EOS 学習メモ:ABI 編steemCreated with Sketch.

in eos •  5 months ago  (edited)

dg1uxga7sv.jpg

EOS 学習メモ:トークンお試し編 の続き。

前回 token contract をデプロイする際は、eosio.cdt が提供してくれている eosio-cpp が生成してくれた ABI を利用したが、高度な contract を書いたりカスタム型を利用したりすると ABI の生成がうまくいかないことがあるらしい。そんなときのために ABI の仕組みについて理解して、必要に応じてデバッグしたり手直ししたりできないとダメだよとのこと。太字で imperative と書いてあるので、人間がやることではないような気もするが必須なんだろう。。。

ということで、eosio.token の ABI の内容を確認してみる。

 {
     "____comment": "This file was generated with eosio-abigen. DO NOT EDIT Wed Jan 30 13:26:49 2019",
     "version": "eosio::abi/1.1",
     "structs": [
         {
             "name": "account",
             "base": "",
             "fields": [
                 {
                     "name": "balance",
                     "type": "asset"
                 }
             ]
         },
         {
             "name": "close",
             "base": "",
             "fields": [
                 {
                     "name": "owner",
                     "type": "name"
                 },
                 {
                     "name": "symbol",
                     "type": "symbol"
                 }
             ]
         },
         {
             "name": "create",
             "base": "",
             "fields": [
                 {
                     "name": "issuer",
                     "type": "name"
                 },
                 {
                     "name": "maximum_supply",
                     "type": "asset"
                 }
             ]
         },
         {
             "name": "currency_stats",
             "base": "",
             "fields": [
                 {
                     "name": "supply",
                     "type": "asset"
                 },
                 {
                     "name": "max_supply",
                     "type": "asset"
                 },
                 {
                     "name": "issuer",
                     "type": "name"
                 }
             ]
         },
         {
             "name": "issue",
             "base": "",
             "fields": [
                 {
                     "name": "to",
                     "type": "name"
                 },
                 {
                     "name": "quantity",
                     "type": "asset"
                 },
                 {
                     "name": "memo",
                     "type": "string"
                 }
             ]
         },
         {
             "name": "open",
             "base": "",
             "fields": [
                 {
                     "name": "owner",
                     "type": "name"
                 },
                 {
                     "name": "symbol",
                     "type": "symbol"
                 },
                 {
                     "name": "ram_payer",
                     "type": "name"
                 }
             ]
         },
         {
             "name": "retire",
             "base": "",
             "fields": [
                 {
                     "name": "quantity",
                     "type": "asset"
                 },
                 {
                     "name": "memo",
                     "type": "string"
                 }
             ]
         },
         {
             "name": "transfer",
             "base": "",
             "fields": [
                 {
                     "name": "from",
                     "type": "name"
                 },
                 {
                     "name": "to",
                     "type": "name"
                 },
                 {
                     "name": "quantity",
                     "type": "asset"
                 },
                 {
                     "name": "memo",
                     "type": "string"
                 }
             ]
         }
     ],
     "types": [],
     "actions": [
         {
             "name": "close",
             "type": "close",
             "ricardian_contract": ""
         },
         {
             "name": "create",
             "type": "create",
             "ricardian_contract": ""
         },
         {
             "name": "issue",
             "type": "issue",
             "ricardian_contract": ""
         },
         {
             "name": "open",
             "type": "open",
             "ricardian_contract": ""
         },
         {
             "name": "retire",
             "type": "retire",
             "ricardian_contract": ""
         },
         {
             "name": "transfer",
             "type": "transfer",
             "ricardian_contract": ""
         }
     ],
     "tables": [
         {
             "name": "accounts",
             "type": "account",
             "index_type": "i64",
             "key_names": [],
             "key_types": []
         },
         {
             "name": "stat",
             "type": "currency_stats",
             "index_type": "i64",
             "key_names": [],
             "key_types": []
         }
     ],
     "ricardian_clauses": [],
     "variants": [],
     "abi_extensions": []
 }



types にはカスタム型を定義するらしいが、今回は ビルトイン型 しか使っていないので何も定義されていない。

structs には、contract が利用するデータ構造を定義する。struct には implicit struct と explicit struct があり、前者は contract 内で明示的に定義されていないデータ構造(各アクションの引数)であり、後者は contract 内で明示的に定義されているデータ構造(accountcurrency_stats)である。

actions には、外部から実行可能な action を定義する。各 action の type には、structs で定義した引数 struct の name を記述し、action との対応関係を明示する。ということで、今回含めほとんどの場合は、各 action の nametype が同じ文字列になるはずだが、これらは必ずしも同じである必要はない。

tables には、データを保持するための table を定義する。今回は account を保持するための accounts table と、currency_stats を保持するための stat table が定義されている。もちろん、accountcurrency_statsstructs で定義されているデータ構造を指す。また、table に対して pk の型を指定する必要があり、今回は両 table ともに uint64 となっている。



ABI に記述できることは他にもあるが、ここではスキップする。詳しくは こちら を参照。

また、contract を更新したときは ABI の更新を忘れないように気をつけようねとのこと。例えば、誤った table 定義がなされた ABI で contract に table を加えてしまったりすると、table からデータが取得できなくなったりするらしい。



今回はここまで。

Authors get paid when people like you upvote their post.
If you enjoyed what you read here, create your account today and start earning FREE STEEM!