事業としての仮想通貨採掘

in #icolast year

51291814_2265597286804260_8674337944976228352_n.jpg

皆さん、初めまして! 私の名前はElena Kondrichevaです。ICO、STOおよびIEOプロジェクトの最大のリスティングサービスであるPlatinum社のファイナンスアシスタントです。2019年にICO立ち上げをお考えですか。それでは、そのプロセスの詳細を知っている弊社のサービスを使ってみてください!すでに何百ものSTOとICOキャンペーンを成功して行ってきた弊社は本当の専門家である。 どのSTOやICOでもマーケティングできます。 詳細はこちらにご覧ください。Platinum.fund 弊社の2つ目のプロジェクトは、ブロックチェーン教育に関する大規模プロジェクトであるUBAIです。UBAIの基礎コースでICOやSTOの基本情報及び実施方法を学べ、仮想通貨に関する一般的な概念をよりよく理解できるようになります。 採掘の手順、プロトコルおよび技術について詳しく理解したいと考えたことありますか。この記事をお読みになって、ブロックチェーン業界での成功への旅をを始めましょう。

採掘者の役割の復習

これまでのレッスンで、仮想通貨の出現と成長、ならびに仮想通貨関連企業と全ての国々で現在用いられている法定通貨の金融システムとの共通点と相違点を学びました。 仮想通貨の採掘も、他の伝統的なビジネスとの共通点と相違点がいくつかあります。

金融における法定通貨(フィアット)の仕組みでは、通貨はその国の中央銀行が発行します。 そして、国が必要とする最低金額よりも一般的には多めに発行されることが多いものです。 しかしながら、マネーサプライ(通貨の供給量)が増えるとインフレーションが発生し、即ち流通している通貨の価値が下がります。 新しい通貨が発行されて古い通過が暴落し無価値になるようなハイパーインフレーションをどのように阻止するかについての学術的な研究や経験に基づく調査は、これまで星の数ほどなされました。 他方、仮想通貨、例えばビットコインなどのような、はインフレーションの問題は生じません、何故なら採掘可能な発行上限がはじめから設定されているからです。

コインマーケットキャップ(CoinMarketCap)を見てみると、それぞれの仮想通貨の最大供給量、流通量、その他の特質などの様々な情報が掲載されています。

最大供給量と流通量をよく見てみましょう、最大供給量は流通よりかなり大きく設定されていることがわかるはずです。 これは、その仮想通貨を採掘させることを目的としています。 流通量は継続的に増加していき、最大供給量に徐々に近づいていきます。

“採掘者の役割についての復習
§2

最大採掘可能量2千1百万ビットコインのうち、1千7百万番目のビットコインが2018年4月26日に採掘されました。 驚くことではないと思いますが、仮想通貨採掘でもっとも人気があるのはビットコインの採掘です、しかしながら、他にも様々な採掘可能な仮想通貨があります。 同時に、最近のICOでは採掘可能な仕組みを持つトークンを避ける傾向があり、むしろ初めから制限された供給量でマーケットへ進出することを選んでいます。 多くのICOは、最初の投資家へのトークン配布時に最大供給量を提供するか、あるいは後にエンドユーザーへ配布するためにトークンの一部を保有することを選びます。

では、仮想通貨の採掘が実際に何を行っているかを詳細に見ていきましょう。

仮想通貨の採掘とは

仮想通貨の歴史はビットコインと共に始まったのではない、ということを覚えているでしょうか? 1990年代に、早期の仮想通貨と呼べる、Digicash、 R-POW、 BitGold、 B-Money などが存在しました。しかし、採掘の仕組みはビットコインが登場して有名になるまで、どのような仮想通貨にも存在しませんでした。

最初のビットコインは、2009年1月3日に採掘されました。 ビットコインが産声を上げたとき、採掘はコンピューター好きの人物が趣味として、あるいは新技術を経験してみたい技術者が興味本位で行っていただけでした。 従って、マイニングのプロセスに参加する人物は少なく、マイニングのための技術や機械(コンピューター)も今日のように洗練されたものではありませんでした。 ここで覚えておくべきことは、ビットコイン採掘において解かなければならない暗号パズルの複雑さの程度は、今日では基本的な技術になってしまい、かつてに比べて短時間で計算できるようになったことです。”
“仮想通貨採掘とは
§2

ブロックチェーン上にトランザクションがあるときはいつでも、背後にはそのトランザクションを承認している仮想通貨採掘者がいます。 これは、そのマイナーが利益を得る一つの方法です。

仮想通貨の採掘は、トランザクションデータを含むブロックに関連した、複雑な数学的暗号問題を解くマイニング競争の仕組みです。 暗号解読問題が解かれるとすぐに、その情報はブロックチェーンに参加している他の全員に告知され、解読競争に負けた全員は次の問題に移り、また計算を始めます。

マイニング(mining 採掘 )と英語で言うと、天然資源を取り出すために地球の地殻を掘り起こすことを意味しますが、仮想通貨のマイニングは全く異なります。 仮想通貨のマイナー(miner 採掘者)はショベルを使いません。 彼等は、コインの採掘のための特別なハードウェアを接続したコンピューターを用います。

ご存知でしたか?
今では、アンドロイドスマートフォンだけを使って採掘が出来る仮想通貨があることを。

そのような通貨のひとつがイーサリアムです。
(2018年5月まで、iPhoneストアに仮想通貨採掘が出来るアプリがありましたが、Apple社によって利用停止にされたようです。)

“事業モデルの技術面についての解説
§2

仮想通貨の採掘を行う人は大きく2種類に大別できます。 集団採掘を行う人と、自分自身で採掘する人です。

個人的に仮想通貨を採掘しようとする人は、採掘を始める前にいくつか考慮しなければならない点があります。 インターネット回線、電力消費、そして高額な採掘用のコンピューターです。 マイニング用のコンピューターは、一般的な個人が使用しているパソコンとは異なります。 良いマイニングマシンは、特別なGPUまたは、ASICを必要とします。 また、採掘するにはオンライン仮想通貨取引所に接続できるホットウォレットが必要です。 それ以外にも、ビットコインや仮想通貨のマイニングが合法である地域に住んでいなければなりません。 採掘者の中には、非合法にマイニングを行う者もおり、おそらくその多くは中国で起きていましたが、最近では非合法マイニングコミュニティーの多くはマイニング禁止法の適用されない外国へと移動したようです。

採掘者は、採掘設備を安全な場所に設置することも必要です。 そして最後に、マイニングのためのソフトウェアパッケージを購入します。 仮想通貨相場の非常に大きなボラティリティーの為に、仮想通貨採掘で得られる利益も大きく上下します。 この予想できないほど極端なボラティリティーは、これをビジネスとして成立させることを難しくするため、個人的採掘者よりもより大きな規模の採掘者の方が有利にします。 永遠に続く技術の進歩は、生存と競争力の確保のために巨大な資本を投下することを常に要求します。

“事業モデルの技術面についての解説
§3

仮想通貨採掘者に要求される資質の一つは、十分な自信を持っていることです、同時に全体的なシステムについての確信も必要です。 ビジネスモデルと固有のリスクは、比例して成長します。 採掘者は、ハードウェアとソフトウェアの双方について、相当量の技術的な知識が求められます。 採掘者にとっては、安定的で安価な電力環境もまた必要です。 これらの要素が欠けていると、事業としてのマイニングの運営は実現できないか、あるいは黒字化できません。

紹介しておきたい興味深い事実のひとつが、2014年から2016にかけて、まだ価格がかなり低かった時のビットコインを大量に集めた Bitfury (採掘設備を提供する企業)のオーナーです。彼は、彼の採掘事業が今日のように成長する前であるにもかかわらず、ビットコインの価値について長期のポジションを取りました。

多くの人々が、世界中の異なる国々で、個人的に、あるいは事業として仮想通貨の採掘を試みている一方で、タブー視されている大きな問題がひとつあります。 それは中国の国内事情のことであり、この国の政府が、個人的にも事業としても仮想通貨採掘を禁止しているにもかかわらず、世界最大の採掘国であるという、非常に奇妙な事情があります。

統計が示すところによると、仮想通貨の採掘者の報酬は2017年12月に千百万ドルのピークに達しました。

“事業モデルの技術面についての解説
§4

最近は、小規模の採掘者は、収益の確保あるいは労力に見合うレベルで採掘を継続することがとても困難です。 先に述べたように、仮想通貨採掘事業を継続する費用は、採掘者のリグ(rig:マイニングをするための装置の事。ノード)の費用、電気代、そして共同利用設備などに分けられます。 連結された何十台ものコンピューターの強力な計算力によって、そのマイニンググループは、グループ内の全員の利益のために暗号問題を解くチャンスが与えられます、即ちブロックを生成するための計算を最初に解いたノード(達)のみが報酬を受け取れるからです。

最近のビットコインの相場において(70万円程度)、小規模採掘者が購入することができる最も高性能なマイニングマシ( Antminer S9 という ASIC マイニングマシン)を用いた場合、1カ月間で採掘できる利益はおよそ0.03600399ビットコインです。 この相場においては、そして多くの西洋諸国における電気料金においては、個人採掘者は家庭内の設備で利益を出すのは困難です。 このような採掘者のほとんどは、装置の初期投資と、増大する電気料金と、チェーン上のブロックを解くための難易度の上昇のために、そしてまた比較的長い払い戻し期間のために、お金を失うことでしょう。

クラウドマイニング

個人的なマイニング事業を立ち上げることや、大規模マイニングへの投資以外にも、クラウドマイニングに参加するという方法もあります。 クラウドマイニングは、データセンターが提供する計算能力をシェアする方法です。

クラウドマイニングに参加するために必要なものは、コンピューター(他者と連絡を取るために使う通常のパソコン)、ビットコインのウォレット、そしてCloudHashing社のようなクラウドマイニング設備を持つ企業や集団への会員登録です。

“事業モデルの技術面についての解説
§6

3つのタイプのクラウドマイニングがあります。

ホステッド マイニング: プロバイダからリースによって提供されたマイニングマシンを用います。

リースド ハッシング パワー: 最も人気のクラウドマイニングです。 このタイプでは、ハッシュパワーをリースする方法でSQLコンピューターパワーをリースするのと同じです。

ヴャーチャル ハッシュド マイニング: マイニングのソフトウェアがインストールされた個人サーバーを用いてマイニングする方法です。

利点
・ 採掘用のハードウェアに対して、個人的な責任も保険も必要ありません。 環境の安全にも、ハードウェアのトラブルにも個人的に対応する必要がありません。 これらの問題は、非常に技術的であり、技術専門家に対応してもらう場合にはとても高額です。
・ 採掘を辞めたときに装置一式を売却する責任がありません。
・ 競争の激しいマイニングの世界にあって、採掘環境を提供する団体が常に機器のアップグレードをしてくれるので、いつも最新の装置を利用できます。

欠点
・ 提供されるコンピューターとハッシュパワーについて、不正や詐欺の高いリスクがあります。
・ 機器やその他全てのインフラに関する管理権限がなく、機器の更新や維持を管理者に一任しなければなりません。
・ 機器を購入するために個人で初期資本を投資するリスクを回避できる一方で、採掘能力をシェアしなければならないためにいくつかの潜在的な利益を諦めなければならず、また機器を保有することも、コントロールすることもできません。 仮想通貨の価格が上昇して利益も上昇したとき、プロバイダはあなたとの契約を解除して、自分たちだけで採掘を行うでしょう。
・ ハッシュパワーのプロバイダの、技術と設備投資にどの程度投資するかといった意思決定に対して、影響力は限定的です。
・ 仮想通貨価格の高いボラティリティーのために、マイニングプロバイダーは廃業する可能性もあり、そのときあなたの手元には暗号解読計算能力は全く残りません。


“最近の仮想通貨採掘に伴う主な困難

過去数年間で、仮想通貨の採掘はより一般的になり、難易度も上がったために、 対処しなければならない難題もまた増えました。 そこには、6つの主要な解決すべき問題があると言えますが、しかしそれはらはとても難しい課題であり、またマイニングに関連する業界にとっては成し遂げなければならない重要な分野です。

マイニング機器の価格高騰

99Bitcoinsによると、2018年現在、採掘に用いるハードウェアのトップ3は、Avalon6、 AntMiner S7、 AntMiner S9です。 過去数年間で、仮想通貨採掘に利用される機器は驚くほど洗練され、同時に個人採掘者をとても落胆させました。

今日の市場では、異なるグレードの採掘機器を選ぶことができ、それらは主にハッシュパワーの違いによる物です。 ハッシュパワーは、暗号計算能力の差に直結しています。 仮想通貨採掘の利益は、トランザクションを確定させる能力により得られます、そしてこれは暗号化されたトランザクションを取り扱う暗号の計算(ハッシュ)によってもたらされるものであり、最初に計算を解いた人(機械)が勝利者と認定されます。 2番目以降の人は全て敗者であり、報酬はまったく得られません、このため1垓分の1の確率を当てるために少しでも早く計算することが重要であり、暗号解読速度が遅い機械での採掘はとても不利になります。

このハッシュパワーの違いは、採掘者の唯一で最大の違いです。 彼等は、常にハードウェアをアップグレードしたり増設したりするので、事業への投資は積み重なります。 商業用のマイニングマシン1台の費用は、$3,000~$11,000(33万円~120万円)で、集団採掘ではこれを何十台も連結して採掘を行います。

“最近の仮想通貨採掘に伴う主な困難
§2

仮想通貨価格の変動

ビットコインの価格は、誰もが知っているとおり、激しく変動します。 BTCは誕生時には0.00076ドル(約8銭)でスタートし、信じられないような乱高下をいつも起こしながら、2018年6月には6,300(約70万円)ドルへと上昇しています。

仮想通貨採掘事業の継続性に影響を与えるひとつの大きな問題は、トークン価格の変動です。 マイニングマシンの価格は一定か、ほぼ一定であるにもかかわらず、トークン価格は予想できないほど変動します。
想像してみましょう。 マイナーが、ビットコイン価格が15,000ドル(約165万円)のときにビジネスを開始し、ビットコイン価格が容赦なく下落し、6,000ドル(66万円)になったとします。 マイナーの報酬と収入は激減し、一方でコストは同じままか増加します。 この結果、ほとんどの採掘者は事業規模を拡大することでハッシュ計算あたりの、あるいは1トークンあたりのコストを下げて、生き残りを模索します。

仮想通貨採掘事業と、伝統的な事業の主な違いは、マイニング業界そのものに見いだせます。 全ての採掘企業のビジネスモデルは同じです。 採掘企業は、事業継続のためのコストを常に最小化しようと試み、従って相場が高いときに利益を享受できるだけでなく、相場が崩壊したときも生き残ることができるのです。

“最近の仮想通貨採掘に伴う主な困難
§3

政府の政策

仮想通貨とブロックチェーンは、社会のほとんど全てに影響を与えるにもかかわらず、未だに比較的新しい技術であるため、世界中の政府や当局の法規制に関する主要な関心事項になっています。

ご存知の通り、全ての国々がブロックチェーン業界を支援しているわけではありません。 未だに、いくつかの国々では、この新技術が我々がいま知っている資本主義体制の根本を破壊する準備をしているかのように考えています。 驚くべき事に、中国政府は最近、仮想通貨関連事業を多くの面で無条件全面禁止にしました。 中国共産党が、「社会の安定」のためという、資本主義国家よりも共産主義国家に近い国が使うような、あまり意味があるように思えない理由を引き合いに出したことは、非常に興味深いと言えます。

競争

ほんの少し以前は、仮想通貨採掘による目が飛び出るような利益率の高さのために、多くの人々がこの業界に群がりました。 これは、最新の技術と採掘機器の発展競争の激化に直結し、またブロックチェーンの暗号解読計算競争の激化の原因でもあります。

利益は、この競争の激化によるコストの増加により、これまでずっと恐ろしい早さで減少してきています。 最も大きくて最も効率的な操業者だけが、数少ない生存者となれるのです。

“最近の仮想通貨採掘に伴う主な困難
§4

電力

ネットワーク上のハッシュレート(採掘速度の指標)はブロックチェーンの性質上公開されており、それによると採掘の81%は中国で行われていることがわかります。 これはいくつかの原因によるですが、もっとも重要な原因のひとつは、人為的に低く抑えられた固定の電気代によるものです。 中国人の仮想通貨採掘事業はその高効率と高成果によって有名です(この国では仮想通貨採掘が違法であるにもかかわらず)。 中国での採掘の先駆者達は、生産コスト低減のために、水力発電所や石炭火力発電所の文字通り「隣」に採掘設備を建設することがよく知られています。

電気代金の変動、あるいは世界的な上昇傾向によって、マイニング自体の存続の可能性について関心が高まり続けています。 そして、もし、世界で最も費用対効果が高い国での採掘事業について、当該政府が禁止する法律を通過させた場合は、この状況を悪化させます。

コミュニティーの受入れ

一般大衆による仮想通貨のさらなる受入れは仮想通貨の価格を下支えし、また仮想通貨採掘事業にとっても当然恩恵を与えます。 現在、仮想通貨は様々な負の問題を抱えています、例えば取引所の不正引出し、詐欺的なICO、世間一般からの疑いの視線などで、これらは全て仮想通貨の価格に影響を与えています。

もし、コミュニティーによる仮想通貨の支援と受け入れが最終的に増えなければ、採掘者の存在は厳しい物となるでしょう。

“有名な仮想通貨採掘企業

今でも、世界中に仮想通貨の採掘事業をビジネスとして運営している企業が多数あります。

仮想通貨採掘用のリグを組み立てる際に用いられる、ハードウェア企業の特別な機材は、AMDとNvidiaによって供給されています。 この2社は、コンピューターゲームとデザイン関連業務のための世界最高のグラフィックカードを製造する会社としてよく知られています。

PeerNova

クラウドハッシング社(サービス名:PeerNova)は、ロンドンの仮想通貨採掘会社で2013に設立され、Highbitcoinを買収し、現在では大規模なクラウドマイニングのサービスも提供しています。 この会社は、ビットコインの採掘の権利を販売しており、またビットコイン採掘では最も大きな会社のひとつです。

Bladetec

Bladetecは、比較的新しいビットコインマイニング企業であり、1千台以上のASICマイニングコンピューターを購入するために、投資家から1千万ポンド(約1億5千万円)を調達しました。 この会社は、巨大規模の商業用マイニング設備に投資する機会を最低5千ポンド(約75万円)から提供します。

この企業は、投資家がマイニングビジネスへの投資による収益を考慮するために、投資家向けの四つの異なるシナリオを詳細に記載した資料を用います。 しかも興味深いことに、この企業はクローズドエンド型のファンドであり、これはプライベートエクイティファンドとよく似た形態で、2~3年の満了期間が終了するまで投資資本を換金することができません。

“有名な仮想通貨採掘企業
§2

ビットコイン スイス AG

2013年設立のスイスに本拠地を置くこのマイニング企業は、証券仲介業、資産管理、オンライン支払い事業なども行っています。 ビットコイン スイス AGは、スイスの中部にあるツーク州にて行っている、インターネット支払いサービス事業でもっとも有名です。 この採掘企業は、「Alpereum Mine」というサービスによるイーサリアム系列コインのマイニングに主に特化しています。

ビットコイン スイス AGは2014年以来、ペーパーウォレットによるビットコインの物理的な認証サービスも提供しています。 このサービスは、紙切れを一枚相手に渡すだけで、本質的にはウォレットの所有権を相手に渡すことができ、個人的な直接取引を実現させることが出来ます。

有名な仮想通貨の集団採掘

全世界には、30以上のよく知られた採掘集団が存在するにもかかわらず、それらの約20は大手企業によって操業されています。 国ごとに全採掘者の総合暗号計算量を算出すると、中国が81%、チェコが10%、アイスランドとグルジア(ジョージア)がそれぞれ2%、ロシア1%、その他の国2%となります。

“仮想通貨採掘の未来

仮想通貨は長い道のりを短期間で歩んできました。 仮想通貨採掘の将来の成長は、採掘者の透明性と説明責任の改善、および関連当局によって適切に調整された法規制の枠組みによってもたらされるでしょう。

コインベースやitBit、クラーケンのような主要な取引所ですら、市場操作への関与や、多少の非合法な行為、あるいはその他の疑わしい行動をしているという疑いが持たれています。 悪いニュースが市場を低迷させている主な原因です。 2013年、チャーリー・シュレムは、ビットコインを資金洗浄に用いたことと、テロリズムに資金提供をしたことにより、ロス・ウルブリヒトと同様に投獄されました。 Mt.GOXは、世界最大のビットコイン取引所でしたが、トークンを盗まれて倒産しました。 その結果、1,200ドルの最高値を記録していたビットコインは下落して、100~120ドルが底値になりました。

ビットコイン採掘の未来と、現在のビジネスモデルの継続の可能性は、今日の仮想通貨世界の最も大きな論争の種のひとつです。 これまで、仮想通貨関連業界は、少なくとも不適切な行為をする者達を排除しようと努めてきており、一部は撲滅することが出来ました。 しかしこれからは、仮想通貨の採掘において、以下に記すような特性が業界全体を好ましい方向へとより変化させていくことができるのかもしれません。

“仮想通貨採掘の未来
§2

明確な法規制

多くの大規模な採掘者達は、洗練された投資家として、あるいは機関投資家として、同じ視点で未来を見通します。 彼等は、明確な法規制がその市場に制定されない限り、商業規模での資産の投資を極端に躊躇します。仮想通貨の採掘事業は言うまでもなく、仮想通貨一般について世界のどこであれ多くの不明瞭な部分があります。 投資家は明瞭であることを好みます、そして適切な保障のないリスクを好みません。最近の採掘事業による利益は、ビジネスの世界での不明確な法規制のリスクを釣り合わせるほど十分ではありません。

日本とスイスの両国は、法制度の面では、仮想通貨業界に協力的であり支持的です。 しかし、この両国もいくつかの面では未だに理想的な環境とは言えません。

中国とベネズエラは、いくつかの要素では他国に勝っていますが、法整備の面では全く期待に及びません。

商業的な規模の仮想通貨採掘は、採掘を最低限支持している国家へと移転していくでしょう。 法整備に関連する機関が、投資家対象として十分安全なビジネスであることを説明して採掘者を認めれば、採掘者は違法行為と認定されたり、あるいは突然採掘を禁止されるかもしれないという不安を持つことはないでしょう。

“仮想通貨採掘の未来
§3

電力価格

電気料金は、商業規模の仮想通貨採掘事業において、法規制への対応と人件費の他に、継続して発生する唯一最大の変動費用です。 マイニング機器を購入するための初期費用はしばしば、新たに商業規模で採掘を始めようとする場合の最大の難関となりますが、しかし安定した安価の電力供給もまた、大きな関心事項なのです。

安価な電力供給という環境は、とりわけ事業を行うのに適した法的環境が整った国という条件を付加すると、見つけるのが非常に困難になっています。 原油価格の高騰と、再生可能エネルギーへの関心の高まりは、前例のない量の電力を消費する採掘企業の採掘作業に対して、社会的な厳しい視線を浴びせています。 仮想通貨採掘者は、新しいコインを生み出すために、莫大な量の電気を消費します。 安定した安価な電力供給は、採掘業界にとって今後も生命線でありつづけます。

ハードウェアの入手可能性

仮想通貨採掘の最前線で、ASICマシンとGPUを販売している世界最大の企業は、中国の企業です。 中国政府は最近、仮想通貨に関連する活動を法律で完全に禁止しました。 従っていまは、これらの企業は海外へと移転を進めており、また収入源を多角化しようとしています。 企業の移転に伴う諸事情のために、マイニングマシンを見つけるのも購入するのも供給量の制限によって困難になりつつあるだけなく、マシンの開発競争もかつて無いほど激しくなっています。

纏めて言うと、全ての種類の採掘事業者と、全ての生産者は、可能な限り多くのマイニングマシンを手に入れようと躍起になります。 マイニングマシンがなければ誰も仮想通貨を採掘できないのですから。

採掘の現状は何ですか。採掘する意味はあるかどうかは、完全なレッスンをお読みになって。すべての答えは見つかれます。
https://bit.ly/2NNPryI

UBAIコースを卒業して、2019年の最高のセキュリティトークン、最高のブロックチェーンプラットフォームなどについて学びましょう。

詳しくはFacebookまでお問い合わせください。
[Facebook] (https://m.facebook.com/ekondriceva)