ICOのトークンエコノミクスとトークンマトリックス

in #icolast year

50489399_2240387525991903_6468886055390019584_n.jpg

こんにちは! Platinum社のデザイナー、Victoria Mikhalkinaです。Platinum という会社は、まるで大きな家族のようで、ブロックチェーン技術を推進し、広告やICOやSTOの宣伝についての知識を共有したいと考えている暗号愛好家の集まりです。160人以上の従業員は、2019年にあなたのICO・STOキャンペーンを実施するにはお手伝いできます。 弊社が提供するサービスのリストが以下のリンク先でご覧ください。Platinum.fund そして、弊社の教育プロジェクトであるUBAIは、ICOやSTOのプロモーションに関する実践的な知識を提供するだけでなく、卒業生に仕事を探すのにお手伝いする世界初のオンライン教育機関です。 今、ICOにおける様々な経済モデルの専門性についてよりよく理解することができます。

トークンエコノミクスとトークンマトリックス
概要

一般的な経済学がとても難解であるならば、トークンエコノミクスとトークンマトリックスは一体どれほど難しいのでしょうか? 残念なことに、それはとてもかなり難しいと言って差し支えないでしょう。 とりわけ、それぞれの仮想通貨とそのプロジェクトがどのようにデザインされたかについて、まさに最初から学び始めなければならないからです。

資産としての仮想通貨に関連する全ての視点から、つまり、報酬、供給、インフレーションルール、完成度、などについて可能な限り熟考され、検証されなければなりません。 トークンマトリクスでは、プログラムされた一連のルールの相互作用についても考慮されなければなりません。 ここで言うルールとは、ブロックチェーン上で実行されるプログラムのことです。 これらのルールは、ネットワークに参加している人間の相互交流のあり方にも影響します。

一部の人は、トークン エコノミクスのことをトークノミクスと言いますし、また他の人はコイン エコノミクスやトークン マトリックスとも言います、しかしなんと呼ばれるかにかかわらず、ICOが議論されるときには必ず聞かれる用語です。

これは、実際の経済モデルを扱うことです。 新しい仮想通貨が創られたときには、新しいエコノミクスのモデルを扱うことになります。 いくつかの新しいモデルは、過去の機能優先型モデルとは異なります、何故ならそれらは資金調達の目的のためだけに創られたからです。 これらのモデルは、プラットフォーム上で利用されるときには、安定性やインセンティブの面からはいかなる役割も果たさないため、これらに投資した投資家にとっては大きな困難をもたらすでしょう。 プロジェクトがICOの段階に到達するやいなや、ブロックチェーンモデルの基礎部分を変更することはもはや出来なくなります。 これらのトークンは資金調達のためだけに用いられ、その後は全く役立たずになります。

“ブロックチェーン関連業界においては、「Security (証券)」という言葉と、この言葉に関連する全ての事柄は、新しいものではありません。 ブロックチェーンが生まれたときから、資産の所有権をどう扱うかと、資産をどのように他者へ移転させるかという問題については、商業利用を考える上での二大課題でした。

実際、ブロックチェーンはこれらの課題に対して、他のどのような伝統的な機関よりも優れた成果を出しました。 しかし、ブロックチェーン業界全体として 成し遂げられていない唯一の要素は、「通常の」証券に関連した常識を変える提案を実行する為の、法律面からの理解を得る事です。 それは、こう言い換えることが出来ます、トークンとは実際何であるのかという認識について、法的な位置づけが未だに得られていないということと、全ての新しい技術は、伝統的な証券関連の法律に関するいくつかの分野に対して単純に従うことが出来ない、ということです。

もし、法規制が、時代の変化と技術の発展に対して適切に対応できないのならば、トークン化社会のあるいはブロックチェーンベースの証券は、既に存在するシステムはほぼ同じ物として法律的には取り扱われることになるかもしれません。 このような事になれば、その社会全体にとって、技術発展機会の甚だしい損失の例となることでしょう。

“仮想通貨とブロックチェーン業界は、同様の方法で、私達を取り巻く世界を大きく変化させるでしょう。 トークンエコノミクスは、我々が既に慣れ親しんだ既存のシステムの下で、急激な変化を起こしはじめています。

それについてこの後でより詳しく見ていきたいと思いますが、その前に、 ICOの背後にあるメカニズムと、そこには単純な資金調達よりももっと込み入った関係があることを見てみましょう。 仮想通貨のモデルは、新しいビジネスモデルのデザインと実行を可能とします。 これらは、企業構造のどの階層にあっても、統治の方法を抜本的に変えてしまうことができます。 トークン エコノミクスとは、特定の事業会社の枠組みの中で、仮想通貨のトークン機能に結びつけられたブロックチェーンモデルの全てです。

多くのトークンエコノミクスモデルがあり、それらは全てひとつの命題を共有しています、すなわち 「人々は常に報酬のために行動する」ということです。 報酬とは、トークンそれ自体です。 トークンは、人々を動かし、動機付けするための報酬として用いられます。 既にネットワークに参加している人々を、ネットワークやプラットフォームの保全に貢献させるよう奨励します。 これは、インセンティブの理論であり、資産を増やすことや報酬を得ることへの欲求によって動機付けられた人間の行動原理であるのです。

これまでのレッスンで、多くの情報を提供してきたことと思います。 ここまで、ICOや仮想通貨を基礎としたトークンエコノミクスのモデルの重要性と、ユーティリティや資金調達ツールとしての応用に関して、詳細な理解を得ることを試みてきました。

“トークンエコノミクスデザイン

トークンマトリックス、あるいはトークンエコノミクスの基本モデルは、それが生まれたときから構成され実行されます。基本モデルは新しい仮想通貨が発行されるよりも前に考慮されます。 新しいトークンが発行される前に、スタートアップ企業は、ブロックチェーンプラットフォーム上でそのトークンがどのような役割を果たすかを決定しなければなりません。

一見簡単そうに見えますが、これはICOプロジェクトにおいて最も難しくて戦略的困難を伴う事のひとつです。 今は少々大げさに聞こえるかもしれませんが、しかし実際、有能なチームに率いられた多くの輝かしいしいプロジェクトが、多くのモデルの中から特定の不適切なトークンエコノミクスモデルを選んだことによって、投資家とチーム自身を失望させてきた事実があります。

モデルが実際にデザインされる前に、そのモデルについての意見の一致がなされていることは必須です。 トークンはこれまで作り続けられてきましたが、そのコンセンサスアルゴリズムは何度も作り替えられてきました。

一方、Proof of Stake (PoS)のアルゴリズムは、DASHやNAVのような仮想通貨に用いられています。 このモデルでは、PoWと異なり、仮想通貨の保有者は、新しいブロックの暗号を解くために彼らのウォレットの中の仮想通貨を用います。 ブロックチェーン上のブロック暗号を解くために彼等自身のコインを用いるので、その貢献に対して新しい通貨が報酬として与えられます。 Proof of Stakeモデルは、Proof of Workモデルとは異なり、採掘者は報酬のために複雑な数学的問題を解くのではなく、それぞれの保有者が持っている資産の量を基礎としたブロックの承認権限が与えられます。

“トークンエコノミクスデザイン
§2

これは、2つのモデルの明確で大きな類似点です。 新しい、採掘可能な仮想通貨は、ネットワーク内の活溌な参加者を奨励します。 このプロセスを通じて、参加者達は、トランザクションを承認することに同意し、ネットワーク全体を保全し、ブロックチェーンを拡大します。

もし、大量のコインが創られれば、一方的なインフレーションが起こります。 供給が徐々に増加すれば、既存のコインは少しずつ価値を減じます。 これは、需要が常にあれば当然起きることです。 基本的なモデルとして、Proof of Stake とProof of Work だけを説明しましたが、インフレーションの異なる法則についても学んでみましょう。

例えば、ビットコインについて考えてみましょう。 採掘者が、ブロックを生み出すとき、その採掘者は現在は12.5単位のコインを得ます。 今から、4年あるいは5年後には、このブロック作成に対する報酬は約6.25に半減します。 また同様の年月の後、報酬は再び半減します。 これが繰り返され、ビットコインの総発行量が2千1百万に達したとき、採掘による報酬は発行されなくなります。

ICOのトークンエコノミクス
概論

イニシャル コイン オファリング(ICO)は、新しい仮想通貨プロジェクトのために資金を調達する手段です。

これは、各種のプロジェクトが資金を調達しようとするときに用いる、伝統的なIPOとも、またより難しい銀行などから資金を募るより方法とも異なります。 ICOでは、トークンは、プロジェクトに投資家が関わるために与えられます。 投資家は、プロジェクトの開始を援助するために、セールスによって提供されたトークンの一部を買うのです。


“ICOのトークンエコノミクス
§2

投資家にとって、トークンエコノミクスはどのように自身の役に立つか?

簡単に言うと、トークンエコノミクスとトークンマトリクスは、ICO後にトークンの価値が上昇するかどうかを投資家が理解するのに役立ちます。 これを分析することによって、投資家は後に、ICO時点のトークン価格を超える有利な価格で取引所においてトークンを売却することによって、利益を得ることができます。

ICOの初期においては、投資家は、チームの質だけを根拠に投資判断を行います。 必要な能力、職歴、あるいはチームメンバーは実現可能な製品を生み出せるネットワークを持っているかどうか等を含めて観察しているのです。

この段階では、トークンエコノミクスは調査すべき最初の項目です、何故ならば、チームが何を言ったか何をしたいのかを読む前に、そのプロジェクトについて投資家が知るべき全ての事を教えてくれるからです。

ご存知ですか?

2014年から2017年まで成功したICOはひとつもありません。
世界中のどのICOも10万ドル(約1千百万円)以下の調達しかできませんでした。
全てのICO合計で64億59万440USドル(約7千億円)です。

“ICOのトークンの価格

投資家の視点では、トークの価格が固定されているのか、あるいは流動的なのかは、非常に重要です。 これによって、投資家は、投資額1ビットコインあたり、あるいはフィアットあたりの受取トークン量を計算します。 もし、価格が固定されておらず、そして価格がオークション形式で決定される場合は、投資家は実際に必要と思う以上にそのICOに資金をつぎ込む決断をするかもしれません、何故ならばそのICOは定数以上の申込みが見込まれるからです。

仮想通貨投資家は、ICOに対して2つの異なる対応をします。 もし、トークン価格が固定されている場合、応募締切りまでに十分な時間の余裕があるならば、固定された数量のトークンが割り当てられます。 もし、価格が流動的である場合、オークションで競り勝つために、入札価格と数量で他の参加者と競争しなければなりません。

投資家にとっては、どちらの場合でも不利益があります。 固定されたICO価格は、ICOトークンの過小評価の原因となる可能性があります。 取引所にそのトークンが上場されたときに高額で売却することを目的とした投資家に対して、ICOかプレセールスでトークンを購入してもらうことを意図している可能性があるからです。 もし、価格が流動的ならば、トークン価格は、ICOプロセス中に過剰評価されるかもしれず、上場後に暴落する可能性があります。 これは、投資家にとって大きなダメージになり、将来そのトークンが市場で悪評を得る可能性もまたあります。


“ICOのトークンの価格
§2

いくつかのチームは、異なる仕組みの価格決定手法を計画しました。 この価格決定の仕組みにおいては、一定価格で販売されるトークンと、異なる価格帯で販売される他のトークンが一定の比率で用意され、トークンの最終購入価格は、トークンセールスの進行によって変化します。

ICOに関係する、異なる要素と、様々なメカニズムをここまで学びました。 今後行われるICOに投資しようと考えている投資家は、ここで紹介した各種手法と条件について、慎重に考慮することを強くおすすめします。

投資家の規模

各種のオークションで、あるいはトランザクションにおいて、何かを買いたいと思う人の数または規模は、モノの最終価格の決定に強い影響力を持ちます。 ICOも、この需要と供給のルールからは逃げることはできません。

もし、投資家が大勢いて、そして彼等が十分な額の資本を持っていた場合、そのICOは資金調達がより簡単になるでしょう。 何故ならば、プロジェクトは、ICOに投資したいと望む、多くの資本の規模と投資家層を持つからです。

ICOの前にチームがハードキャップを設定したならば、投資家にとってそれは合理的であり、好材料として受け止められます。 調達額がハードキャップに届かないことは、最悪の事態です。 何故ならば、そのトークンが上場された後に投げ売りされることが確実だからです。 投資家は、自分が投資するトークンに対して、強い需要があり、且つ供給の不足があることを信じており、だからトークンの価値が上がるのだと考えるからです。

“投資家の規模
§2

もし、ハードキャップが設定されていなかったら?

特別な目標が達成できなかったときに、チームをバツの悪さから救うことができます。 同時に、低品質なICOの兆候でもあります。 ハードキャップを設けないことで、チームは彼等が調達できる資本総額の上限を取り払います。 これは、チームがプロジェクトに対していくらの資金が必要なのかを理解していないのか、あるいは単純に無償のお金を要求しているのか、それとも彼等が今後何をするのかに関係なく可能な限り多くのお金を引き出すことを貪欲に望んでいるのか、そのいずれかを示唆しています。 いくつかの、信頼できない有名なICOは過去に同じ事をしました。 それらのICOは、貪欲でも詐欺的行為でもありませんでしたが、ハードキャップのないICOは強力な警告であるということを、歴史は示しています。 ハードキャップを設定しないことは、ICOに貢献できる資金の量が決まっていないことと同じです。 これは、取引所に上場された後にそのトークンの価格を上昇させる助けとなるような、価格の緊張感を市場に作り出すことが出来ません。

ICOがハードキャップを設定したにもかかわらず、少数の巨額投資家によってトークンが買い占められてしまう結果を招く場合があります。 そしてこれは過去に実際に起こったことです。 これは、非中央集権的であることに誇りを持っているブロックチェーンネットワーク全体の理想に対して正反対の状況に他なりません。 ICOの価格決定手法にはどのような方法にも利点と欠点があり、また投資家の層に関連した属性の差についても同様です。

“マーケットサイズの判断

トップダウン方式

ほとんどのICOは、市場へトークンを上場させる可能性を提示します。 この場合、トークン価格は、トップダウンマーケットサイズを基に算出されます。 これがどのような仕組みなのか、マイケル・ジョーダン(バスケットの元選手)のスニーカー製造のためにデザインされた架空のブロックチェーンネットワークを例に出して解説しましょう。 このトークンのホワイトペーパーには、このスニーカーは一定量の需要があるという市場規模の試算が書かれています。 例えば2030年までに5千億ドルと仮定しましょう。

このホワイトペーパーの記述は、2030年までに、一定量の製品が実際に5000億ドルの価値を持つことを意味しません。 これは、現在の市場の状況とトレンドを基にした未来の一時点の総市場規模について、プロジェクトチームの誰かが予想して試算した数字に過ぎません。

この企業が提案するスニーカーのためのブロックチェーンは、市場の占有率に関する不測事態を考慮に入れなればなりません。 現在と将来までの時間の流れの中では、様々なことが起こりえます。 たとえば、新しい競合他社が市場に参入してくるかもしれませんし、ファッションテイストとトレンドに予想し得ない革命が起きるかもしれません。 また、企業は、現在市場を占有している他の有名ブランドから顧客を奪うための困難な努力を続けなければなりません。 さらに、チームは、このブロックチェーンプロジェクトに投資することは良いアイデアだと考える十分な人々と、「スニーカーのためのトークン」 を買うことは利益のある決断だと考える人々とを結びつける必要もあります。

“マーケットサイズの判断
§2

これらの試算から、市場のトータルサイズと潜在的な市場サイズとを決定することが、事業が成功するための戦略になります。 トークンの価格と、投資家が暗示するトークン価格は、市場の総資産によって決定されるのでもなく、企業が使った費用によるものでもなく、その製品が需要を作り出して市場で競争に勝てる確率によって決定されるのです。

伝統的な経済学用語では、これは「市場機会」といいます。 市場の総量に現在の製品の浸透度を掛ける事で計算できます。 例えば、このICOの現在の市場浸透度が0.15%であり、現在の試算が5000億ドルならば、市場機会の計算式は

0.15 × $500,000,000,000 = $750,000,000

となります。

この企業が2030年にこのサイズの市場規模を本当に獲得できると信じているならば、これでトークン価格(の総額)が決定されます。 そして、企業は、投資家に投資をしてもらうために、この価格よりも割り引いた価格を提示します。 投資家は、この予想が実現しない可能性に対してリスクを取るのですから、リスクに相当する割引を要求します。 これが、ICOチームが自身のトークンの価格をどのように予想するかを考えるときのプロセスです。 投資家としては、この計算式を慎重に検証し、また自分自身でも緻密な調査をしてそのチームの試算の是非を確認することが強く推奨されます。

“マーケットサイズの評価
§3

ボトムアップ

これは、市場のサイズを決定するもう一つの方法です。 提案するICOの成長性と、現在の財務数値を基礎にして計算します。 このプロセスは、トランザクションと推測から成り立ちます。 ここで言う トランザクション とは、投資家がトークンを買うことと、プロジェクトの報酬としてトークンを投資家に与えることです。

もう一度、マイケル・ジョーダンのスニーカーの例に戻りましょう。 この企業は1ダースを400ドルで売る予定だと仮定します。 投資家は、「スニーカートークン」を、売買出来る取引所で購入することを決断します。 さらに企業は、地元で毎月30ダースのスニーカーが売れると確信しています、何故なら需要がとても強いからです。

この点で、ミクロなトークンエコノミクスは、次の方法でマーケットサイズを計算できます。

商品数 × 価格 = マーケットサイズ
30 × $400 = $12,000 / 月

1年で、売上は144,000ドルになります。 時間が経つと、より多くのスニーカーが売れて、より多くの利益が得られます。 このボトムアップアプローチを使えば、この仮定に基づいた企業の潜在利益を試算できるだけでなく、企業が将来の利益に対する試算においてどの程度気を配っているかもわかります。 投資家は、トークンへの投資を判断するときには、予期しない出来事を避けるために、両方の方式の分析を徹底して行うことを強く勧めます。

“マーケットサイズの評価
§4

ほとんどのICOチームは、もし既に稼働している製品と獲得した顧客を持っているならば、簡単には帳簿を見せないでしょう。 これは、商売上の重要な機密であり、個人情報を守るためでもあります。 しかし、ほとんどのICOは、ICOを計画している時点では完成した製品を持っていないものです。 彼らが持っているのは、マーケットの計画と、潜在的な利益の例だけです。 何を成し遂げるかという企業の予測を、あなたが信用していのならば、慎重になった方が良いでしょう、彼等の提示する数値を安易に信じることはお勧めできません。 表計算ソフトに数字を打ち込んで、もっともらしい予算を立てることはとても簡単なのです。 企業価値が評価できるような、実際に目に見える製品を作り出し、事業を軌道に乗せるということは、非常に難しいことなのです。

トークン価格が上昇するかどうかは、どのように判断すればいいのでしょう?

当然、投資はリスクから決して逃れられませんので、 どのような投資判断にもリスクが付きまといます。 最もリスクの低いICOを見つけるには、確実に稼働している、または販売している製品を既に持ち、現実に基づいて計算された数値を証拠として提示しているICOを探すことです。 これならば、投資家はビジネスの基盤と、事業計画の主要な前提を確実に把握することができます。 この場合はまた、市場によって評価された企業の前提条件と目的も合わせて検証することができます。

ここからは、実在するトークンのエコノミクスに焦点を当ててみましょう。 最もリスクの少ないトークンは、低いハードキャップが設置されたトークンで、多くの投資家がいて、そのキャップを大きく超えた強い需要があるトークンです。 このような状況では、溜まった需要のおかげで価格が上昇し、ICOと取引所で売買されるトークンの双方で全てが健全に保たれると推測されます。

“主要なトークン エコノミクス モデル
著名な例

プロジェクトの成功の一助となった、過去数年間に実施された異なる構造を持つICOキャンペーンモデルがあります。
成功してよく知られている多くのキャンペーンに役立った最も有名なモデルは、巨大なボーナスの付与をせずにプレセールスでほとんどのトークンを売り切ったり、平均的な投資機関よりやや長く実施されたものです。

このモデルの原則は、重要な投資家を早めに見つけることです。 トークンを公募で売出す前に投資家の強いサポートが得られたならば、入念にHypePRを行って、市場の関心を引きつけることができます。 投資家は、強気な市場心理と、企業に対する前向きな展望によって資本を増やすことを望みます。 従って、市場の評価やトークンの認知度は重要なのです。

例えば、チームメンバーやアドバーザーが、彼等の仕事の成果としてトークンを割り当てられていたとします。 しかしこの時点では、これらのトークンの実際の価値はゼロ円です。 トークンの創造に対して、チームはほとんど費用も負担しておらず、チームのトークンに対する成果もこの時点では発生していないため、トークンは電子データに過ぎません。 トークンの価値は、実質的には、取引所への上場が確定したときに決定されます。 市場でのトークンの価値は、取引所で自由に売買する投資家達の間で、需要と供給の関係により生み出されます。 従って、投資家としては、チームメンバーやアドバイザーにどの程度の割合のトークンが割り当てられているか、そしてメンバーとアドバイザーがどの程度の価値をこのトークンから得るのかに注意を払います。 このときの投資家の判断は、取引所の上場時の価格形成に非常に大きな影響を与えます。

“主要なトークン エコノミクス モデル
著名な例

完全採掘型
ビットコインは、完全な採掘を必要とする機構を持つトークンの一例です。 開発チームがほとんどのトークンを保有するような他の仮想通貨の戦略とは異なり、ビットコインの場合は、どのようなチーム、グループ、アドバイザーに対しても事前にコインは与えられませんでした。
ビットコインの参加者は、ブロックチェーン上で新しいトークンを採掘し、トランザクションを承認するための活動によって報酬が得られます。 誰もが参加できる積極的なインセンティブがあるだけでなく、市場でのビットコインの供給量の計算を簡単にするので、この手法は非常に大きな成功を収めました。

トークンのシェア型
他によく知られている例としては、数年前に行われたリップルのICOがあります。 リップルのケースでは、数%のトークンを互いにシェする手法が用いられました。 トークンの一定のパーセンテージはチームのために保管されました、いくらかはプレセールスに参加した初期の投資家に割り当てられ、残りのパーセンテージはICO中に参加した一般人に割り当てられました。 これも大きな成功を収め、最近の全てのICOの基本的原則として取り入れられています。 多くの人々は、チームメンバーとプレセールスに参加する投資家に対する、割引率がより高い割り当てに対して関心を持つものです、しかしその手法はそれ自体が魅力的で、投資家が参加することを強く促進します。

多くのトークンを保有する手法
イーサリアムは、先に紹介した、シェア型と完全マイニング型の双方の手法を併せ持った、ハイブリッドな方法を用いました。 創設チーム(イーサリアム創設チーム)と他のメンバーは、セールで販売されたトークンの大部分を保有しました。 これは、プロジェクトの究極的な目的 (ブロックチェーン上でのDapps ) とその使命の表明によって成功しました。 その後、イーサリアムは、ビットコインに類似したマイニングシステムを突然採用して差し替えました。

“人気のICO手法

プロジェクトのトークンエコノミクスの価値を判断した後は、トークンが売買される市場の流通状態について考慮しなければなりません。 ICOは、チームの事業構造にとっての最初のテストになります。 ビジネスにとって正しいトークンエコノミクス構造を採用しているかどうかが、投資家の反応を見ることで証明され、その後の事業計画の適正性の検証にもなる良い機会なのです。

キャップドセールス(先着順)

この手法では、トークンの一定数が先着順形式で投資家と一般人に販売されます。 結果として、調達できる金額も定額になります。 通常は、トークンの一部が、プレセールス中に、チーム、アドバイザー、あるいは友人達に割り当てられます(例えばリップルのように)。

今日行われるICOにおいて、この手法は最も一般的に用いられています。 いくつかのICOでは、一般大衆へのICO販売の前の、初期参加者に対して割引やボーナスを動機付けのためにインセンティブとして与えます。 しかし最近では、ICOキャンペーンの多くは、インセンティブや割引を排除する方向にあります。

登録価格で購入した一般投資家と、短期の利益のためにフリップする事だけを望む短期的投機家を引きつける割引販売価格で購入した投資家のとの間では、大きな価格不均衡があるためです。

“人気のICO手法
§2

アンキャップドオークション

上限が設けられていないICOでは、トークンはセールス期間中ずっと投資家に販売され続けます。 トークンは最大供給量の割合に応じて販売されるのではなく、無制限に売り出されます。 投資家は何人であれ購入を望む全員が買いたいだけ買えます。 1トークン当たりの価格は最初から固定されています。 目標価格も販売上限数もありません。 内部関係者も他と同様にトークンを割り当てられます。

キャップド オークション

キャップ(上限)の名が示すとおり、個々の投資家は、価格と総投資額の両面から価格に上限が設けられています。

販売される全てのトークンは、価格が変動するようになっており、投資資金の総量がプロジェクトの規定する水準を満たす特定の価格まで、あるいは価格を超えるまで割り当てられます。 この形式は、ダッチオークションや、ブラインドオークションなどが該当します。 通常、内部関係者は、トークンの総供給量の割合に応じて、その一部を受け取ります。 このとき内部関係者に割り当てられる割合は、オークションで売られたトークンの数に強く連動します。 また、個々の投資家が買うことが出来るトークンの最大数に上限が儲けられることもあります。

“人気のICO手法
§3

リバースダッチオークション

このトークンマトリックス構造では、投資家は、彼等が支払いたいと思う価格と、彼等が購入したいと思うトークン数を基に買注文を入れます。 このタイプのICOでは、トークンは販売される数量が固定されており、トークンが売り切れてセールスが最終的に終了するまで、トークンの注文価格は継続的に下げられていきます。 最終的な調達資金額には上限は儲けられていません。 内部関係者は、供給される総トークン量の一定額が割り当てられます。

上限付き再配布形式

この手法では、投資家は、支払っても良いと思える総額を提示することで買注文を入れます。そして、固定数量のトークンが、固定価格で投資家に売られます。それぞれの投資家に売られるトークンの比率は、オークションによって集められた総資金の比率に対して、その投資家がどれほど支払ったかで計算されます。 もし、投資家が買注文の機会を逃してしまった場合は、その投資資金は投資家に返還されます。 名前が示すとおり、総数に上限が設定されトークンが販売されます。

この方式の特別な利点は、興味を持ってる人は誰でもオークションに参加でき、買注文を入れていくらかのトークンを得られることです。 しかし、もちろん、セールスに買いが殺到した場合は、それぞれの投資家に割り当てられるトークン量は自分が望んでいた比率よりも少なくなってしまうでしょう。
投資家はなぜICOトークンの構造に明確に対応しているのでしょうか。このトピックについて詳しく学ぶために、UBAIコースの全レッスンをお読みください。

https://bit.ly/2EPXCaN

UBAIコースに受講していただければ、ICOやSTOプラットフォームの理解を深め、ICOマーケティング戦略を詳しく勉強できます!
Platinumのサービスについては、Instagram、又はFacebookでご連絡ください。
Instagram
Facebook

Coin Marketplace

STEEM 0.21
TRX 0.02
BTC 9259.72
ETH 241.16
USDT 1.00
SBD 1.01