ICO企業のモデル概論

in #icolast year

51356235_2263337027030286_3014639194329841664_n.jpg

皆さん、こんにちは! Platinum社の人事部長Daria Barkovaです。 弊社はは、あなたのユニークなICO、STOを成功させるために、市場最高のICO・STOサービスを提供しております。そして、秘密兵器として、STOプロジェクト用の最適なブロックチェーンプラットフォームも開発しました。 弊社が提供するすべてのサービスは以下のリンク先でご覧できます。 Platinum.fund 弊社のサクセスストーリーは、ブロックチェーン・投資経済大学、UBAIというプロジェクトでスタートした。ここは、ICOやSTOのマーケティングに関する経験を共有し、ICO・STOを実施する方法を教える実践的な教育機関です。 一般的なICOモデルはいくつかありますか。各モデルの特徴、メリット・ディメリットは何ですか。 その貴重な知識を得るために、UBAI中級コース授業の概要をご覧ください。

どのような方法でトークンを売り出せば、ICOで大きな結果が得られるのか。 トークンセールスの最適な方法については多くの議論がなされています。 しかしながら、最高の方法は一つではない、というのが正解だと言えます。

最適なICOの手法は、そのICOと企業が目指すゴールによって異なります。

 調達する資金額を最大化することを望むか?
 投資家へ公平にトークンを配布したいか?
 トークンが取引所に上場されるときに、パンプとダンプが起こることを避けたいか?
 ICO後のトークンのエコシステムのために、トークンセールスによる負の効果を最小化したいか?

自分のプロジェクトに当てはめる最適なICOモデルを選ぶとき、これらの質問項目とその他の関係する多くの要素を意識しなければなりません。いくつかの異なる仮想通貨のICOとトークンセールスのモデルを検証し、それぞれのモデルがどのような特色を持っているのかを見ることにしましょう。これらのモデルは、キャップドセールスから、アンキャップドセールスモデルまで多岐にわたります。

キャップドセールスは、目標とする調達額によってさらにソフトキャップ、ハードキャップ、ハイドキャップなどに分類されます。 アンキャップドセールは売り出し数に上限が無いと解釈できるか、あるいは全く設定されていません。また、固定レート方式は、キャップドセールとアンキャップドセールの双方の調達手法に用いられます。


“キャップドセールスのモデル

もし投資家が、トークンの価格が示す評価額がその企業のネットワークに対して割安であると感じた場合、トークンを買うことに自信を持つでしょう。もしその企業がホットなICOを実行できるほど幸運に恵まれていれば、投資家たちは可能な限り沢山のトークンを手に入れようと購入競争が始めるでしょう。もちろん、投資家たちは、利益のために、手に入れたトークンを上場後に急いで売ろうとするでしょう。

このような状況は、トークンセールスに十分な投資家の興味を引き付けられない場合に比べれば恵まれたシチュエーションといえますが、もしかしたら、何らかの不利益をもたらす可能性もあります。

早くトークンを入手するために、人々はウェブページのアナウンスを待ちます。トークンセールスが開始されたとたんに、買い注文が入ります。大口投資家は、早く手に入れるために高額の送金コストを支払って他社より優先的に注文を送り、平均的な投資家が買い注文の機会を得る前に、彼らが大部分を買い占めてしまいます。

この売買の戦略は、トークンが最初に売り出されるときにしばしば用いられます。その後、大口投資家は、最初の販売ステージで締め出されてコインを買う事が出来なかった全ての人々に対して、コインを投げ売りします。 後から参入してくる投資家は、より高い額を支払います、何故なら彼らはトークを手に入れることを切望しているからです。初期に購入する事が出来た投資家は、後から参加する投資家の強い需要で価格を引き上げ、直ちに売る事ができるため、大きなアドバンテージを得る事が出来ます。 このようなシナリオは、トークンの発行企業が望んでいる結果ではありませんが、同時に嬉しい問題でもあります、何故なら企業のプロジェクトが高評価を受けている証拠だからです。

“キャップドセールのモデル
主な特徴

ソフトキャップ

上限(キャップ)が設定されていますが、その上限に購入数が届いた後も、セールスが終了するまでしばらく延長時間が設けられています。 ソフトキャップは、一般的には最低目標であり、そのチームが必要とする資金の必要最小限額です。ソフトキャップはしばしばハードキャップと組み合わせて用いられます。そのため、セールス期間が終了する前であっても、特定額のお金や仮想通貨が投資された段階でセールスは終了されます。もし、ソフトキャップに到達しない金額しかチームが集められなかった場合、投資されたお金は投資家に返還されます。

ハードキャップ

資金調達の上限額です。 この上限に達した場合はICOは直ちに打ち切られます。通常、一定の販売期間が設けられるのはソフトキャップと同様です。 ハードキャップは、そのチームが彼らのトークンを用いて募る投資額の絶対上限額です。もし、チームがハードキャップを超えて投資を受け取った場合は、超過額は投資家に直ちに返却されます。この超過額が直ちに投資家へ返還されないならば、それは大きな危険信号であり、詐欺の可能性があります。

“キャップドセールのモデル
主な特徴

ハイドキャップ (非公開上限モデル)

ハイドキャップモデル(非公開上限モデル)では、参加者はトークンの割り当てがいつ終了するのかはわかりません、何故ならば、Hidden(隠された)という言葉通り、上限が設定されはいるものの参加者にはその上限数が知らされていないからです。 ICOが実際に進行する中で、上限が開示されますが、この手法はほとんどのICOビジネスモデルでは一般的な手法ではありません。一般的には、ICOのプライベート向けプレセールス期間中に用いられることが多い手法です。チームは、詳細な情報を開示することなく、投資家の関心度を測るためにこの手法を用いているかもしれません。しかし、このモデルを公開セールス中に用いることは好まれません。投資家は、チームのビジネスに関してもっと透明性が高い方法を好み、また投資家として企業にどの程度の割合を出資することになるのかを正確に知ることを好むからです。

Assetreon エナジー

Assetreon エナジーは、キャップドICOセールスの現実世界での実例です。Assetreonエナジーは、17万USドルのソフトキャップと、33億5千万ドルのハードキャップを設定した数週間のICOを実施しました。彼らはまた、何故彼らがその額を必要とするのかについての詳細も発表しました。

説明された金額は、会計的に計算された、求人費用、インフラ整備、オフィスの賃料、開発者の給料、その他などでした。ソフト・ハードキャップが解りやすく、整理された、論理的な根拠に基づいていることは投資家にとって重要です。最低限度額の資金調達は、そのトークンが取引所に上場された後に、プロジェクトの価値を大きく増やす可能性があります。しかし、企業がすでに十分大きな額を調達していたならば、資金を2倍に増やすことは難しいかもしれません。1百万ドルを2百万ドルに増やすよりも、1億ドルを2億ドルへと増やすことの方が難しいからです。

“アンキャップドセールスのモデル

この方法は、キャップドセールスの正反対の方法です。制限枚数のないコインが、あらかじめ設定された金額で配布されます。

人々が投資すればするほど、より多くのコインが発行されます。欲しい人が誰でもコインを手に入れられる点が利点です。大口投資家に買い占められてコインが売切れる前に急いで買う必要がありません。

この方式の大きな欠点は、投資家がプロジェクトの価値を知る事ができないことです。どれくらいのトークンが売られたのかを知る事が出来ません。小口の投資家に参加機会が与えられるものの、そのような少額投資家はわずかな利益しか得られないでしょう。もし、多すぎるコインが販売されたなら、上場時には大量の売注文と、わずかな買注文により、バランスが崩れてしまいます。

固定レート投資方式

このモデルでは、投資家は固定されたレートで、フィアット(ドルや円などの法定通貨)や仮想通貨とトークンを交換できます。初期段階で参加する投資家は、より良いレートでトークンを得られます、(いつもそうであるとは限りませんが)、後に参加する投資家はしばしば割引額が少なくなったり、あるいは全く割引かれなかったりします。このモデルは、特別に設定された販売期間中に参加する投資家に適用されます。

この方式は人気があります、重要な初期投資家を引き付ける魅力があり、また投資家にとっても早期に購入することでより大きなリスクを取るとともに大きな利益を得る権利も得られるからです。


“他のICOモデル
逆競り方式

逆競り方式は、ダッチ方式、ダッチオークションとも言います。全参加者が買値を指定した後に、最も高い値段から順に売却されていきます。買い注文は高い注文価格から低い値へと順に並べられます。より高い値を付けた注文が受け付けられ、全てのトークンがなくなるまで次の低い値へと購入権が移っていきます。
そして、最後の買い注文が受け付けられた後に、発行された全てのトークンは、最後の注文の価格(最も低い価格)で取引されるようになります。

逆競り方式の実例を提示するならば、イーサリアムのセールスで用いられたものが適切でしょう。

イーサリアムのセールスは42日間行われました。セールス価格は、最初の14日間は2,000イーサリアムあたり1ビットコインでした、その後、価格は直線的に上昇し1,337イーサコインが1ビットコインの価格で終了しました。ほぼ全てのアンキャップドセールスは、「強欲」だと批判されますが、これらのセールスに対してもっと興味深い批判があるはずです。つまり、アンキャップドセールスは、投資家が買っているトークンの価格付けが非常に不透明であるということです。

イーサリアムのセールスでは、14日目に購入した人たちは価格の予想について強い関心を持っていました、何故ならこの14日目が割引が受けられる最後の日であり、かつ割引が得られると同時に価格予想が最も確実な日でもあったからです。

“他のICOモデル
リバース ダッチ オークション

これはキャップドセールスの一種ですが、買い手に提供されるトークンの量はセールスが終わるまでにどれくらいの期間が必要かで決定されます。もしセールスが最初の日に終わったなら、全トークンの内の X%のトークンが購入者に配布されます。もしセールスが二日目に終了したら、総トークン量の X+Y%が配布され、これが繰り返されます。

Gnosisのトークンセールは、リバース ダッチ オークションで実施されたICOの一例です。
125億 USドルのキャップドセールスが行われました。しかし、購入者に与えられたトークン数は、セールスがいつ終わるかに
よって決定される方式でした。もし、初日に終われば 5%のトークンだけが購入者に配布されました、そして残りはGnosisチームによって保有されることになります。もし、セールスが二日目に終わったならば、10%が配布され、という方式でした。

この方式の目的は、もし購入者が T 回目で購入すれば、購入者は最大1/Tの価格で購入することが保障されます。目的は、最適な戦略をシンプルにするメカニズムを作ることです。まず、購入希望者は、個人的に購入したいと思える最高額を決断します(これをVとします)。そして、セールスがスタートしたとき、購入希望者はすぐには買わず、自分が買いたいと思う価格ラインにまでトークン価格が落ちてくるのを待ってから、買いを入れます。

“他のICOモデル

この場合は、2つの結果が起こりえます。
1. 価格がVまで下がる前にセールスが終了する。 したがって、購入希望者は、自分が買いたいと思える最高額よりも高い額のトークンを買うことが避けられます。
2. 価格がV以下に下がってからセールスが終了する。 この場合は、購入者は自分にとって適正と思える価格でトークンを購入する機会が得られます。

他のICOモデル

コレクト &リターン方式

出資の総額は決められていますが、スマートコントラクトは決められた出資総額を超える投資を受入れています。予め決められた投資期間が終了したとき、出資額は適切な額に調整され、出資額に生じた相違は投資家へと返還されます。 「Collect and Return」即ち、集金してから返金することから、このように呼ばれます。

ダイナミック シーリング

ダイナミック シーリングは、前述した特定のブロックインターバルを持つ一連のハイドキャップとハードキャップのミックスのシステムです。この方法は特定のブロックの間隔ごとに非公開のハードキャップ(ハイドキャップのハードキャップ)が設定され、それぞれのブロックに投資できる最大上限額が設けられています。 つまり大口投資家は、彼等の投資を分割することになり、従ってより多い送金コストが発生します。もし送金が上限を超えた場合、投資額は直ちに返還されます。

“現在最も人気の高い、あるいは未来の主流になるICOについても話しましょう!

現在、ICOは人気が高まっています。 各国の関連当局は、仮想通貨を取り巻く環境の変化に合わせてICOの規制を強化しています。 伝統的な投資家とコメンテーターは、この新しい市場の方向性と持続性について、疑問を持ち続けています。どんなモデルのICOが、この千変万化する仮想通貨の環境の中で困難に耐えることが出来るのか、また実際に発展していくことが出来るのか? このレッスンでは、最も一般的なICOビジネスモデルの構造を検証し、また何故多くのプロジェクトチームから高く評価されているのかを学びます。

過去、我々はトークンセールスのモデルにおいて、イノベーションの増加を見てきました。そして、わずか2年前に、ほぼ全てのICOがキャップドモデルに従うようになりました。 それらのICOは、トークン価格を設定し、投資家から資金を調達し、そして取引所へ上場して流動性を確保し、投資した投資家へ還元しました。 アンキャップドモデルは、市場に大量のプロジェクトが現れた結果として目立つようになり、同時に仮想通貨とICOを取り巻く誇張され過熱された雰囲気が生みだされました。

これらは、現在のプロジェクトが利用する最も人気があるモデルとして未だに残っています。しかし、また同様に、理論の研究、及び現実世界の異なる様々な資金調達モデルの手法として、急速に関心を引きつけています。

ハイブリッドなキャップドセールス、逆競り方式、ヴィックリー・オークション(2位価格封印入札)方式、投資比率割当方式その他の数多くの仕組みが実用的なICOの仕組みの候補として、現在も検討されています。ここで、最も人気があり、広く利用されてよく知られているキャップドセールスとアンキャップドセールスの現実世界の実例に焦点を当てましょう。

“トークンエコノミクスとトークンマトリックスの概要

仮想通貨とブロックチェーンの分野では、ブロックチェーンとそのトークンとの関係は、多くの人々による長期間の研究の結果として、今では良く理解されるようになりました。

しかし、トークンが未だに一般的ではないことも事実であり、最初は理解するのが少々難しいでしょう。多くの人は、最初はトークンをまるで資産のように評価しようと試みます(一般的なAppleやIBMの株式のように)。 しかし、トークンは、そういった一般的な株式などがもつ価値の基準や構造とは一致しません。

あなたがトークンについて考えれば考えるほど、この価値に関する疑問はどれほど難しくて重要であるかということを、より理解するでしょう。どうすれば特定のトークンに正当な価値を与えることが出来るのでしょうか? 私達が最初に想像していたよりももっと深く考える必要があるのかもしれません。 必要な情報はどうやって得られるのでしょう? トークンエコノミクス、あるいはトークンマトリックスはICOの最も重要な部分を構成しています。

“概要:トークンエコノミクスとトークンマトリックス
特筆すべき特徴

完璧なトークンマトリックスの構造というものは存在しません。多くの異なる要素が含まれています。プロジェクトごとに、ケース バイ ケースでそれぞれのシチュエーションが評価されなければなりません。 チームメンバーの全員がトークンマトリックスの基礎を理解することが求められます。また、それぞれのメンバーは、どのように共同して働くことが期待されているかを理解することも求められます。全員がプロジェクトの中で快適でなければならず、全員が最大限の貢献を求められます。

キャップドセールスと時間

この手法では、設定された数量のトークンだけを投資家は購入することができます。 プロジェクトは、一般的に、どの程度の資金をチームが必要としているか、またチームのエコシステムを成功させるためにどの程度のトークン数を必要としているかによって決定されます。それを踏まえて、チームは価格とトークン数を決定します。 初期に参加する投資家は、彼等が望むトークンを得て、対価を支払います。しかしながら、一定数のトークンが販売されたならば、そのときがプロセスの終了となります。

アンキャップドセールスと時間

この手法では、購入可能なトークン数に上限が設けられません。プロジェクトは、特定の期間に、異なる価格と、異なる量のトークンを様々な方法で売り出します。このモデルは、ICOの前に、事前に同意を得られたとても低い価格でトークンを販売するときに用いられる典型的な手法です。

“概要:トークノミクスとトークンマトリックス
特筆すべき特徴

オークション

オークションの構造については、先に述べたように、定められた数のコインが発行され、投資家はトークンを購入するために買い注文を出します。オークションは、ダッチ方式か、リバースダッチ方式を用いて行われます。この方式では、調達資金総額のための最終的なトークン発行総量が定められていないため、トークン価格にとって良い影響であれ、悪い影響であれ、マーケットによる何らかの影響がトークンに及びます。もちろん、ポジティブな評価はトークン価値を支援します。しかし、もし、プロジェクトについて十分な評価が得られていない場合、トークン売り出しは失敗するか、単純に価値を減少させるだけになるでしょう。

出資比率連動型

プロジェクトのバランスを考えるとき、プロジェクトがマーケットへ将来もたらす資産を割り当てる前に、企業は販売したいトークンの数と、調達したい額を決定しなければなりません。それぞれの投資家は、1トークンの価格と総発行数によって決定されたトークンを出資の割合に応じて受け取ります。 最終的に全投資家が出資した額が1億円だった場合、100万円投資した投資家は発行トークンの1%を、1,000万円投資した投資家は10%を受取れます。

ボーナス / 割引 / 上限

企業は、投資家を引きつけるために、初期に参入する投資家に対して適宜ボーナスを付与したり、割引したりします。

それぞれの投資家の保有するトークン数を調整するために、トークン数と金額のどちらか、あるいは両方に上限が設定されます。これは、トークン保有者の多様性を維持するために行われ、また上場後に誰かがマーケットを占有することを避けるためでもあります。

“概要 トークのミクスとトークンマトリックス
投資家へ与える影響

この学習を通じて、あなたはトークノミクスについて、より深い見識を得られるでしょう。 これまでに紹介したそれぞれのモデルのメリットとデメリットについて、またトークノミクスに与える影響について、よりよく理解できるでしょう。 トークンが仮想通貨取引所に上場されたとき、トークンの価格は、最初に設定された構想に起因する要素によって上下します。

ここからは、より先進的なモデルについても学んでいきましょう。

このレッスンで提示される異なる主要な戦略を良く理解することは、ICOに関係する全てのチームメンバーにとって重要です。個々のメンバーは、プロジェクトのためにどの構想が最も適切かの議論に参加しなければなりません。そして、もちろん、財務と開発チームは、トークンが取引所に上場されたときにどのように受け取られるかを注視しなければなりません。

ICOに参加する投資家が、購入したトークンに対して流通市場での価格形成を長期的にサポートする事について、確実に満足できるようにしなければなりません。 上場後に価格が下がるだけのトークンを買おうとする投資家はいません。

“将来のICO企業のモデル
将来は普及していると予想されるいくつかのアイデアがあります。

リバースダッチオークションのトランシェ
Gnosisが用いたタイプのリバースダッチオークションでは、ICOプロセスの全体で、トークンはトランシェとして異なる価格、より高い価格、あるいは同じ価格で提供されます。
プレセールでもICOの発効段階でも、これは禁止されていないことを忘れないでください。ダッチオークションはICOプロセスの全行程を通して継続されます。

価格の底と天井
価格Xドルで、最低価格0.9Xドルの保障を付けたスマートコントラクトに90%の収益を投入し、莫大な数のトークンを売り出すことで、5年間で価格の上限が無限に上昇し、価格の下限はゼロにまで下がります。

伝統的なシードラウンド

資金調達は、伝統的なスタートアップ(起業)の手順です。いますぐに必要な資金だけを調達し、事業開始のために直ちに使われます。この場合の最も重要な問題は、多くの投資家が発行されるトークンに上限を設けられることを好む事です。

マーケットメイキングを始めた会社

これは、マーケットを作り上げるために、伝統的なオークションを用いて、トークンが市場にゆっくりと広がっていく段階です。 投資家へ確実性が高いと思わせることができるというだけでなく、市場に流動性を提供できることからも、これは正しい手段です。唯一の否定的な側面は、もしその企業が市場拡大の努力を止めて、市場にトークを売り出した場合であり、これは投資家にとっては企業が自身のプロジェクトに対する誠実さを無くしたサインと受け取られる可能性があり、また以前のような有利な価格でトークンを売り出すことが出来なくなるかもしれません。

“将来のICO企業のモデル
実例

ここでは、確実に遂行され継続された手法によって資金を調達した、いくつかの有名なICO企業の例を、将来のための有用な事例として見てみましょう。

DataWallet(データウォレット)

データウォレットは、ほとんどをプライベートICOで実施しましたが、少数は一般公募しました。最初は、価格を設定したトークンを、一般参加者を排除して、プライベートで投資家に販売しました。次に、投資家が必要とした流動性を与えるために、少量のトークンを公開販売し、同様にプライベートと公開市場の両方に価格設定の機会を与えました。

GoNetworkは、伝統的な逆競り(ダッチオークション)を実施しました。これは、過去数百年にわたって用いられた信頼のある手法です。逆競りは、欠点と不安を持っているにもかかわらず、全ての投資家が理解できて安心感を持てる手法だとも言えます。

Akropolis

Akropolisは、最もよく知られたICOのひとつです。 全てをプライベートセールスで調達した最も顕著な例です。既存投資家には、透明性と流動性の欠如について多少心配を持たれたかもしれません。しかしチームは、公開された取引所で全ての投資家に対して説明するのではなく、選ばれた者だけのプライベートなグループ内だけで、彼等のアイデアと事業の進捗について秘密裏に回答しました。
成功するビジネスプランを実行できるチームメンバーとアドバイザーはどのように採用するのですか?
以下のリンクで、2019年のSTO・ICO実施方法についてさらに勉強できます!

UBAI.co

Instagram、Facebook、LinkedIn、VkontakteでPlatinumとUBAIの活動に関する最新ニュースをお届けしますので、ぜひフォロー・連絡してください!
LinkedIn
Instagram
Facebook
Vkontakte