仮想通貨の価値評価

in #icolast year

photo_2019-02-27_04-58-36.jpg

こんにちは! Platinumのマーケティング部アシスタント、Artem Finkoです。弊社は、世界で一番のSTOおよびICOマーケティングエージェンシで、すでに700以上のICO・STOキャンペーンを成功させています。 弊社はICO・STOのPR、又はセキュリティトークンを機能させる方法についてすべてのコツを知っている専門家です。 以下は弊社のパートナーからのフィードバックをお読みできます。 Platinum.fund 暗号通貨経済の世界に入り込むのは最初から難しそうに見えますが、先刻承知になったら、離れられなくなる。だからこそ、私たちはUBAI大学を設立することにしました。暗号トークンの正体、ICOのマーケティング方法などは、UBAIのコースで詳しく勉強できます! 3つの主な暗号通貨の変動パターンと特徴は何ですか? それを知るためにUBAIの記事をお読みください!

主要仮想通貨
概要

仮想通貨は、価値の保存の手段として、特定のビジネスモデルのためのユーティリティートークンとして、あるいは個人と企業間の取引の手段として利用されるかもしれないデジタル資産です。仮想通貨の適切な価格設定、または分類は、近頃の金融世界では最も魅力的で扱い難い話題のひとつです。

ビットコイン(BTC)

あらゆる指標において、ビットコインは世界で最も大きな仮想通貨と言って差し支えないでしょう。ビットコインの価値は、仮想通貨の市場総額の40以上を占め、仮想通貨産業で最もよく知られている存在です。 2100万のBTCが市場に供給されて1600万が流通しています。

ビットコインは2008年12月にホワイトペーパーが発行された後、2009年1月3日に発行されました。ビットコインの発行のタイミングは世界経済の崩壊の直後であり、第一次世界大戦後の大恐慌以降に起きた最も大きな不況の時期でした。 とりわけビットコインに関しては、過去数年での瞬間的な暴騰と前例のないボラティリティーがメディアの報道で強調されて印象に残っているのではないでしょうか。”
“主要仮想通貨
概要

イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、市場の時価総額で2番目に大きなコインです。イーサリアムは Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)によって開発され、2015年から取引が開始され、かつて無いスピードで成長しました。イーサリアムのブロックチェーンは、その技術的特徴により、開発者が独自にデザインした新しいコインを簡単に創れるように設計されています。

仮想通貨のネットワークでは、イーサリアムは、「イーサ」や「ETH」と呼ばれ、マイニングによる取引の正当性の検証方法はProof of Work(PoW)を用いるようにデザインされています。イーサリアムは、2013年にヴィタリックによって提唱され、その後2014年にICOがされました。ETHは驚くべき事に800億USドルの総資産を持ち、9千7百万トークンが流通しています。

2016年には、ブロックチェーンが分岐(ハードフォーク)し、イーサリウムクラシック(ETC)として知られる新しいイーサリアムが作られました。これは、the DAO (Decentralized Autonomous Organization:非中央集権型独立組織)プロジェクトの失敗に起因します。このプロジェクトは、歴史上最も大きなICOの失敗として記憶されています。イーサリアムのネットワークはブロックチェーン上でスマートコントラクトを実行することが出来ます。

“主要仮想通貨
概要

リップル(XRP)

リップルは、国際支払手段の唯一のブロックチェーンになることを目指してスタートしました。時価総額400億USD以上を持つ3番手の仮想通貨になり(2018年2月21日)、その価格は1ドルを超えました。

リップルの最大発行量は1000億XRPであり、990億が総発行量であり、390億が流通しています。リップルは、送金のための銀行間決済に主に用いられます。送金に使われるトークンは、送金後直ちに破棄されます、従ってマイナーが報酬を受け取るProof of Work (PoW) を利用していないことを意味します。

リップルは、リップルネットワークを通じて、銀行と、仮想通貨取引や国際送金機関のような金融サービス機関を繋ぎます。XRPは、Bitfinex(ビットフィネックス), Upbit, Bittrex(ビットレックス), Binance(バイナンス), Poloniex(ポロにエックス)などの仮想通貨取引所で利用されます。リップルのウェブサイトは(www.ripple.com)、リップルプロジェクトの特徴について理解するのに最も適した場所であり、リップルチームが目指す目標を知ることの出来るサイトでもあります。

仮想通貨の市場を調査すると、共通の特徴と要因があることに気付きますが、それらは株式市場やオプション取引、あるいはデリバティブマーケットとは異なる事にも同時に気付くでしょう。”
“市場力学

仮想通貨がデジタル資産として最もシンプルであることは既に記しました。そして、このレッスンを受けている方々は既にお気づきのとおり、仮想通貨産業はいまだ黎明期です。仮想通貨産業とマーケットがいまだに未熟なために、全ての仮想通貨はボラティリティーが途方もなく高いのです。

1BTCは、初期の頃の価格は0.00076USドル(約8銭)でした。その後、急上昇して2018年初等に約19,500USD(約220万円)の最高価格(ATH)を記録しました、その後半分以下に下落して2018年9月現在は5桁ドル(100万円台)へは復帰できていません。

何がビットコインにこのような大きな変動をもたらしたのでしょうか?

最近の状況を理解するために、まずちょっとした背景を論じてみましょう。通貨の定義には、取引の手段として用いることができる機能や経済的能力が含まれます。また、通貨は必ず価値を持っています。外国為替市場では、異なる通貨同士が互いに価値を評価しあいます。 例えば、 英ポンド/米ドル、米ドル/日本円、豪ドル/米ドル、などです。仮に、1英国ポンド(GBP)が米国ドル(USD)に対して $1.16 の価格だったとしましょう。この場合は、GBPでUSDを買いたいと望む人は誰であれ、1GBPを支払えば、1.16USDと取引することが出来ます。しかし、外国為替では2つのタイプの市場が存在することを知っておかねばなりません。光のマーケット(Light Market)と、ダークマーケット(Dark Market)です。

「光の」マーケットは、重い規則が定められ、政府の許可と管理の下にあります。「闇の」マーケットでは、店頭取引(Over the Counter: OTC)が一般的で、2組あるいはそれ以上を相手にしたプライベートな取引が行われます。

“市場力学
§2

仮想通貨とブロックチェーン業界にも同様に、「光」と「闇」のマーケットがあります。伝統的な外為市場と比べて主な相違点は全ての取引所が「光」のマーケットと考えられていることです。それらのマーケットは規制や法整備は強くないにもかかわらず、全ての投資家に対して、重要な情報が公表されています。これは、どのような中央組織も持ちえない、仮想通貨の非中央集権的な特徴です。

取引所は、買手と売手が互いに1つかそれ以上の通貨を取引するために作られた場で、Coinbase (コンベース), Kraken (クラーケン), Bittrex (ビットレックス), Binance (バイナンス), Poloniex (ポロにエックス)、 Coinexchange (コインエクスチェンジ)などの大手取引所が有名です。 価格は、NYSE(ニューヨーク証券取引所)で取引される株式や債券のように、一秒ごとに変化します。売買価格は、同時間に最高値を付けた買い注文と売注文の間で決定され、同時刻に買手と売手が売買価格と売買量で合意したときのみ発生します。管理者と他の投資家は、取引所で売買された取引価格と取引量を見ることができます。

しかし、取引所で提示された価格とは異なる価格で仮想通貨を売買する人が現れる場合もあります。例えば、通貨危機が発生していた時のジンバブエでは、市民はビットコインを取引所が提示する市場価格よりも高い価格で買い求めようとしたと報じられています。仮想通貨に投資しようとする人は、このような仮想通貨のチャートや市場力学について心にとどめておくべきです。

“分類の定義

ここまで繰り返し学んだように、仮想通貨と法定通貨にはいくつかの類似点があり、その点についてもう少し話をしましょう。フィアットのシステムは他の通貨に対して価格が決定され、外国為替市場で取引されます。仮想通貨は仮想通貨取引所で取引され、価格は他と同様に比較されます。典型的な例は、BTC/ETHであり、投資家が一方で他方を買ったり交換したりする際のレートが提示されています。

ビットコインが、金融資産に分類されるべきか、あるいはユーティリティー トークンと呼ばれるべきかについて会計上または法的側面から激しい議論がなされています。一部の評論家は、ビットコインは価値の保存の機能を持っており、通貨よりもむしろ金のようであると考え、他方、BTCはe-goldのようにデジタル資産に分類することを好む人もいます。そして、また別の人々はBTCは証券であし、アップル社の株式と同様であると主張します。

いま、ビットコインの定義について三つの学閥を挙げましたが、金融の専門家や法規制の関係者による最も有力な意見は「デジタル資産」説です。次に優勢なのが「証券」説です。そして、三番目が いわゆるコモディティ商品説です。分類の問題は色々とあり、資産の分類が異なると取扱い方も異なり、価値の見え方も変わってきます。

“マーケットへのニュースとゴシップの影響
主要な影響力

仮想通貨の市場は、伝統的な市場と同様に、ビジネスや金融関連のニュースに影響されます。関連ニュースの記事で仮想通貨の相場が動いたいくつかの注目すべき例があります。次のセクションでは、それらについてもっと詳細に見ていきましょう。
最初に、仮想通貨の価格に一般的な影響を与える、主要な影響力をもつ話題があります。これらの様々な要素は、時間、プロジェクトの初期価格設定、取引所への上場、プロジェクト開発の進捗、プロジェクトの特徴、開発メンバー、コミュニティの浸透度、実用性、そして政府や当局の意見などに大きく分類することが出来ます。

伝統的市場のプレーヤー達がよく言うことわざがあります。
「噂で買って、ニュースで売れ」

このことわざが示す教訓は「正しい」と言えます。ニュースを構成する前述の全ての要素は、仮想通貨の価値に影響を及ぼします、しかしそれはシンプルではありません。多くの人が、とあるニュースを目にするときには、それは既に遅すぎます。そのニュースがただの噂ならば、買った方が良いかもしれません。ニュースがヘッドラインに表れたのを見たときには、賢い投資家は早い段階で利益を得て売り払った後であり、よく事情を知らない投資家が遅れて買うのです。

“マーケットへのニュースとゴシップの影響
主な影響

時間

時間は、市場で多くのコイン価格形成の特徴に影響を与えます。巨大コイン、例えばBTCやETHは、証券やコモディティ商品よりも頻繁に取引されます。ICOトークンは、初期段階の証券によく似た取引のされ方をします。時間は浄化装置であり分析機器です。時間が経過すればするほど、より多くの取引がなされ、トークンあるいは仮想通貨の真の価値が明らかになります。十分な支援のない、あるいは過剰評価されていたトークンは売られ、一方で過小評価されていたトークンは買われて価格が上がります。

これが、自由市場の機能です。価格は、ファンダメンタルズだけに依存して変動するのではありません。マーケットの思惑と投資家の見解は、市場の推移を理解し予想するために考慮すべき不可欠の要素なのです。

プロジェクトの価値

全ての仮想通貨は、事業の運営を開始するためにホワイトペーパーを用意して発行します。ホワイトペーパーは、プロジェクトの価値を支える基盤となるビジネスモデル、戦略、財政基盤を含みます。

例えば、Cardano (ADA) の評価は、そのコインはイーサリアムの最も有力な競争相手であることを暗示しています。 ADAの制作者は、イーサリアム開発チームのトップメンバーの一人であり、また、ADAはイーサリアムと同様にスマートコントラクトを実行することができます。過去には、ADAの価格は、基板となる技術と戦略的な位置付けがよく似ているという理由でETHに明確に連動していました。

“マーケットへのニュースとゴシップの影響
主な影響

取引所への上場

取引所は仮想通貨が最も取引される場所ですので、取引所へのコインの上場、あるいは上場廃止は、価格に非常に大きく影響します。
仮想通貨プロジェクトは、それぞれの取引所へ上場するための一連の特別な手続きに従う必要があります。コインを取り扱う取引所が増えれば増えるほど、そのコインのプロジェクトの信頼が確立され、またプロジェクトの露出がより増えるため、仮想通貨投資家はより多くの取引所へコインが上場されることを望みます。上場される取引所が大きければ大きいほど、上場されたとき、あるいは上場廃止になった時の価格への影響も大きくなります。

プロジェクトの開発

トークンあるいは仮想通貨が特定の業種や業界内でのその規模を成長させるにつれて、開発のロードマップや開発計画は、価格に影響を与える重要な要素となります。ハードフォークやWegWitなどのイベントは、注目を集める重要な開発工程です。すべての仮想通貨プロジェクトは、投資家や世間一般に向けたニュースの配布のためのPR機能を持ちます。
Coinmarketcap(コインマーケットキャップ)は、そのような情報を受け取るためには優れたサイトです。最新ニュース、Gryptotalk.orgフォーラムの投稿、ニュースリポートなどを得る事ができます。CoinMarketCalendarもまた仮想通貨関連イベントを確認するのに役立つサイトです。

“ーケットへのニュースとゴシップの影響
主な影響

プロジェクトの特徴

価値を高めるために役立つお金の最も重要な資質は「不足」です。同様に、トークンの総発行量はその欠乏を明確にし、価値に影響し、トークンの価格を大きく左右します。何十億ものコインを発行しているプロジェクトがいくつかあります。Digibyte(DGB)のようなコインは、1-1000サトシの間で変動し、それ以上になったことはありません。

コミュニティの浸透度

仮想通貨の価格は、多くの部分が市場の心理によって決定され、トークンが一定の価値があると投資家に信じられていることによって支えられています。仮想通貨プロジェクトは、仮想通貨投資家のコミュニティ内でよい評価を得て維持することを確実にするために、相当の努力と時間を使うことを必要とされます。

投資家は、マーケットにおいてトークンの究極的な運命と価格を決定します。デジタル資産、仮想通貨、あるいはトークンが伝統的な資産、たとえばアップル社の株式などとは異なることを思い出してください。なぜなら、仮想通貨はキャッシュフローや、価格の適正性を計算する資産に裏付けられているわけではないからです。仮想通貨の市場価値は、現在の価格よりも価値が高いと信じて買う投資家の信頼が全てです。

“マーケットへのニュースとゴシップの影響
主な影響#4

チームメンバー
チームに参加している人々は、それぞれ独自の性格、適性、そして人生を持っています。理想的には、彼らはそれぞれ高い評価を得て、プロジェクトに貢献するでしょう。素晴らしいプロフィールを持ち、高く評価されたメンバーがプロジェクトに参加すること、トークン価格に良い影響をもたらします。もし、チームに高い評価を得ている、またはビジネスで成功した経歴のある人物が参加していることを知れば、投資家はプロジェクトに対して安心と確信を感じることでしょう。

ロジャー・バー(Roger Ver)は、顕著な例です。彼はビットコインの初期の賛同者で、ビットコインのブロックチェーンがハードフォークしてビットコインキャッシュが誕生したときの中心人物の一人でした。ロジャー・バーのような重要人物の参加とサポートがあったために、ビットコインキャッシュは強い注目を集め、高い評価を得る事が出来たといっても過言ではないでしょう。

ウィルス対策ソフトで有名なMcAffee(マカフィー)のジョン・マカフィー(John McAfee)も、市場に影響を与える力を持つ人物です。2017年の年末にかけて、いくつかの特定の仮想通貨に対してキャンペーンを開始しました。彼は、市場に対して大がかりなHypePRを起こし、VergeはBittrexで1200 サトシまで急上昇しました。彼は同じ手法を他のコインにも仕掛け、取引所に上場されているコインにダンピングして合法的に大きな利益を得て、それに対して人々が非難をし始めるまで、繰り返し行いました。

“マーケットへのニュースとゴシップの影響
主な影響#5

政府の意向
もちろん、仮想通貨エコシステム全体と、全ての仮想通貨は、新しいイノベーションを含んでいます。ほとんどの国の法整備に関連する人たちは、包括的な法整備を行うため、ただし技術のイノベーションや進歩を破壊するためでも、不必要に遅らせるためでもなく、適切なマーケットを育成するための試みをいまだに続けています。たとえば、中国政府が、金融の安定性も、社会の動揺も無視して仮想通貨を弾圧したときには、全ての仮想通貨の価格はかつてないほど暴落しました。国民が、中国政府は市場から中国人投資家と採掘者を退場させるのではないかと心配したからです。

仮想通貨は、中央の権力により規制されておらず、コントロールもされていないと言えるでしょう。しかし、仮想通貨に投資したり、市場に参加している個々人は、政府や当局によって制定された全ての種類の法律と規制の影響を直接的にも間接的にも受けています。投資家は、仮想通貨に関連したニュース、や、突然のあるいは極端な投資家心理の変化に翻弄されないように、常に関心を持ち続ける必要があります。

“ビットコイン
相場の詳細な歴史

仮想通貨は、ビットコインのイノベーションと発表と供に、世界中の人々の関心を引きました。仮想通貨の研究は1990年代までさかのぼります。Cypherpunkのグループが今日の多くの仮想通貨の基礎となっている、特別なアイデア、原理、基礎技術を提供しました。

もし、あなたがBitcoinとはなにかという根本的な問題を理解したいのならば、ビットコインがどこから来たのかを知ることが役に立つでしょう。HASHCASHを作ったAdam Back、Bit Gold を造ったNick Szabo、Digicash のDavid Chaum、B moneyの Wei Dai、RPOWの Hal Finney、彼らのプロジェクトは暗号化通貨を徐々に光の当たる場所へと導きました。そして、少し遅れてビットコインが暗号化通貨の仲間入りをし、今日の仮想通貨産業の代表になりました。

2009年1月に発行された直後、1ビットコインの価格は0.00076USドルでした(8銭程度)、そして最初のビットコインのトランザクションは、サトシ・ナカモトとHal Finneyの間で発生しました。2010年2月6日にDWDOLLARと呼ばれる最初のビットコインの取引所がオープンし、そのときの価格は0.001ドルでした(11銭程度)。

2010年3月22日とても有名な出来事が起こりました。ある男性が、1万ビットコイン(当時25ドル相当)でピザ2枚を買いました。これが、記念すべきBTが最初に現実世界で利用された取引の例となりました。その7か月後にはビットコイン価格は32倍上昇し、0.08ドルで年末を迎えることとなります。聞くまでもないことですが、今日もらえるなら、ピザとビットコイン、どちらが欲しいでしょうか?

“ビットコイン
相場の詳細な歴史§2

The Silk RoadはRoss Ulbrichtによって設立され、2011年1月1日にオープンし、オープン当時の価格は1ビットコイン0.32USドルでした。11年3月6日、Jeb McCallebはMt.GoxをMark Karpelesへ売却しました。この時のビットコイン価格は0.88ドルです。4月23日までに、BTCとユーロのペアのレートは1ビットコインが1ユーロの値を付けます。

翌日の4月24日に、Erik VoorheesがSATOSHIDICEを開始したとき、1ビットコインは1.63USDになり、同年6月までにビットコイン価格は10ドルまで急上昇します。

2013年2月に、1ビットコインは30.26ドルでしたが、上昇を続けて13年3月28日は86.18ドルになります。ビットコインの市場の時価総額は10億USDを記録しました。Erik VoorheesはSATOSHIDICEを11万5千USDで売却しました(約12億7千万円)。

双子のWinklevoss兄弟は、ビットコインが120ドルのときに、BitInstant 150万ドルを投資しました。2013年8月、テキサス州の司法がビットコインを通貨であると規定し、ブルームバーグが金融商品の一覧に「BTC」を加えた直後から、価格は急上昇をはじめ13年12月に約1,200ドル(約13万円)に到達します。

Mt.Goxの2014年の悪名高いハッキング事件は、ビットコインのコミュニティに激震をもたらした大きな事件のひとつです。しかし、2017年12月まで数年間、引き続きビットコインは上昇を続け、ついに最高値の約1万9千5百ドル(約220万円)に到達します。
BTC取引はその年の年末まで、劇的な価格の上昇を示します。これが、BTCの価格変動の研究でテクニカル分析をする上で最も重要なトレンドのパターンです。

“ビットコイン
主要な価格変動

ここで、BTCの価格に影響を及ぼす特別な要素と、その背景にあるボラティリティーや取引量について考えてみましょう。

テクニカル分析では、BTCトレードの最初の数年間は、「エキサイトステージ」と呼ばれます。ビットコインと、ブロックチェーンは、金融と技術の双方にブレークスルーを起こした驚異的なイノベーションであり、その価格は人々が望むだけ上昇し続けることができ、天井知らずでした。信者にとっては、ビットコインとブロックチェーンの潜在能力はほぼ無限だったのです。

しかしながら、上記のチャートで見られた、価格を押し下げるいくつかの大きな問題が存在しました。チャーリー・シュレム(Charlie Shrem: BitInstantのCEOで共同設立者)はマネーロンダリングの容疑がかけられました。シルクロード(Silk Road) はビットコインを用いた売買が可能な便利なオンラインマーケットウェブサイトでしたが、不法な取引の手段として人々が麻薬やその他の違法品を買うことが出来たサイトでもあり、様々な社会的議論を呼びました。そして、2014年に、当時世界最大の取引所であり、取引量の70%を占めていたMt.Goxの破産と法廷論争に発展したBTCの不正引出し事件が起こりました。

2017年の爆発的なブル・ランと、その後の暴落は、2018年の前半に前代未聞のボラティリティーを示しました。自分を取り巻く状況を理解するよりも早く相場は変動し、幸運によって大金を得、またそれによって失い、多くの人々が翻弄されました。人々は2017年末には20,000ドルを1ビットコインに支払い、2018年にはたった3分の1で売却しました。

“ビットコイン
マーケット全体への影響

ビットコインは市場の現在価値が最も高い仮想通貨であり、主要な取引所で最も活溌に取引されているコインです。実際、ほとんどの取引所ではビットコイン以外の仮想通貨も、Satoshiで価値を計算しています。

多くのテクニカルのアナリストは、ビットコインがいつブル・ランするかに言及していますが、市場には多くのマイナス要素があります。

システムの外側から、そして他の仮想通貨からビットコインへ資金を移す事による、ビットコインのパンプが起こった結果です。

しかし、ビットコイン価格の動向に有効的に連動するいくつかの仮想通貨もあります。 市場総額でトップ5からトップ10にランクされるような、他の主要仮想通貨はビットコイン価格が上がったときは同時に上がり、逆もまた同様です。ビットコイン価格が下落すると、他の主要通貨はそれ以上の下落をします。

行動予想の観点から見ると、いくつかの検討すべき重要な理由があります。仮想通貨市場に流れ込むお金の大部分は、一般投資家と洗練されたプロの投資家のどちらかを問わず、ビットコインとイーサリアムと、リップルで構成されています。 これらのコインの価格が高く評価されているときは、市場を非常に上昇させる効果をもたらします。全ての仮想通貨の投資家も同様です。彼等の投資が上がったとき、下がったとき、彼等は同じ感情、同じ欲望、同じ恐怖に悩まされます。彼等は、熱狂的になり、鬱にもなります。

“ビットコイン
主な歴史

ここでは、ビットコインの歴史における4つの主要な時代に焦点を当てましょう。

仮想通貨取引所 Mt.Goxの倒産

取引所の運営から得られる利益を目当てに、Mark Karpeles(マーク・カルプレス)はMt.Gox(マウント・ゴックス)の経営権を買いました。彼は、仮想通貨関連の技術について経験がなく、セキュリティーを確実にするために必要なお金を投資することについて興味を持ちませんでした。最後の不正な引出しが起きる前にも、3件の同様な、しかし少額の不正アクセスが起きていました。最後の不正引出しが起き、数千の人々は「ビットコインがもはやそこには存在しない」ことに突然気付きました。この出来事は、全ての仮想通貨コミュニティとブロックチェーンのエコシステムに信じられないほどのパニックを引き起こしました。

ビットコイン価格は直ちに1,200ドルから120ドルまで暴落しました。まるで、銀行が倒産したかのように。考えられない出来事でしたが、実際に怒ったことです。投資家の心理には、致命的な一撃でした。ニュースのヘッドラインは「仮想通貨は安全ではない」「セキュリティーが存在しない」そして「ビットコインは危険だ」という見出しで埋め尽くされました。

www.ubai.coでもっと見る!


“ビットコイン
主な歴史

チャーリー・シュレムの詐欺

Charlie Shrem(チャーリー・シュレム)はビットコイン財団の副理事であり、BitInstantのCEO兼共同設立者でした。シュレムの取引所は、買手と売手のマッチングのみをサポートしていましたが、彼はどうやら投資家へのBTCの販売も行っていたようです。徹底した調査の結果、彼は様々な不正行為の中心人物であったことが明るみに出ました。彼は、The Silk Roadで非合法な闇市場の運営に関わっていました。FBIにThe Silk Roadが閉鎖されたとき、関係者は逮捕され起訴されましたが、それ以上に仮想通貨市場のイメージに大きな被害を与えました。

一応はビットコイン財団という素晴らしい団体の副理事を務めていたこの囚人のおかげで、不法取引のためにどのようにビットコインと仮想通貨が用いられたか、という数多くの話が飛び交いました。この類の話は、仮想通貨のイメージと価値を害し、市場に参加しようとしていた潜在的な多くの投資家に投資を躊躇させました。この初期のネガティブなイメージは、世間一般の仮想通貨の受入れを遅らせ、BTCと他の仮想通貨の価格を抑制しました。

続きはwww.ubai.coでご覧ください!”
“ビットコイン
主な歴史

SegWit の適用

これは少々技術的な問題ですが、あるひとつの開発工程がBTCの価格変動に大きな影響を与え、また他の仮想通貨にも同様に影響しました。2017年の年末に向けて、ビットコインのブロックチェーンでSegWitの適用に対する激しい批判もありました。
SegWitは Segregated Witnessの略であり、オリジナルのブロックチェーンに影響を与えたブロックチェーンの改定であり、またビットコインのハードフォークの原因になりました。

後ほど、Bitcoin Cash、Bitcoin Goldなどのいくつかのハードフォークに言及しますが、SegWitのフォークが起きたとき、開発チームの一部の中心人物達は、それがあまりに早く進行したことでコミュニティを混乱に陥れた結果になったために、批判的でした。 特にビットコインのマイニングをしていた人達は、修正されたブロックチェーンに適応するようマイニングプログラムを変更する必要があるにもかかわらず、そのための十分な時間が与えられなかったために大いに落胆しました。 このような理由により、メインチェーンで起こったこのフォークは、BTC価格に暴落を起こしました。 このような技術的な問題は、投資家にリスクをもたらし続けるでしょうし、急激な価格の上下を引き起こし、ボラティリティーをより高める燃料になり得ます。

The Silk Rad (シルクロード)

The Silk Road(ザ・シルクロード)は、ロス・ウルブリヒト(Ross Ulbrict)によって設立され、 2011年から2013年まで運営されていました。Silk Roadが世界に向けてオープンしたときは、eBay(イーベイ)のような、違法な商品サービスを仮想通貨で売買できる、匿名のオンラインマーケットでした。

面白いことに、シルクロードで、麻薬、拳銃、暗殺、その他のありとあらゆる売買を行っていた中心人物がFBIに起訴されたとき、この短期間でシルクロードは10億USD(110億円)近くの売上を作っていました。当時、このニュースは世界で最も大きな話題のひとつでした。

“価格形成の例

ここまでで私達は、ビットコインの黎明期から始まり、2万ドルを少し下回る水準で取引されていた2017年後半のブル・ランの劇的なピークの出現までの、一連の一般的な歴史を学びました。

この空前絶後の価値の急騰は、世界を震撼させたと言っても過言ではないでしょう。ここからは、ビットコイン投資の全歴史の概要と、全てのストーリーを読みましょう。これは、巨額のお金の流入と、感情を揺さぶるニュースと、ビットコインを入手するためならいくらでも払うと思わせたFOMOによって牽引された想像も付かないようなブル・ランのストーリーです。

“価格形成の例
§2

2018年4月12日、マーケットへ膨大な量の新しい資金が流入した結果、ビットコイン価格は普通では考えられないほど突然上昇しました。しかし、最初は、多くの人々は、価格上昇の背景になにがあるのかを理解できていませんでした。重要なニュースは何もなく、個人投資家は既に興味を失っており、ビットコインは一定額まで下落しつづけるだろうと思われていました。

日が経つにつれ、投資家は徐々に何が起こったのかを理解し始めました。4月12日に、ビットコインを購入しようとする機関投資家の巨大資金が押し寄せたのだろうと確信しました。伝統的なヘッジファンド、投資銀行、あるいはベンチャーキャピタルに関連した機関投資家の資金が動いたと予想されています。 多くの仮想通貨コミュニティにとって、この日は伝統的金融世界から仮想通貨が受入れられた瞬間となりました。伝統的金融世界は、ビットコインを買うために非常に巨大な資金を投入したのです。この確認された機関投資家の資金はビットコイン価格の下落を阻止してつなぎ止める一助となりました。

“イーサリアム
詳細な歴史

仮想通貨は、金融革命を引き起こすほどの世界の変化を追求して、誕生以来何度も何度も繰り返しチャレンジを続けてきました。いくつもの仮想通貨が、異なる目的や異なる技術とともに出現しましたが、一方で、ビットコインの初期の目的を未だに志しています。

イーサリアムは、そのネットワーク上でのスマートコントラクトを特徴とする、オープンソースのブロックチェーンネットワークです。この機能は、イーサリアムの技術に基づいた、Dappsと呼ばれる非中央集権型アプリケーションを開発することを可能にしています。 イーサリアムプロジェクトは、全ての仮想通貨エコシステムのプロジェクトの中で最も持続可能なプロジェクトのひとつであることは確実です。

イーサリアムはICO時の価格が0.311ドルでスタートし、5千万トークンがICO中に販売されました。2015年8月7日、イーサリアムは流通市場 にて$2.83で取引が始まりましたが、同日中に$2.77に落ちました。

ETHの価格は、2016年1月に上昇に転じるまで、上場日以降の5ヶ月間は下落を続け、ようやく新しいATH(All – Time High 期間中最高値)である$2.97に2月8日に到達しました。上記のチャートは、1年間で2ドルから5ドルまでのレンジで推移したことを示しています。そして2017年3月12日、ETHは21.46ドルで取引され、5月20日までに100ドルを超えました。
イーサリアムはその後も下落することなく、100ドルを超えた後は2018年1月14日にATH 1,397ドルに達しています。

“イーサリアム
特筆すべき歴史

イーサリアムは、独立した仮想通貨として、価格の推移に数々の特筆すべき出来事を経験しています。このレッスンでは、BTCに比べて、ETHの詳細についてそれほど多くを語ってはいませんが、ETHの価格推移の歴史についてもきちんと学ぶ必要がある事は間違いありません。

最も有名な最近の出来事に1つは「the ramp」です。2017年8月の第2週、イーサリアムは300から400USドルまで僅か数日で一気に上昇しました。その後の数ヶ月間は、ETHは重要な技術的障壁を破ることに悩まされたため、価格上昇は一段落しました。そして、11月の終わりに向けてそれは突然はじけて、取引量の巨大な変動と、BTC価格との連動を伴って、800ドルを超えました。

最近、2018年4月1日、イーサリアムは、年初来最低価格である359.22ドルまで下落しています。(そして、これを書いている8月14日は、さらに低い価格です)

ETHは歴史的にBTCの価格と強い相関関係を維持していましたが、2018年中盤では、ビットコインとイーサリアムの価格連動性はやや弱くなっています。しかし将来、我々はBTCの下落を見ることになるかもしれませんし、しかしETHはその価格を維持するかもしれませんし、あるいはさらにどちらも暴騰するかもしれません。

“リップル
詳細な歴史

リップル(XRP)はこのレッスンで学ぶべきTop3の主要仮想通貨の3番手です。この通貨は、銀行間決済をもっと早く実行することを目的にデザインされ、2012年に発行されました。
XRPは0.005874ドルで2013年8月4日に始まり、2018年1月8日には3.36ドルまで上昇しました。 市場全体の弱気の雰囲気によって、XRPの価格は0.586198まで大幅な下落を示しています。そして2018年8月14日の今日は、さらに悪い結果になっており、0.265030ドルで取引され、市場の時価総額は10,434,885,990USDです。

主要な価格の推移

このボラティリティーの程度は、リップルに対して大きな議論を呼んでいます。何故なら、リップルは劇的な価値の下落を起こしたからです。多くの評論家が納得のいく回答を出せないままでいます。価格が不自然に上昇し、そしてダンプが起きるという減少が何度も起きています。リップルについて、多くの批判とネガティブな意見があります。ある人々は、リップルは銀行間取引システムで使われるものなので、銀行が自身の利益を守る為にリップルをハイジャックしているから、リップルは嫌われているのだ、とまで言いっています。

XRPの価格に影響する、解決の難しい他の要素は、リップルの中央集権的な体制が仮想通貨コミュニティの多くのメンバーにとって受入れにくいという問題です。 言い換えると、リップルは、仮想通貨のいくつかの基本原則を無視しているということです。仮想通貨は非中央集権的であるべきという視点が、そうではない一プルに対して、人々の疑問となっているのです。
すべての授業を受講いただければ、噂やゴシップが市場に及ぼす影響について理解を深めることができます。

UBAI.co

セキュリティトークンオッファリングのマーケティングの詳細については、Facebookまでご連絡ください!

Facebook