EOS 学習メモ:通知と inline action 編steemCreated with Sketch.

in #eoslast year (edited)

dg1uxga7sv.jpg

EOS 学習メモ:セカンダリインデックス編 の続き。

今回は以下をやってみる。

  • action の実行を別の account に通知する
  • ある action の中で別の action を実行する

まず、前者については require_recipient() を利用する。引数に account を渡すことで、その account に対して実行中の action が通知される。今回は通知専用の notify action handler を実装し、この中で require_recipient() を実行する。が、これを public にして置いておくと誰でも実行できるようになってしまうため、嘘の通知が飛ばせてしまう。そこで、require_recipient() を実行する前に require_auth(get_self()) を実行し、addressbook contract がデプロイされている account からの内部的な呼び出し以外は弾くようにする。

後者については、action()send() することで実現する。action() の引数には、使用する権限、実行対象の action を特定するための情報、action に渡す引数などを指定する。今回は notify action を inline action として実行する処理を共通化するために send_summary() という private method として実装する。

ということで、修正した addressbook contract をいつも通りコンテナ上に持っていく。

 $ docker cp contracts/addressbook-with-inline-action/addressbook.cpp eos:/tmp/contracts/addressbook/addressbook.cpp



コンテナに接続。

 $ docker exec -it eos bash



以降、コンテナ上で作業を進める。

修正した addressbook.cpp をコンパイルする。

 $ cd /tmp/contracts/addressbook
 $ eosio-cpp -o addressbook.wasm addressbook.cpp --abigen 



addressbook account に対してデプロイする。

 $ cleos set contract addressbook . -p [email protected]
 Reading WASM from /tmp/contracts/addressbook/addressbook.wasm...
 Publishing contract...
 executed transaction: 6aca8997b7fad18110c1a722cc78fe482c131e28095d7f4ab965c10750155de9  7808 bytes  4123 us
 #         eosio <= eosio::setcode               {"account":"addressbook","vmtype":0,"vmversion":0,"code":"0061736d0100000001b6011c60037f7e7f0060027f...
 #         eosio <= eosio::setabi                {"account":"addressbook","abi":"0e656f73696f3a3a6162692f312e31000405657261736500010475736572046e616d...



upsert action を実行して、9 歳だった alice を 21 歳にする。このとき、upsert action handler の中で send_summary() が実行され、send_summary()notify action を inline action として実行する。notify action handler の中で require_recipient() が実行され、notify action の実行が alice に通知される。

 $ cleos push action addressbook upsert '["alice", "alice", "liddell", 21, "123 drink me way", "wonderland", "amsterdam"]' -p [email protected]
 executed transaction: f26cf2283af460ba97c3527ded14ad8e7f1d074f67de412f57e3a7531877edc2  160 bytes  17300 us
 #   addressbook <= addressbook::upsert          {"user":"alice","first_name":"alice","last_name":"liddell","age":21,"street":"123 drink me way","cit...
 #   addressbook <= addressbook::notify          {"user":"alice","msg":"alice successfully modified record to addressbook"}
 #         alice <= addressbook::notify          {"user":"alice","msg":"alice successfully modified record to addressbook"}



最終行のログを見ると、alice に対して通知がいっているような様子が見てとれる。

実際に alice に関連する action のログを取得してみる。

 $ cleos get actions alice
 #  seq  when                              contract::action => receiver      trx id...   args
 ================================================================================================================
 ...
 #   19   2019-02-04T13:50:59.000       addressbook::notify => alice         f26cf228... {"user":"alice","msg":"alice successfully modified record to...



無事、inline action を介した通知が alice に届いた模様。

今回はここまで。

Sort:  

✅ Enjoy the vote! For more amazing content, please follow @themadcurator for a chance to receive more free votes!