシャルネットワークである」という彼等の考えを披露しました。彼等はまた、ビットコインは金に比べてさらに希少であり、また送金や携帯性が高いものの、安全性については劣るとも指摘しています。

“仮想通貨の著名な投資家
§2

マイケル・ノボグラッツ

ゴールドマンサックスの投資銀行で働いていたノボグラッツは、彼の資産の30%を仮想通貨に投資しました。2015年、彼は自身の資産1億5千万ドルを含む、総額5億ドルの仮想通貨ヘッジファンドを立ち上げました。ノボグラッツは「ブロックチェーンと、仮想通貨を支えるコンピュータープログラムは、金融を作り変える。インターネットがコミュニケーションを作り変えたように」と信じていました。

ノボグラッツ氏の投資理論は、ウィンくるボス兄弟とよく似ていました。彼は、短期売買をする一方で、ブロックチェーンの潜在力に基づいた彼個人のファンダメンタルズに対する分析を行い、長期ポジションも取りました。彼は他にも仮想通貨に関係したベンチャーに投資していますが、彼自身の投資ファンドを立ち上げたとき、ブロックチェーン技術に対する強い確信を持っており、それは今後も多くの産業に多大な影響を与えると信じています。

バリー・シルバート

2014年12月、連邦保安局がSilk Roadから5万ビットコインを差し押さえた後で、Barry Silbert(バリー・シルバート)は2千ビットコインを単価350ドルで購入しました。数年後、これらのコインは数百万ドルの資産に変化しました。

バリーは、仮想通貨投資会社のDigital Currency Group (デジタルカレンシーグループ、DCG)の設立者であり、CEOです。
彼はまた、イーサリウムクラシックを非常に早い時期に購入し、巨額の富を得ています。 彼は、CoinDeskを含む75以上のビットコインに関連した会社に投資しています。DCGの創設者として、ビットコインとブロックチェーンに関連した企業をサポートしており、また世界規模の金融システムの発展を促しています。

“取引所を通じた直接売買

ステップ1:高評価の取引所へ登録する

投資を始めるために、ビットコインや他の仮想通貨が買える、評価の高い取引所へ登録する必要があります。バイナンス(Binance)は、このレッスンの教材として適した取引所です。 最高の取引所ではないかもしれませんが、バイナンスは2018年現在は世界大の取引所であり、とても充実したサポートセンターによる、サポートを提供しています。

覚えておかなければならないことは、ほとんどのアルトコインを買うためには、フィアットで仮想通貨が買える特定の取引所、たとえばコインベースやクラーケンのような、を利用する必要があります。 あなたが利用している取引所が扱っていないアルトコインを買いたい場合は、BTCやETHをバイナンスのような大きな取引所へ転送し、そこで目当てのアルトコインを最も最適なペアで購入することになります(BTCかETHとのペアが最も一般的です)。

ベーシックコースで説明したように、ビットコインや他の仮想通貨を買うときには、コインを安全に保管できるウォレットを用意すべきです。 コインを長期間取引所に預けておくことは推奨できません、ハッキングや他のトラブルのリスクが非常に高いからです。

“取引所を通じた直接売買

ステップ2: 投資戦略の決定

投資には異なる方法があります。 自分が利用できて、自分の能力に合った戦略を見つける必要があります。

仮想通貨の価値は、計算式で求めることも、教科書の中に見つけることもできません。 例えばもし、全ての人が、株式、債券、あるいは他の金融商品の正しい価値を計算式から求めることが出来るなら、市場における価格は決して動かないでしょう。買手と売手は、その金融商品の価格を正確に知っているので、その価格以外のどんな価格でも売り買いする必要がなくなります。

投資家は、自分自身の価値基準を持ち、市場の動向と傾向から優位性を見つけ出し、それらを総合して利益が出ると信じられる価格水準を柔軟に変更していく必要があります。 ときには、一般的な市場と正反対のポジションを取ることもあるでしょう。 あるいは、他の大多数の市場参加者と同じ考えで取引するでしょう。 投資家は、基本的に1つか2つのグループに分けることができます。 コントラリアンは、群衆とは逆方向へ向かい、流れに逆らって泳ぎます。 モメンタム投資家は、全員で同じ波に乗ることで安心感を覚えます。 他者と異なる、ということは良いことかもしれないし、悪いことかもしれません。しかし、いつでも他の大勢に同調して行動すれば良いと考えてはいけません。


“考慮すべきこと

ビットコイン先物

可能性のある投資方法としてのビットコインの先物市場について、言及しておく必要があるでしょう。 2017年が終わるころ、ビットコインは誰もが知っている2つの先物市場でビットコインが扱われるようになりました。 シカゴオプション取引所(CBOE)と、シカゴマーカンタイル取引所(CME)です。

先物取引の説明によると、「先物取引は、市場流動性、価格の安定性、そしてビットコイン取引の送金速度の遅さに悩まされることなく、通常の市場でのビットコイン取引を可能するので、投資家に取って魅力的である。」とのことです。

リスクを嫌う投資家にとって、これ仮想通貨投資に安全に参加できる手法を提供します。 先物市場は、未来の指定した日に指定した価格でBTCに基づく資産を売買できます。 先物の投資家は、実際にはビットコインを保有しているわけではないですが、特定の将来の売買契約として、一定期間後の指定価格で取引を可能にしています。

“考慮すべきこと
§2

よくある失敗

新規仮想通貨投資家が回避しなければならない一般的な落とし穴に言及せずに、このレッスンを終えることはできません。

注意すべきことは、
1. 不適切なデューデリジェンスにより、詐欺に遭うこと。
2. 一人の、自称仮想通貨アドバイザー、自称専門家などに依存しないこと。 トレードをしたいならば、自分でチャートを読んで理解しなければならない。
3. 貪欲になりすぎないこと。 必要以上に利益を求めないこと。 20%の利益で十分だと考え、100%になるのを待たない。 さもなくば最後に全てを失うだけだ。
4. 投資戦略や出口戦略を持たない投資はしない。
5. 自身の投資計画や戦略に固執しすぎない。
6. 判断を感情にゆだねることは、失敗の元である。
7. リスクを取り過ぎず、投資できる範囲で投資すること。

最後に、ウォールストリートの経験則を引用しましょう。
「雄牛も熊も金を稼ぐが、豚は屠殺される」
雄牛(ブル、強気の投資スタイルの事)、熊(ベア、慎重な投資スタイルの事)のどちらでも利益をあげられるが、豚のように貪欲になりすぎるとすべてを失う。貪欲になりすぎるな。という格言です。

仮想通貨の投資では、リスクは強調しすぎることはありません。 短期間で大きな利益を得らえる潜在力は、リスクなしでは成立しません。 世界の金融市場に参加する膨大な数の投資家は、このマーケットに厳しい視線を向けており、健全な市場の総合的な利益の為に、仮想通貨に適切な規制を設けることを政府や当局に期待しています。 世界中の伝統的な金融機関や機関投資家から強い興味を持ってもらえることで、もっと多くの人が参加する健全な市場になってくれるために。
暗号通貨に投資する最適な方法は何ですか?避けるべき落とし穴はどこにあますか?
UBAIのフルレッスンをお読になって、成功したICOおよびSTOを一例として学びましょう!
https://bit.ly/2TAwioY

2019年にSTO・ICOキャンペーンを開始する方法、UBAIでのオンライン教育について詳しく知りたい方は、Instagram、Facebook、LinkedInまでご遠慮なくお問い合わせください。

Facebook
LinkedIn
Instagram