KOUHEI HAYASHI Works.2019/03/06/WED/10:40

in art •  15 days ago

久しぶりのライブハウス。

夜だったが、何故か娘が付いてくるというので、二人で出かけた。

一人なら、歩くか、自転車にするのだけれど、娘と一緒なのでTAXIで向かう。

やはりまだ小さいからなのか、守ろうとするからなのか、ついついタクシーに乗せてしまう。

本当を言えば、自転車のカゴで十分なのであろうと思う。

自分たちが贅沢なので、娘にも贅沢を覚えさせてしまっているようである。

昨日はそうして、出たり入ったり僕にしては多忙な日でだった。

家にいることが仕事の大半であるので、出かける用事は後回しになって、こういうバタバタした日がどうしてもできてしまう。

これは困ったことだと思っている。

何にもならない時間を多く過ごす。

この時間があれば、あれができる、これができるという事が、よくある。

そんなことは思ってみても仕方ない事だ。

現に、こういう日記にかけている時間もなんなのかわからない。

そういえば、阿宅さんはいい顔になっていた。

彼はミュージシャンである。

元々は二人でやっていたのである。

相方、彼はそう呼ぶのだが、その相方に子供ができた。

女性なので、産休である。

彼と彼女のために言っておくが、彼の子供では無いとのことだ。

彼女が産休の間、彼は一人で全国を回って歌っている。

昨日で一人のライブが20本目位だと言っていた。

僕の描いた猫をTシャツにしてくれて、ファイティングキャットと名付けた。

今、一人で歌う彼の相棒は猫である。

ずいぶん久しぶりに、聞いた歌。

「イースタンハリーを知ってるかいとっても可愛い女の子」

この歌を歌う彼は大柄で髭面だった。

何年か前に、チャー絆を見に行ったライブで知ったのである。

それから、youtubeなどでも見て、気に入った曲をダウンロードした。

ダウンロードしたのは、「イースタンハリー」ではない、「自滅」というタイトルの曲である。

会場の客席は全てテーブル席になっていた。

一番前の席が空いていたので、飲み物をテーブルに置いて、ミュージシャンを間近に見ながら、歌を聴きながら、スケッチブックを開きながら、ペンを持ちながら、何かとしながら1時間半ほど過ごした。

最後は夜の10時を過ぎたせいもあって、娘は眠そうにもたれてきた。

それまでは、僕のスケッチブックから、紙を取り、僕のペンを一本奪って、何かしら描いていた。

歌っている彼らを描いているのかと思ったら、いつも娘の絵に出てくる女の子を描いていたようである。

それから、ファイティングキャットを2枚もらって、2枚買って、缶バッジを4種類もらって、タクシーに乗って、家に帰った。

20190305.jpg

20190305-4.jpg

IMG_2383.JPG

京都 二条 アトリエカフェ 芸術倶楽部 亀甲堂+鶴丸帽子店
https://kiccoudo.jimdo.com/

芸術倶楽部 亀甲堂 BASE支店/缶バッジ専門店
https://kiccoudo.thebase.in/

芸術倶楽部 亀甲堂+鶴丸帽子店 ETSY支店
https://www.etsy.com/jp/your/shops/me/dashboard?ref=mcpa

鶴丸帽子店 BOOTH支店
https://kouheigahaku.booth.pm/

芸術倶楽部亀甲堂/Yahoo支店 
https://auctions.yahoo.co.jp/seller/an30tama

チャー絆HP
https://www.charhang.com/

大督BLOG
https://ameblo.jp/daitokkuri/

Authors get paid when people like you upvote their post.
If you enjoyed what you read here, create your account today and start earning FREE STEEM!